ペニーレインは今日もアンニュイ
無限ループの小説を読む

スビトリーナ完敗、ブリスベン国際2017(女子テニス222)

 

コートの妖精、エリーナ・スビトリーナ

 

   VS

 

テニス界随一の美脚、カロリーナ・プリスコバ

 

 

プリスコバの横綱相撲でした。

 

 

何と言っても、1試合通して1stサーブを入れたら1ポイントしか落とさない、1st serve points wonがほぼ100%って、こんなテニスをされたらスビトリーナはどうしようもないですね。

 

 

ただ、これだけの完敗ですから、この負けを引きずらずに全豪オープンに入れると思います。

(もちろん、来週はスキップするという前提ですが)

 

 

日本ではあまり意識しないのですが、アメリカではサーバーが3本目にウィーナーを決める「1-2-punch」を意識した実況が多いのですが、プリスコバは2015、2016のサービスエース本数No.1ではありますが、恐らく「1-2-punch」の本数もNo.1ではないでしょうか。

 

 

プリスコバのサーブをやっとリターンしたと思ったら、オープンコートに刺さるようにプリスコバのウィナーが来ますので、スビトリーナは手も足も出なかった試合でした。

 

 

同じチェコのスーパースターのペトラ・クビトバもゾーンに入ったら手が付けられませんが、プリスコバのコーチは元クビトバのコーチですし、爆発力というDNAはきっちりと受け継がれているようです。

 

 

「爆発力」とは、言い換えれば、大事な場面でギアを上げる能力ですが、この点でもプリスコバが勝っていましたね。

 

 

蛇足ですが、コメント欄にも書きましたが、この試合の解説の吉田友佳さんは素晴らしかったです!

 

 

片方の選手に肩入れせずに、技術論、精神論、試合の流れなど解説のバランスとわかりやすさは抜群でした。

 

 

プレイヤーの名前にいちいち「〇〇選手」と入れて、バスルームブレイクのことを「お休み」と言う解説者は、吉田さんの解説に学んで欲しいと真剣に思います。

 

 

決勝は、当然ですがカロリーナ・プリスコバを応援します!

 

6001500-3x2-940x627

 

 

ボクは、もし今年アンジェリック・ケルバーが1位から陥落するとしたら、1位の座につくのはカロリーナ・プリスコバだと思っています。

 

 

もっとも、これはあくまでも、現在の保有ポイントを勘案した話で、2年後、3年後には、大坂なおみを筆頭に97年組の中の誰かが1位になると予想しています。

 

 

テニス好きの方はポチッとお願いします→ にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへ 

 

 

→ 最初へ     → 次へ

コメント (8件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

  1. スビトリナ、シドニーやめましたね。陣営が賢明な判断が出来るのは大きいのはベンチッチを例にとらずともってところでしょうか。そしてプイグはウォズニアッキとの試合になりましたね。

    • 本当ですか!
      なんと賢明な判断でしょう!
      嬉しいです(*^^*)
      しかも、プイグ対ウォズニアッキは観たいですね~。

      コニュ見たさにオークランド決勝の1stセットだけ観ましたが、おっしゃるとおりとローレンデービス、いいですね(*^^*)
      順位を上げてきたら、チェックしなきゃいけない選手ですが、
      コニュもデービスも、オスタペンコやガブリロワみたいに全力でフラットボール打ち合って、
      ウィナーかミスかという、まだまだ雑なテニスをしていますね。
      ただ、コニュのほうが、サービスも上ですし、ドロップショットのような小技も打てるので、
      覚醒すれば順位を上げてきそうですね。

      ボクとしては、とにもかくにもルイーザ・チリコに覚醒して欲しいです。
      もっとも、覚醒したらもうチリコと話すチャンスはないわけですが、
      今度は有明コロシアムでチリコを観たいですね。

  2. そういえば、大村さんオークランド決勝のコニュとローレンデービスを見ていたらなんですけど、ローレンデービスってアメリカ人でなかなか整ったルックスしてますよね。

    • DAZNで観られるのですが、ちょっと時間が取れなくて残念です・・・。
      シドニーでベンチッチを観たいので、今は仕事をします(T_T)

  3. 大村さん、もうシドニーが始まりますね。
    スビトリナはまたもプイグです。

    この時点で欠場していないということはやはり試合するんでしょうね。

    • スビトリーナがまたプイグに勝ったら、2回戦はベンチッチです。
      グランドスラムの決勝より楽しみなカードですね。
      放送があればですが、シドニーの注目はベンチッチなので。

      カサキナはドロー運の悪さは相変わらずで、2回戦でケルバーですね。
      ウォズニアッキの仕上がりも楽しみですね。

      プリスコバは優勝して、1週間お休みと、最高のスタートを切りましたね。

  4. この試合プリスコバのサーブもさることながらストロークもとんでもなかったですね。

    とにかくラリーでベンチッチばりにフォア、バックのストレートで先に展開していくわけですから。

    あとプリスコバの場合、力感なく打ってるように見えてあの威力なのは素人ながらですが、あれは怪我のリスクも軽減できる理想のフォームなのではと思っています。肩肘にむだな力がないですよね。

    • おっしゃるとおりですね。
      ボクはブログを始めた数回目に、
      「力まずに、ラケットを鞭のようにしならせてパワーヒットできる、プリスコバという選手がいる」
      と紹介しています。

      これまでは、ラリーに今一つ安定感がありませんでしたが、年々上達していますね。

      人気選手ではありませんが、僕が大好きなプレイヤーの一人です。

      決勝戦の見逃し配信を観たいのですが、いまだにアップされていません。
      最悪、明日観ることになりそうです。


コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

大村あつしプロフィール

プロフィール画像

大村あつし

1996年8月にエーアイ出版より『Excel95で作るVBAアプリケーション〜 VBAで作る販売管理システム〜』でITライターとしてデビューしたが、2007年6月にゴマブックスより出版された『エブリ リトル シング〜人生を変える6つの物語〜』で小説家に転身。まだ、IT書籍の執筆は一部、続けているが、現在の活動は小説が中心となっている。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

無料で読めるweb小説

小説を読む
ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp
/official/omura/

大村あつし最近の記事

大村あつし

大村あつしアーカイブス

大村あつしカレンダー

2017年1月
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031