ペニーレインは今日もアンニュイ
無限ループの小説を読む

ムラデノビッチ、ウォズニアッキを撃破! インディアン・ウェールズ2017(女子テニス258)

 

クリスティーナが勝ちました!

 

 

と言っても、クリスティーナ・プリスコバではありません。

 

 

クリスティーナ・ムラデノビッチが(愛称はKiKi)キャロライン・ウォズニアッキをくだしました!

 

 

534462654

 

 

ボクの中では、今大会最大の波乱です。

 

 

確かに、エリーナ・スビトリーナがガルビネ・ムグルサに0-6のベーグルを喰らって負けたのには驚きましたが、この試合はスビトリーナ陣営にコーチがいないとか、スビトリーナも昨年末の怪我で戦えない、しかし決勝戦なので棄権もしづらいというエリートトロフィーの負けるために出場した試合を彷彿とさせるほどに無気力でしたので、コーチとの間になにかがあったのは確実なのですが、もし確執があったのであれば、これはスビトリーナにとっては相当まずいですね。

 

 

今後、スビトリーナは順位を落としていく可能性が出てきました。

 

 

もっとも、アンジェリック・ケルバーがエレナ・ベスニナに負けるのは、今のケルバーの調子を考えると想定内でしたし、ムラデノビッチがシモナ・ハレプに勝つのも、ハレプはクレーシーズンから調子を上げて来ると思うので、これも想定内でしたが・・・。

 

 

まさか、マディソン・キーズに真っ向勝負で勝った、今の女子テニスで1、2位を争うと思っているウォズニアッキが負けるとはまったく想定できませんでした。

 

 

もちろん、ムラデノビッチがペテルブルグオープンの優勝で1ランク上の選手になったのは承知していますが(だからハレプに勝ったわけですし)、ハードヒットやドロップショットで最初は得点を重ねるも、徐々にウォズニアッキがそれに対応し、逆にムラデノビッチにミスが増えていき、ムラデノビッチがどんなに善戦しても、フルセットマッチで2ndと3rdセットはウォズニアッキが取ると思っていたのですが、まったく逆の展開になりましたね。

 

 

1つ考えられるのは、ムラデノビッチは今大会、なぜかキャロライン・ガルシアとダブルスを組まずに、クズネツォワと組んだダブルスはすでに負けていますので、シングルスに専念できるというのがあったのかもしれませんね。

 

 

前からボクの持論は、「ムラデノビッチは、なまじダブルスが強いからシングルスで勝てない」でしたから。

 

 

もっとも、今日のムラデノビッチは明白に120点のテニスでした。

 

 

あれだけハードヒットして、ネットプレーも量産して、もちろんミスも出ますが、それ以上のウィナーでミスを倍返しするテニスでしたが、あと2試合このテニスが持つのか、ボクにはわかりません。

 

 

ただ、今日のムラデノビッチでしたら、1stサーブの調子が悪いカロリーナ・プリスコバでも勝てなかったと思います。

 

 

強いて言えば、1stサーブが入らずにサービスエースが取れなくてもガルビネ・ムグルサを破ったプリスコバが、「これでもし1stサーブが入り出したら」という伸びしろがありますので、やはりまだ優勝候補はプリスコバなのかなと思ってはいますが、もはや誰が優勝してもおかしくない大会になりましたね。

 

 

ちょっとこの大会を総括するには早いのですが、

 

 

インディアン・ウェールズの白眉は

 

 

姉のクリスティーナ・プリスコバの覚醒ですね(*^^*)

  ↑

もはや、締めがムラデノビッチでなくなっている(笑)

 

 

テニス好きの方はポチッとお願いします→ にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへ 

 

 

→ 最初へ     → 次へ

コメント (21件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

  1. 大村さん、それこそ女子テニスはウィリアムズ姉妹以降パワーがあってなんぼなのは間違いないですよね。

    パワーテニスの象徴って最初はウィリアムズ姉妹でしたけど、いつの間にかセレナはパワーをうまく使いながらむしろ技術力の高さをみせつけるテニスをしていますし、それこそ今はビーナスやシャラポワ、ムグルサになるのではと思いますね。

    そして大村さんがおっしゃるように、ベンチッチはパワーに苦しんでいるのかそれとも自分が思うのは単にフットワークが戻っていないのか。まあ体型は戻りつつあるので復活はそう遠くないと見るべきなのか判断が難しいですね。

  2. 大村さん、さすがの自分もクズネツォワとベスニナのロシア対決の興味よりもマイアミドローセレモニーのほうに興味がうつっていますね。

    自分の期待はべリス、コンタ、大坂なおみですかね。IWから調子を上げる可能性を考えた期待値的な考えですが。

    大村さんはクリスティーナプリスコバが一番手なのでしょうか。ついでスビトリナ、べリスと続くんですかね。

    • ボクの最大の懸念はやはり、IWでのスビトリーナの不可解な敗戦ですね。
      まったくの無気力でしたので。
      ムグルサにきっちりと勝っていれば、カロリーナ・プリスコバが本調子ではありませんでしたので、
      優勝もあり得ただけに、なんとももったいない敗戦でした。

      ただ、彼女がやる気を出してくれるのであれば、注目選手は、
      スビトリーナ、クリスティーナ・プリスコバ、CiCi、コンタで、
      優勝候補はムグルサかスビトリーナという感じですかね。

      ムラデノビッチは、TOP20入りして、目標を見失っているように見えましたが、
      サーブ、ストローク、小技と3拍子揃っていますので、
      もう一段、上に行けるかでしょうね。

      肝心のベンチッチがなんとかWCをもらいましたが、上手いんですが勝てないんですよね。
      今の女子テニスは、やはり「技術」よりも「パワー」なんですかね。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

大村あつしプロフィール

プロフィール画像

大村あつし

1996年8月にエーアイ出版より『Excel95で作るVBAアプリケーション〜 VBAで作る販売管理システム〜』でITライターとしてデビューしたが、2007年6月にゴマブックスより出版された『エブリ リトル シング〜人生を変える6つの物語〜』で小説家に転身。まだ、IT書籍の執筆は一部、続けているが、現在の活動は小説が中心となっている。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

無料で読めるweb小説

小説を読む
ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp
/official/omura/

大村あつし最近の記事

大村あつし

大村あつしアーカイブス

大村あつしカレンダー

2017年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031