ペニーレインは今日もアンニュイ
無限ループの小説を読む

プリスコバvsバローニ、マイアミ2017(女子テニス262)

 

まず冒頭、ボクはマイアミオープンの優勝候補からカロリーナ・プリスコバを外しましたが、それはその前の大会のインディアン・ウェールズでプリスコバは右肩と右の二腕を痛めており、優勝はおろか、マイアミオープンには出場しないのではないかと思ったからですが、わずか数日で完全に故障を克服してこのマイアミオープンも勝ち進んでいますので、となりますと、優勝候補の筆頭はやはりプリスコバでしょうね。

 

 

そのカロリーナ・プリスコバvsルチッチ・バローニを観ました。

 

 

ブログに書くような試合でもなかったのですが、ボクはバローニに関してある予測を立てています。

 

 

それは、すでにテニス人生の総括に入っており、場合によっては今シーズンでの引退もあり得るということです。

 

 

だからこそ、バローニは自分がしたいテニスを貫いています。

 

 

もちろん、大会にエントリーする以上は優勝を目指しているでしょうし、試合に出るからには勝利を目指しているわけですが、1stセットだけでダブルフォルト9本という大味なテニス。

 

 

別に、プリスコバのリターンエースを恐れてプレッシャーがかかってのダブルフォルトではありません。

 

 

ただ、ダブルファーストで攻めたいから。

 

 

それだけのダブルフォルト。

 

 

この試合でも、深いボールを打って、すぐにコートの中に入って回り込んでのフォアハンドのショート逆クロスがさく裂していましたが、ウィナーと同じくらいミスが出ていました。

 

 

これも、単に自分がそうしたいからだけだと思います。

 

 

ですから、ボクはルチッチ・バローニに負けることをもらい事故と呼んでいます。

 

 

もっとも、テニスシーズンも3カ月が過ぎ、35歳の体にはこれまでの蓄積疲労もあるでしょうし、なによりもラリーが長引くクレーコートシーズンが始まりますので、まあ普通に考えて、今後のバローニは攻撃の起点となる深いショットが決まらなくなり、さして恐れる相手ではなくなるでしょう。

 

 

それに、負けたところで、相手選手はもらい事故と割り切るしかないと思いますし。

 

 

それよりも、絶好調の陰に隠れてあまり話題になっていませんが、プリスコバのサービスが本来の調子ではありません(´;ω;`)

 

 

いえ、サービスは悪くないのかもしれませんが、サービスエース、サービスポイント、1-2-punchのサーブでの得点がほとんど取れていません。

 

 

気が早い話ですが、ボクはウィンブルドンの優勝候補の筆頭はカロリーナ・プリスコバと見ていますので、プリスコバはここの対策を立てないと、ウィンブルドンの優勝が厳しくなるかもしれません。

 

 

いずれにしても、驚異的なフィジカルで棄権もまずない選手なので、今後もポイントを加算していき、どこかのタイミングで世界ランク1位になる(なって欲しい)と思っています(*^^*)

 

 

461039206

 

 

 

テニス好きの方はポチッとお願いします→ にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへ 

 

 

→ 最初へ     → 次へ

コメント (9件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

  1. あとビーナスについて思ったのはあんなでかいイヤリングって試合中邪魔にならないんですかね。

  2. 大村さん、ベンチッチフランスの6万ドルに出場していますが準々決勝で試合途中棄権とあいなりました。

    これで129位に上げて終了ということに。もう暗雲というより完全に復活の目がないように思えますね。まあ優勝して復活の兆しを見せるとは思えなかったですけど。

    • ボクは、ITFサーキットというのはまったく知らないのですが、
      (ただ、シャラポワのプロ初優勝が草津オープンというのは有名な話ですよね)
      棄権の理由はなんでしょうか?
      筋肉や関節なのか、暑さなのか。

      もし、ベンチッチの来日情報がありましたら、教えていただけると幸いです。
      チリコのときのように、3メートル先でベンチッチのテニスが見られますからね(*^^*)
      (この期に及んで、まだベンチッチファンをやめられません(笑)

  3. 後大村さんも期待しているプリスコバのウィンブルドンですが、もうスケジュールとしてはバーミンガムのみでイーストボーンをやめられるかですね。バーミンガム優勝すれば確実にイーストボーンスキップするとは思うけど、バーミンガム2試合だとイーストボーンで試合こなさないとって思うのでしょうね。

    そこでイーストボーンで決勝なんか残ってしまうと最悪になりますね。

    • プリスコバは、昨年の全米まではGS2週目にピークを合わせるような選手ではなかったので、
      どのような準備をするか不安はありますが、
      個人的には、プリスコバのコーチは、昨年までは「芝の女王」、
      ペトラ・クビトバのコーチだった人ですから、
      ウィンブルドン2ndウィークにピークを合わせる天才だと期待しています。

      そして、それこそが、ボクがプリスコバをウィンブルドンの優勝候補と考える理由でもあります。

  4. 今のプリスコバならクレーシーズンでもポイント加算できると思いますが、スケジュールがえぐいですね。

    フェド杯準決勝、、シュツットガルト、プラハオープン、マドリード、ローマ、一週はさんで全仏ですから。

    ウォズニアッキと大差ないスケジュールですねこれ。

    • クビトバがいない現在、プリスコバはシングル2試合は当たり前ですので、
      フェドカップ不要論を唱えている僕としては、
      ちょっとプリスコバがかわいそうですね。

      チェコのGS以上にフェドカップを優先させるこの風潮は、
      ナブラチロワに誰も逆らえないからですかね~。

      ケルバーだって、2月のフェドカップ休んで、本気で順位維持を目指していましたし、
      本音はみんな、世界ランキングだと思うんですけどね。

      プラハは顔見せだけで、さっさと負けて欲しいですね。
      ここで決勝に残るようでは、プリスコバは全仏は期待薄ですね。

  5. プリスコバがマイアミ優勝したら、今年ランキング1位は濃厚といっていいんではないでしょうか。クレーシーズンでもちょこちょこ稼いでもらいウィンブルドン終了後にランキング1位と決めたいですね。

    • ケルバーがなんだかんだとマイアミで勝ち残っていますが、
      DAZNのサーバーエラーがひどくて、試合がまったく観れません。
      今、コンタvsハレプの好カードを観ていたのですが、
      最初の3ゲームで10回以上、フリーズしました。
      もう、観るのやめます。

      ちょっと、ケルバーが昨年のクレーでどれくらいのポイントを
      稼いでいるのかわからないのですが、全仏は1回戦負けですので、
      当然、ここでポイントは加算すると思いますが、
      プリスコバにはウィンブルドンの優勝で文句なしに1位になって欲しいですね。

      それにしても、コンタvsハレプ、観たかった・・・(涙)


コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

大村あつしプロフィール

プロフィール画像

大村あつし

1996年8月にエーアイ出版より『Excel95で作るVBAアプリケーション〜 VBAで作る販売管理システム〜』でITライターとしてデビューしたが、2007年6月にゴマブックスより出版された『エブリ リトル シング〜人生を変える6つの物語〜』で小説家に転身。まだ、IT書籍の執筆は一部、続けているが、現在の活動は小説が中心となっている。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

無料で読めるweb小説

小説を読む
ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp
/official/omura/

大村あつし最近の記事

大村あつし

大村あつしアーカイブス

大村あつしカレンダー

2017年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031