ペニーレインは今日もアンニュイ
無限ループの小説を読む

ローレン・デイビスに見るTOP20の壁 チャールストン2017(女子テニス264)

 

テニスでは、TOP4の壁、TOP10の壁、TOP20の壁、TOP50の壁、TOP100の壁があると言われています。

 

 

この中で、いつもボクが頭を悩ませていたのが、TOP20の壁です。

 

 

なぜなら、強いのにいつまで経ってもTOP20に入れない選手がゴロゴロいるからです。

 

 

今後のことはわかりませんが、たとえば土居美咲もそうですし、この2年ずっとボクが不思議だったのはクリスティーナ・ムラデノビッチです。

 

 

ただ、ムラデノビッチは覚醒した感がありますが。

 

 

なぜ、強いのにTOP20に入れないのか。

 

 

いや、実は強くないからTOP20に入れないのか。

 

 

この3年ほどボクの中では大きな謎だったのですが、今はそうしたテニスの見方はしていませんが、一時期勝敗を当てるのにハマって、2人の選手の直近3大会の成績(どこまで勝ち進んで誰に負けたのか)、2人の過去の対戦成績、昨年の同じ大会での成績、そして伸び盛りなのかそうでないのかを見るために、過去2年のランキングの推移。

 

 

これだけの情報を集めると、それは面白いように予想が当たるわけですが、それもドバイ大会まで。

 

 

その後は、20位台の選手が70位台の選手に負けるなど日常茶飯事で、予想は不可能という結論になったのですが、今日、ローレン・デイビスvsマリア・サッカリの試合を観ていて、

 

 

だから、デービスはTOP20になれないんだ!

 

 

と、まるでヘレンケラーが水に触れた瞬間に”Water”という言葉を思い出したような感覚になりました。

 

 

793105-lauren-davis

 

 

この試合、デービスは5-4でserving for the setを握ります。

 

 

しかも、40-0で3本のセットポイント。

 

 

ところが、デービスはここでダブルフォルトも含む自滅テニスでサッカリに5ポイント連続で取られて5-5で並びます。

 

 

断言します。

 

 

TOP10選手なら、こんなところで自滅はしません。

 

 

しかし、まだ負けたわけではありません。

 

 

TOP20選手なら、気持ちを入れ替えて7-5かタイブレークで取り切りますし、最悪落としても、2nd、3rdセットを取ります。

 

 

なにせ、相手は90位台の選手なのですから。

 

 

ところが、デイビスは3本のセットポイントを取り切れなかった失意を引きずって、ずるずると1stセットを5-7で落とし、1stセットを落としたショックでそのまま負けました。

 

 

そうなのです。

 

 

TOP20に入れない選手は、テニスが弱いわけではないのです。

 

 

メンタルが弱いのです。

 

 

今年の全豪オープンで優勝したロジャー・フェデラーが、「錦織選手になにかアドバイスはありますか?」と訊かれたときに、「勝者のメンタルを身に付けろ」と言いました。

 

 

今の女子テニスは、大会ごとに優勝者が違うのは、まさしくこの「勝者のメンタル」を持った選手が不在だからだと思います。

 

 

もちろん、昨年はアンジェリック・ケルバーが「勝者のメンタル」を持っていました。

 

 

そして、そのきっかけになったのは、間違いなく全豪オープンの決勝で、「勝つのは自分」と信じて戦った、その気持ちを1年持ち続けたからだと思います。

 

 

どんなスポーツもそうかもしれませんが、特にテニスは20位から100位までが紙一重の中で競っており、最後に勝敗を分けるのはメンタルであり、それを1年継続できた人がTOP20、さらにはTOP10プレイヤーになるんだなと思いました。

 

 

シャラポワが2人もメンタルトレーナーを付けているのは、それだけメンタルの重要性を理解しているからでしょう。

 

 

デイビスが3本のセットポイントから5ポイント失い試合に負けたのは偶然ではありません。

 

 

それが彼女の実力です。

 

 

言い換えれば、こうした試合をきっちりと2-0で勝てるようになれば、デイビスはいずれTOP20の選手になるでしょう。

 

 

 

テニス好きの方はポチッとお願いします→ にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへ 

 

 

→ 最初へ     → 次へ

コメント (10件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

  1. @LaurenDavis93 というアカウントだと思います。インスタもやってますがだいたい内容は同じようです。日本語は大坂なおみよりも上手です笑。海外の選手には珍しくかなり小柄ですね。

    • 情報、ありがとうございます!
      早速、フォローしました!(*^^*)

      しかし、スター選手なのに本人マークがないんですね。
      これは早く取得した方がいいと、Lauren Davisにtwitterで伝えてみます。

      しかし、漢字も書けるとはすごいですね。
      少なくともボクの英語よりは上手ですね(笑)

  2. あとチリコとベックの試合は見れなかったのですが、これなにが起こったんですかね。

    • twitterには"injury"としか書かれていませんね。
      9ゲームで1ゲームも取れていないので、ちょっと重症の可能性もありますね。

      ボクの、「チリコはクレーシーズンでTOP30」の予想が危うくなってきました。
      ますます、シャラポワ頼みですね。

  3. 今日はいきなりカサキナとプイグからですね。ただなぜかガブリロワとダブルスもやるという。ほんとうにカサキナ陣営の考えていることはわかりませんね。

    ただサーフェスチェンジの慣れの為のダブルスなのかと判断しにくいですね。

    • この試合は日本時間の23時からなので、ライブで観ます!
      もっとも、カサキナが負けたら眠れなさそうで怖いですが、
      カサキナ、絶対に勝ちます!

      あと、テニスバカさんのおっしゃるとおり、
      突然、DAZNで土曜日にモンテレイの放送が決まりましたね。
      テニスバカさんは相変わらず情報が早いですね(*^^*)

  4. 大村さん、以前自分はトップ50の壁を突破する条件としてGS三回戦進出を提示したと思いますが、それと同様にトップ10の壁を突破する条件でGSベスト8進出。

    そうなるとトップ20の壁を突破する条件はGS4回戦進出ということになってきますかね。そうなるとムラデノビッチは2015年の全米ベスト8なのでトップ20は突破して当然ですし、なんならトップ10いってもおかしくないわけです。

    ただGSベスト8でトップ10を逃したプレイヤーもいますからね。ムラデノビッチなら大丈夫だとは思いますが。

    • ムラデノビッチならサーフェイスは関係ありませんので、
      今年のクレーシーズンの成績しだいでは覚醒したと見ていいでしょうね。
      昨年も、セレナとのタイブレークが全世界に放送できないという
      とんでもないトラブルがありましたが、全仏でいいテニスをしていましたし。

      ボクは、ムラデノビッチはTOP10に来ると思いますが、
      その条件としては、テニスバカさんのおっしゃるとおり、
      GSの2ndウィークか、もう1試合優勝が欲しいですね。
      ベンチッチはイーストボーンとカナダの優勝でTOP7になりましたからね。

  5. TOP20の壁…奈良くるみも土居美咲もTOP30付近まできてその壁を破れずに苦しんでいますね。日本女子では大坂なおみが期待されていますが、TOP20の壁を破るメンタルを身に付けているかと問われればまだこれからと言ったところでしょうか。大村さんのおっしゃるとおりTOP20に常駐する選手は崩れても修正し立て直す力が備わっていますね。シャラポワなどはまさにそういう選手ですね。
    ちなみにデービスですが日本語でツイートすることが多く(クオーターだそうです)気になる選手の一人です。

    • ボクが疑問を持ったきっかけは2年ほど前ですが、
      「なぜムラデノビッチがTOP20に入れないんだろう?」
      でした。

      そして、デービスのふがいない負け方を見て、
      「あ、だからデービスはTOP20に入れない」んだと思いました。

      個人的には、TOP30もTOP80も、実力は紙一重だと思います。
      ただ、取るべきポイントは取る。
      結果、なるべく省エネで勝つべき試合に勝つ。
      そうすれば3回戦当たりでガス欠を起こしませんので、
      安定してベスト4あたりの成績を残していれば、
      TOP20には入れるんですよね。

      ちなみに、デービスの日本語のツイートを必死で探したのですが、
      彼女、twitterやっています?
      同姓同名の別人ばかりなんですが。
      デービスの日本語は、大坂なおみの日本語より上手ですか?
      というか、ひらがなや漢字が書けるんでしょうか?


コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

大村あつしプロフィール

プロフィール画像

大村あつし

1996年8月にエーアイ出版より『Excel95で作るVBAアプリケーション〜 VBAで作る販売管理システム〜』でITライターとしてデビューしたが、2007年6月にゴマブックスより出版された『エブリ リトル シング〜人生を変える6つの物語〜』で小説家に転身。まだ、IT書籍の執筆は一部、続けているが、現在の活動は小説が中心となっている。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

無料で読めるweb小説

小説を読む
ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp
/official/omura/

大村あつし最近の記事

大村あつし

大村あつしアーカイブス

大村あつしカレンダー

2017年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930