ペニーレインは今日もアンニュイ
無限ループの小説を読む

大坂なおみvsシモナ・ハレプ、マイアミ2017(女子テニス261)

 

大坂なおみvsシモナ・ハレプの2回戦を観ました。

 

 

結論から言うと、大坂なおみはとてもクレバーにテニスと向き合っていますね。

 

 

正直に言うと、周りがあまりに「200Kmのサービス」と騒ぐので、丁半博打プレイヤーになるのではと思っていましたが、確実にストロークの安定感が増しています。

 

 

あのシモナ・ハレプ相手に、互角にラリー勝負をしていましたから。

 

 

この試合、ハレプは得意の「ボールの外側を引っ掛けるスピンボール」で臨みました。

 

 

言葉で説明するのは非常に難しいのですが、雑に言ってしまえば、ボールに下回転と左回転をかけるスピンです。

 

 

ですから、空中で下方向に沈んで行って、落下した後は相手選手の右側に跳ねます。

 

 

すなわち、大坂なおみから見たら、フォアハンドのときは体からボールが逃げていき、バックハンドのときに体に向かってボールが伸びてくるわけです。

 

 

しかし、大坂なおみは完璧にこの「ハレプ・スピン」に対応していました。

 

 

となると、サービスで勝る大坂なおみに勝機が出てくるわけですが、そこはさすが元世界ランク2位のハレプ。

 

 

3rdセットは下回転だけの、しかしその分スピン量を増やして弾むボールで大坂なおみを倒しましたが、大坂はあのサービスにこのストロークの安定感ですから、もはやいつ覚醒してもおかしくないですね。

 

 

蛇足ですが、ハレプは特段好きな選手ではないのですが、インディアン・ウェールズのとき、ラケットを交換しようとして、ビニールから出すときにうっかりベンチに座ってしまい、主審に

 

 

“Don’t sit down, please”

 

 

と注意されたときに(ちなみに、コートチェンジ以外でベンチに座るのは反則です)、きょとんとした顔で審判を見ていた、その顔におじさん胸がキュンとしてしまいました(*^^*)

 

 

ということで、写真は前回話題に挙げたマンディー・ミネラで、「テニスをしているときにもこんなに美しい」という証明写真です。

 

 

mandyminella-cropped_12i0sirmf48xt1xpeenk5ojvm0

 

 

ただ、テニス選手としてもう晩年期に差し掛かっていますので、この美貌を拝めるのもあと2年くらいでしょうか。

 

 

 

テニス好きの方はポチッとお願いします→ にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへ 

 

 

→ 最初へ     → 次へ

コメント (10件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

  1. ルチッチバロニがなぜあんな博打テニスをするのか大村さん、自分わかったような気がします。

    それは34歳からくるスタミナの衰えを逆手にとったというか省エネテニスをするための全ショートポイントでのウィナー狙いのテニス。

    だからこそロングラリーもこなす36歳ビーナスのテニスがとんでもないわけですが。

    こんなテニス2014年のブシャールみたく、あんなハードヒットして深いところに決まっていたのが急に決まらなくなった瞬間初戦敗退連発ですね。

    ってこれを書いている瞬間プリスコバが全豪リベンジを果たしましたね。

    • 同じことを、ボクもブログかコメント欄に書きましたよ。
      「引退を目前に控えて、パワーテニスで押し切る、
      それで負けても、悔いはない。
      残りの少ないテニス人生を楽しもうとしている」
      それが今のバローニだと思っています。

      だからこそ、はまると厄介な選手なんですけどね。

      そういえば、ブシャールと言えば、ムグルサのコーチがオンコートコーチングで、
      「ブシャールのようなテニスをしてはダメだ」とムグルサに言ってましたね。
      そのムグルサは高血圧で棄権しましたが、タイブレークで3本続けてサーブを打とうとして
      主審に制されていましたので(思わず爆笑してしまいました)
      もはや意識がもうろうとしていたんでしょうね。

      ただ、ムグルサのテニスの調子は悪くないと思います。
      ムグルサにはもう一段上がありますので、クレーシーズンでその上のテニスができるか、
      もしくはまたエラーマシンに戻ってしまうのか、これは注目だと思います。

      もっとも、クレーシーズンのボクの注目は当たり前ですがシャラポワの一言に尽きますが。

  2. ヨネックスの手前来るとは思いますけどね。ナブラチロワやヒンギスもほぼ毎年来てるように。

  3. 大村さん、とうとうベンチッチがITF下部ツアーに出ますね。

    6万ドルですがいよいよ正念場というところでしょうか。

    • もう一度、一から頑張るということですかね。
      もしくは、GSにストレートインするための順位確保かもしれませんが。
      いずれにしても、ベンチッチは最近、高級車を買ったり、お金には困っていないので、
      6万ドル欲しさでないことは確実だと思いますが、
      とにもかくにも、メンタルを鍛えて欲しいですね。

      それよりも、日本にも来ますかね!
      ベンチッチは2013年に、ボクの住む静岡県の大会に出たりしてるので、
      日本に来るなら絶対に観たいですね(*^^*)
      チリコの時のように、なんとかベンチッチと話したいですね~。

      スビトリーナは昨年、生で観てその可愛さに圧倒されましたが、
      (ついでに、ウォズニアッキの色気にも当てられました(笑)
      まだ生ベンチッチは観たことがないんですよね~。

  4. 大村さん、自分もざっくりとして見てないのでざっくりとした感想になりますが。

    スビトリナとマテックスサンズ戦はマテックスサンズがどんどんネットに出てボレーを決めまくられたことがポイントだったと思いますが、細かくみれば他になにかわかるかもしれません。


    カサキナとロジャースの試合もバッククロスの打ち合いでロジャースのバッククロスのボールが深くてカサキナのバッククロスが甘くなりやられたのがポイントだと思いますが、こちらもざっくりとしか見てないので細かくみればなにかわかるかもしれません。

    結局動画を探してみてもらったほうがいいのかもしれませんね。

    あとはプリスコバに優勝してもらうことになりますかね。プリスコバがマイアミ優勝するとなると今年ランキング1位の可能性が大いにてできますからね。

    時期としてはウィンブルドン終了直後になるかと思います。

  5. あとハレプにも触れますけど、なんでハレプってチェンジオブペースをやらないんですかね。少なくともスライスは導入したほうがいいと思うのですが。ドロップショットやネットプレイも少ないですね。

  6. 大村さん、なんと尾崎里紗がゲルゲスにも勝ってベスト16です。


    ただ相手は相性最悪のケルバーですね。
    ロジャースはチャンスだったのにろくに対策しなかったのでケルバーペースになって散々でしたね。

    カサキナ戦で機能したバッククロスのアングルショットを打ってはケルバーのフォアクロスカウンターをもらうの繰り返して終了でした。センターセオリーで我慢できなかったのはロジャースでしたね。

    • すみません。
      ボクは、ケルバーvsカサキナを誰よりも楽しみにしていたので、
      昨晩、カサキナがすでに負けていることを知って激しく落胆しています。
      それに輪をかけて、なんとスビトリーナも負けていました。

      ということで、今週はもうテニス観戦の予定はありません。

      もし、気持ちが立ち直ったら、ムグルサvsウォズニアッキは興味がありますが、
      密かに、スビトリーナの優勝を願っていたので、
      最大の楽しみはなくなりました。

  7. 大村さん、以前大坂なおみの動画のリンクを貼りましたが、今現在の大坂なおみの状況がわかる記事がありましたので


    https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/otherballgame/tennis/2017/03/23/20_split_iq/



    あとハレプ戦の感想といたしましては、大坂は昨年ならさっさとウィナー狙いをしては自滅というテニスでしたが、ほんとによく我慢強いテニスをしていたなと。

    あと第1セット終了後のデイビットテイラーコーチのコーチングってハレプのセカンドサーブのリターンの攻略法を伝授させたんですかね。


    今日もこれからプイグとダブルスですが、今年なんとかムグルサ並みのボレーを身に着けてもらいたいですね。そうすれば来年のトップ10が見えてきますね。

    あと大坂はスライスの習得とドロップショットの習得も来年以降やるのかどうかですね。


コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

大村あつしプロフィール

プロフィール画像

大村あつし

1996年8月にエーアイ出版より『Excel95で作るVBAアプリケーション〜 VBAで作る販売管理システム〜』でITライターとしてデビューしたが、2007年6月にゴマブックスより出版された『エブリ リトル シング〜人生を変える6つの物語〜』で小説家に転身。まだ、IT書籍の執筆は一部、続けているが、現在の活動は小説が中心となっている。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

無料で読めるweb小説

小説を読む
ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp
/official/omura/

大村あつし最近の記事

大村あつし

大村あつしアーカイブス

大村あつしカレンダー

2017年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031