ペニーレインは今日もアンニュイ
無限ループの小説を読む

スビトリーナ価値ある一勝、ブリスベン国際2017(女子テニス220)

 

いまだに一押しのダリア・カサキナの試合を見つけられないまま(もしかしたら、初戦で負けたのかもしれません)エリーナ・スビトリーナの2回戦を観ました。

 

 

テニスでは、サーバーがしてはいけないミスが2つあります。

 

 

この試合の最初のプレー。

 

 

スビトリーナは簡単なリターンをバックハンドのスライスでネットに引っ掛けました。

 

 

あまりにイージーボールだったので、一瞬ドロップショットを打とうかと迷った結果だと思います。

 

 

しかし、これはサーバーがしてはいけない「3球目のミス」です。

 

 

3球目のミスは、相手にリターンエースを喰らうようなものですから。

 

 

となると、次のポイントが非常に大切なのですが、今度はここでダブルフォルト

 

 

ダブルフォルトもサーバーがしてはいけないミスであることは言うまでもありません。

 

 

1stゲームでこんな入り方をしたからか、この日のスビトリーナは絶不調。

 

 

というか、絶単調。

 

 

何をしたらいいのかがわからずに、ラリーにもまったくストーリーがありませんでした。

 

 

昨年の東レPPOから観てきた好調なテニスとはほど遠かったのですが、この苦しんで掴んだ勝利は大きいですね。

 

 

というのも、1stセットで0-3となったときと、2ndセットで大きく離されたときに、スビトリーナはコーチ席を観たのですが、ついにコーチはコーチングをしませんでした。

 

 

これは、オンコート・コーチングができない全豪オープンを睨んだ、「この程度の相手、自分の頭で作戦を考えろ」という陣営の叱咤激励であることは明白で、ボクはスビトリーナの本来のテニスが戻れば、全豪オープンでは優勝候補の一人に挙げたいと思います。

 

FSdpPAkn

 

 

蛇足ですが、実況を聴いていて嬉しかったのは、ボクは昨年このブログで、「スビトリーナは1年の間に2人のNo.1プレイヤーを破った。これは快挙だ」と訴えてきたのですが、アメリカのテレビ局でも同じことを考えたのか、実況が言うには「2010年以来の快挙」だそうです。

 

 

これは、全豪オープンが楽しみになってきましたね(*^^*)

 

 

PS

コメントをいただいていますが、観戦が追いつかず、観たい試合の結果を知りたくないので、コメントは現在、拝見していません。すみません。

 

 

 

テニス好きの方はポチッとお願いします→ にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへ 

 

 

→ 最初へ     → 次へ

コメント (10件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

  1. あと高雄は台湾オープンのことです。
    昨年優勝したビーナスは今年はサンクトペテルブルクにエントリーしてますね。

  2. 自分は前にも言ったことがありますがbet365と1xbetの賭けサイトを使っています。

    一応テニスのストリーミングのサイトは
    数もそれなりにありますが広告がすごかったり混み具合もここが安定していて空いているとか一概にいえないところがあるので難しいですね。

    あとベンチッチはホップマンカップですね。フェデラーとのミックスは満面の笑みで一番目立ってましたね。それこそ個人的な印象ですけど、1月全WTAプレイヤーの中で一番調子がいいのではといえると思います。

    しかし全豪まで1週間ありますからね。
    やはり本命なしのトップ10横一線のGSになりそうかなと思います。

  3. すいません、スビトリナは昨年サンクトペテルブルク出場していませんでした。

  4. あと気が早い情報として大村さんも忘れもしないスビトリナ脅迫事件のおかげでスビトリナはサンクトペテルブルクをやめ高雄に出場しますね。高雄のエントリーリストをみたらキャサリン・べリスがいたので、大村さんとしても無視できないと思います。

    • 高雄って日本でしょうか?
      それとも、昨年土居美咲が準優勝した台湾のインターナショナルでしょうか?
      インターナショナルは観ないボクですが、さすがにこの決勝戦は観ました。

      それよりも、DAZNでまともにテニスが観られないのですが、この際ヨーロッパでもいいので、
      (スペイン語とかだと実況がわかりませんが)
      どこかいいサイトをご存じありませんか?

      スビトリーナ対ケルバーは、4-3とスビトリーナがリードしたところで再生ができなくなりました。
      日本人の実況に、解説までつけるお金があったら、サーバーを増強して欲しいですね。
      仕方がないので、明日、ASBのオスタペンコでも観ます。

  5. すいません、キャサリン・べリスがホバート予選って言いましたけどシドニー予選の間違いでしたし、予選をとりやめて全豪ぶっつけになりましたね。

  6. カサキナの今年はトップ20フィニッシュで十分だと思っていますけどね。

    それよりもベンチッチの状態がいいですね。やはりヒンギス母は偉大ですよ。(時間ができたときにはヒンギス母にみてもらっているみたいですね)間違ってもベンチッチの父親ではないでしょうね。

    • ベンチッチってどの大会に出ているんでしょうか?
      少なくとも、ブリスベン、Shenzen、ASBには出ていないようですが。
      今日から、突然、DAZNで色々な大会が始まりましたが、サーバートラブルで観られません。

  7. 大村さん、もう全豪の展望とは早いですね。

    自分もオークランド、深センもチェックした上でいうのですが、全豪は本命なしと思っております。自分が優勝者オッズをつけるのならばセレナ、ケルバーであっても3~5倍ですね。

    そしてスビトリナですが、大村さん同様本来の調子という前提であればベスト8の期待値はかなり高いですし、ベスト4もありえる話です。

    大村さんのこの記事の言わんとしていることはスビトリナはトップ、ボトムどっちの山に入ろうとが関係ないということだと思いますし、自分もそれに同意します。

    ただしかし昨年スビトリナの試合で議論していてGSで勝機が見えない相手が2人いるのも事実です。

    それはラドワンスカと大坂なおみです。

    こればっかりはドローで避けてもらわないといけないですね。

    • おっしゃるとおり、ニューヘイブンで負けたラドワンスカと、
      東レPPOで負けた大坂なおみは天敵ですが、
      この2人は、スビトリーナが倒さなくても
      誰に負けてもおかしくないレベルだと思います。

      ラドワンスカは結構取りこぼしますし、
      大坂なおみはサーブ頼みなので。

      ただ、テニスバカさんのおっしゃるとおり、
      この2人と当たってしまったら、スビトリーナとしては
      相手の不調頼みになりますね。

      あと、カサキナはまだまだGS優勝できるレベルでないことを痛感しました。
      ムグルサのテニスはTOP15くらいのものでしたので、
      そのムグルサに負けたというよりも、喰らえつかれたあたりに弱さを感じました。
      強い選手なら、6-3、6-3で勝っていると思います。

      今日は、観られたらスビトリーナ対ケルバーを観ます!


コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

大村あつしプロフィール

プロフィール画像

大村あつし

1996年8月にエーアイ出版より『Excel95で作るVBAアプリケーション〜 VBAで作る販売管理システム〜』でITライターとしてデビューしたが、2007年6月にゴマブックスより出版された『エブリ リトル シング〜人生を変える6つの物語〜』で小説家に転身。まだ、IT書籍の執筆は一部、続けているが、現在の活動は小説が中心となっている。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

無料で読めるweb小説

小説を読む
ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp
/official/omura/

大村あつし最近の記事

大村あつし

大村あつしアーカイブス

大村あつしカレンダー

2017年1月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031