ペニーレインは今日もアンニュイ
無限ループの小説を読む

ウォズニアッキvsデイビス ドーハオープン2017(女子テニス247)

  

キャロライン・ウォズニアッキvsローレン・デイビス

 

 

デイビスは、試合は観ていませんが1月のオークランドで優勝しています。

(僕のアイドル、アナ・コニュが負けたことを先に知っていたので観ませんでした)

 

 

ただ、このオークランドでは、キキ・バーテンス、バーボラ・ストリコバ、エレナ・オスタペンコ、そしてアナ・コニュと、はまれば厄介だけど自滅もしてくれるハードヒッターを倒しての優勝ですので、女子テニス界屈指の守備力を誇るウォズニアッキが2-0で勝つと予想して観たのですが、ちょっとあり得ないハプニングがありました。

 

 

予想通りウォズニアッキの出足はよかったのですが、ウォズニアッキのサービスゲームの時に、隣のコートで誰かが練習を始めました。

 

 

観ていて、練習のボールのほうが音が大きく、しかもボレーの練習なのでひっきりなしにボールの音がして、そうしたら40-0とリードしていたウォズニアッキが5ポイント連続で取られてブレークされました。

 

 

ウォズニアッキは、ベンチに帰ってすぐに隣のコートの練習をやめさせるように主審にお願いしたのですが、スーパーバイザーの判断で却下。

 

 

結果、なんとウォズニアッキはゲームをひっくり返されて追う展開に。

 

 

それでも7-5でなんとか取り切りましたが、練習していた人たちは、ほかのコートが空いてなかったんでしょうか。

 

 

ただ、2ndセット途中で練習も終わり、そうしたらウォズニアッキ本来のテニスが戻ってきましたが、それにしてもデイビスは拾いますね。

 

 

アングルショット打たれて画面からはみ出てるのにリターンするほどのフットワークは、この試合に限って言えばエリーナ・スビトリーナやシモナ・ハレプに匹敵します。

 

 

全プレーの半分くらいが10本くらいのラリーですので、ショートポイントで決めたいハードヒッターにとっては今後も天敵になりそうです。

 

 

それよりも、コーチとのやり取りがあまりに可愛らしくて・・・

 

 

おじさん、ファンになってしまいました(*^^*)

 

 

まず、コーチが面白いのですが、1度目のオンコートコーチングの最初の一言が、”How are you feeling?”(気分はどうだい?)

 

 

2度目にいたっては、“Good evening”( ;∀;)

 

 

コーチがこんな調子ですから、デイビスもテニスの話よりも、「風が強い」とか、やはり隣のコートの練習が気になっていたのか、「うるさい」とか、まるで恋人同士の会話です。

 

 

2度目の、デイビスにミスが出始めたときのコーチのアドバイスは次の3つ。

 

 

Don’t focus on the result(終わったことは気にするな)

Be more aggressive(もっと積極的に)
Take some breath(深呼吸しなよ)

 

 

まったくアドバイスになっていないのですが、それが逆に微笑ましくて、デイビスとこのコーチは今後も観たいなという気持ちになりました。

 

 

デイビスは、小柄ですので、シモナ・ハレプのような今のテニスでいいと思いますが、今後の課題はメンタルですね。

 

 

ここを鍛えれば、もう1ランク上にいけると思います。

 

 

なによりも、可愛いですし(*^^*)

   ↑

もう一度、おじさん、入れておきます

 

 

週末は予定があるので、ドーハはこれでおしまいですね。

 

 

ということで、もう一発おじさん入れて、テニス界のマリリン・モンローことウォズニアッキの写真でお別れです。

 

 

SWIM158_TK2_01393-rawWMFinal1920

 

 

ドバイでまたお会いしましょう!

 

 

テニス好きの方はポチッとお願いします→ にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへ 

 

 

→ 最初へ     → 次へ

コメント (8件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

  1. さっきのコメントいらなかったですね。
    重複してしまいましたし。

  2. 大村さん、コンタがドバイ棄権しました。
    フェド杯情報を敢えて言わなかったのですが、コンタがコニュに負けていたんですよね。

    あとついでなのでロシアは台湾にきっちり勝ちましたね。ミスキナのカサキナ外しでも結果を出しました。

    話はドバイに戻りますが、コンタ棄権の影響でストリコバが移動してバーテンズがきたおかげでスビトリーナと大坂なおみの確率が上がったといっていいでしょうね。

    • 1回戦の目玉は、CiCI対プティンセバですが、
      ドーハでなぜプティンセバが棄権したのかがわからないんですよね。
      疲労によるものなのか、どこかに違和感を覚えたのか。

      普通に考えれば、今後の伸びしろがあるかどうかはともかく、
      現在、安定したパワフルなテニスができるプティンセバが有利だと思いますが。

      しかし、同じ時間にカサキナvsウォズニアッキ、コニュvsシューアイがありますので、
      CiCiの試合が観られるかどうかは微妙です。
      コニュvsシューアイは、シューアイがコニュのバックハンドにボールを集められるかどうかが鍵ですね。

  3. 大村さん、コンタ棄権でドロー変更でベリスがバーテンズからプティンセバに変更しました…

    あとどこを見てもチリコがいないですね…

    • チリコ、いませんね。
      ハンガリーオープンにも出場しないなら、故障でしょうね。
      なにか、激しくモチベーションが下がりました。

      正直、カサキナがウォズニアッキに勝つイメージがないので、
      ドバイの注目はスビトリーナだけですね。
      3回戦まで大坂なおみが勝ち進んだら、昨年の東レPPOの二の舞が怖いですね。
      はっきり言って、チブルコバより怖いです。
      そのチブルコバも東レPPOでは大坂なおみにボコボコにやられていますし。

      ということで、僕の注目選手は、スビトリーナと、
      もしハンガリーにチリコが出場していればチリコですね。

      いずれにブログに書きますが、僕は現在の女子テニスTOP5は(セレナを除く)
      カロリーナ・プリスコバ
      エリーナ・スビトリーナ
      キャロライン・ウォズニアッキ
      ジョハナ・コンタ
      ドミニカ・チブルコバ
      と見ています。

      もっとも、プリスコバ以外の4人はいつでも入れ替わりますし、
      そもそも、シャラポワが復帰して、この5人に入ってくるかに注目しています。

  4. 大村さん、カサキナはウォズニアッキとですね。しかもウォズニアッキはドーハ決勝ですし、このチャンスは活かさないとですね。

  5. デービスは気合入っていて攻めが機能していましたね。特にバックハンドDTLを決めていましたし。ただそれだけリスクのあるテニスをしていたので、デービスのミスが増え始めたらウォズニアッキの試合になってしまうということもわかっていたのかなと。

    デービスとしてはトップ50突入してからは、かなりリスキーなテニスを展開しないトップ30、トップ20は厳しいとも思えましたね。そう考えると数年後はブレングル、マクヘールポジションに落ち着いてしまうのかなといえますね。

    ウォズニアッキに対しては、もうあとラリーでスライスをどれだけ組み込めるかですね。それだけでもっとポイントがとれると思いますし。

    • ウォズニアッキは、ネットに着くまでの組み立てはいいんですが、
      わざわざ難しい方に(相手選手とサイドラインの中間)打って、
      まあ、相手選手をコート外に押し出してから決めたいという気持ちはわかるんですが、
      これは悪癖ですね。

      すでにがら空きのオープンコートがあるわけですから素直にそこに打っていれば、
      あそこまで苦労しなかったはずです。
      ウォズニアッキパパがそれに気付いて、娘に修正させれば、
      ウォズニアッキのネットプレーはもっと1ランク上がりますね。


コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

大村あつしプロフィール

プロフィール画像

大村あつし

1996年8月にエーアイ出版より『Excel95で作るVBAアプリケーション〜 VBAで作る販売管理システム〜』でITライターとしてデビューしたが、2007年6月にゴマブックスより出版された『エブリ リトル シング〜人生を変える6つの物語〜』で小説家に転身。まだ、IT書籍の執筆は一部、続けているが、現在の活動は小説が中心となっている。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

無料で読めるweb小説

小説を読む
ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp
/official/omura/

大村あつし最近の記事

大村あつし

大村あつしアーカイブス

大村あつしカレンダー

2017年2月
« 1月   3月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728