ペニーレインは今日もアンニュイ
無限ループの小説を読む

カサキナ、初の決勝進出!チャールストン2017(女子テニス269)

 

“You have to change tactics!”

 

 

ダリア・カサキナが見事にローラ・シグムンドを下して、初の決勝進出を決めました!

 

 

しかも、相手は同じ19歳のエレナ・オスタペンコという最高の一戦です!

 

 

Daria+Kasatkina+l5iadmIglH9m

 

 

前回のブログで、「カサキナには試合用のコーチが必要なのではないか」と書きましたが、準決勝はそのコーチのアドバイスのおかげで勝てた試合でした。

 

 

シグムンド戦のカサキナの作戦は、バックハンドのラリー戦でのミス待ちテニス。

 

 

しかし、これがまったく機能しませんでした。

 

 

カサキナがシグムンドのバックに打っても、シグムンドはすぐにストレートでカサキナのフォアに流します。

 

 

そして、カサキナはなんの戦略もストーリーもなく、そのフォアハンドで相手にイージーボールを供給して、ドロップショットを打たれたり、強烈なショートクロスを打たれたり。

 

 

2ndセット序盤までは、シグムンドはコートの中で躍動していました。

 

 

いえ、そう見えたのですが、statsを見る限り2人の差はわずかで、実際にドロップショットもなにせ試合開始3球目にいきなりシグムンドに決められたので、そのイメージが強かったのですが、実際には倍以上、ドロップショットをミスしていました。

 

 

そして、それを見抜いたコーチが2ndセット1-2とリードされたところで慌ててカサキナに駆け寄って言ったのが冒頭のセリフです。

 

 

戦略を変えろ!

 

 

すなわち、バックハンドのラリー戦ではなく、フォアハンドのスピンボールを打ちつつも、オープンコートに積極的にウィナーを叩きこめということです。

 

 

実際にはそうは言っていなかったのですが、「戦略を変える」とはそういうことです。

 

 

そして、さらにコーチが見事な頭脳プレーを見せます。

 

 

オンコートコーチングが終わるとき、ベンチに帰る途中で振り向いて、シグムンドに聞こえるように、カサキナに言いました。

 

 

“She doesn’t like spin balls!”

 

 

シグムンドへの宣戦布告です。

 

 

 

いや、この一言はしびれましたね。

 

 

それ以降、カサキナはプレースタイルを一変させて、シグムンドが嫌いなフォアのスピンを多発。

 

 

スーパースローで見ると、カサキナは地面に着きそうなあたりからボールを持ち上げており、恐らくですが2500回転は出てると思います。

 

 

そして、バックハンドを打っても、シグムンドは変わらずにカサキナのフォアハンドに流すのですが、それをカサキナが強打でオープンコートにウィナー。

 

 

もしくは、シグムンドがそのボールをドロップショットやショートクロスで処理しようとしてことごとくミス。

 

 

それはまあ、1stセットとはカサキナのボールは、威力もスピン量も桁違いですから、そうそう簡単に決められるはずがありません。

 

 

すなわち、コーチはそれを見抜いていたということです。

 

 

そして、完全にメンタルが崩壊し、シグムンドにできることはメディカルタイムアウトを取ってカサキナの流れを断ち切ることくらいという状況に。

 

 

実際に、それでカサキナのリズムが若干乱れて1ゲームを落としましたが、結局は3rdセットは6-1の一方的な展開。

 

 

試合が終わってみれば、躍動していたはずのシグムンドのほうがウィナーは少なく、しかもエラーはカサキナの3倍ですから、これでは当然一方的な展開になります。

 

 

シグムンドが、カサキナのコーチが自分に向かって放った、「シグムンドはスピンボールが苦手だ」の一言。

 

 

そしてそのとおりにプレーしたカサキナのフォアハンドの前に屈した試合でした。

 

 

いや、こんなにすごい駆け引きのある面白いオンコートコーチングは初めてですね。

 

 

決勝は、オスタペンコのウィナーがエラーの数を上回れるかの勝負になると思いますが、カサキナは2回戦のプイグ戦ですでに、「ただ相手のフォアハンドにボールを集めてミスを待っているだけでは勝てない」とわかっているはずですので、どれだけ左右にボールを散らせるかでしょうね。

 

 

カサキナの顔の横まで跳ねるスピンボールにオスタペンコが対応できずに、カサキナには勝ち切って欲しいと願うばかりです。

 

 

テニスでこんなに緊張するのは、2014年の全仏オープン決勝、マリア・シャラポワvsシモナ・ハレプ以来かもしれません。

 

 

オスタペンコは、昨年のプレミア5レベルのドーハオープンで決勝戦の経験がありますので、これは当然オスタペンコに有利に働きますが、カサキナの勝利を信じます!

 

 

PS

モンテレイも、アンジェリック・ケルバーvsパブリチェンコワという面白そうな決勝戦ですね。

 

 

パブリチェンコワのオッズが2.75ですが、ボクは互角だと思うのですが・・・。

 

 

テニス好きの方はポチッとお願いします→ にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへ 

 

 

→ 最初へ     → 次へ

コメント (9件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

  1. 後まだカサキナ、オスタペンコの決勝についてわかったことがあるのですが大村さんの渾身の決勝記事を待たせていただくとして。

    モンテレイはケルバー有利とみていたんですけどパブリチェンコバが優勝しましたね。今年ツアー優勝できない可能性がでてきたといっていいのかもしれない準優勝ですね。


    そして一番言いたかったのはアザレンカの復帰戦がスタンフォードになりそうということですね。大坂なおみやべリスとの試合が実現すれば楽しみですね。

    • パブリチェンコワが勝つと予想していたので、
      お昼休みから決勝戦を観ていました。
      ケルバーはかなり下半身で打てるようになってきましたが・・・。
      やはり、もはや昨年のケルバーではありませんね。

      アザレンカvsCiCiは、正直なところCiCiが負けたら悔しいので、
      CiCiがもう少し実力をつけてから見たいですね。
      アザレンカが妊娠前のテニスをしたら、
      恐らく誰も(セレナでさえ)勝てないと思います。

  2. まだ試合途中ですが、カサキナが優勝するならその勝因はもうスライスで確定になりました。


    第1セット、カサキナがオスタペンコのバックにフォアスピンのストレートを送り、それをオスタペンコがバッククロスのフラットで叩き、それをカサキナがスライスをすれば、この時点でこのラリーはカサキナ有利となります。

    オスタペンコとしては叩きに叩きたいところをスライスで弾道が低いとウィナーをとりにいけないのもあってストレスたまるのでは。正直スライスの処理は大坂なおみほど下手じゃないですよね?

    • 結局、気持ちが高揚して眠れずに、ライブで観ました。
      幸いなことに、DAZNは2回しかフリーズしませんでした。
      (これはかなり少ないです)
      カサキナの優勝スピーチの時もフリーズしませんでした。

      代わりにボクがフリーズしています。
      嬉しくて涙が止まりません。
      260回以上のブログのかなりをカサキナの応援に費やしてきた、
      その苦労が報われました。
      やっぱり、人生に無駄はないんですね。

  3. そしてモンテレイですが、大村さんがいうパブリチェンコバのオッズは致し方ないかなと。準決勝のスアレスナバロも3倍でしたから。

    正直スアレスナバロに力負けすると自分は睨んでいたんですけどね。

    いずれにしてもケルバーがモンテレイ優勝する確率はかなり高いとみてますね。

    ということはシュツットガルト3連覇は絶望ということを意味しているわけですが。

    モンテレイ優勝してメンタル回復してシュツットガルトにはずみがつくのではとみている人がいるかもしれませんが、中一週間でクレーの準備をしなければならないわけです。

    しかも今年のシュツットガルトがトップ10が8人エントリーしているという過去にさかのぼってみてもありえない事態ですからね。例年はトップ10が平均して6人とプレミア5レベルなわけですが。

    ちょっと大胆な予想をさせていただくのであればケルバーの3連覇を止めるのはシャラポワであるのもありえる話だと思っています。シャラポワのシュツットガルト4連覇を止めたのがケルバーでしたから。

    • パブリチェンコワは、全豪でスビトリーナとクズネツォワを破った試合は強烈でしたし、
      その後の敗戦もつまらない相手には負けていないので、
      今までのケルバーでしたら、多分パブリチェンコワが勝つと思うのですが、
      ケルバーも調子を上げているのかもしれませんね。

      ボクは、マンディー・ミネラ戦を1セット観ただけで、ケルバーの調子はわかりませんが、
      スアレスナバロに勝ったのは評価できるのではないのでしょうか。
      試合は観ていませんが、ナバロは負けるときには本当に簡単に
      自分で流れを相手に渡してしまいますよね。
      それを渡さないときには意外に手ごわい相手なのですが。

      それに、オッズは「オッズメイカー」というくらいですから、
      競馬と違って「オッズを作っている」わけですから、
      まあ、参考程度で、やはり自分の直感を信じたいですし、
      今は勝敗予想はせずに、愚直に好きな選手を応援するスタイルですので。
      (オッズメイカーがどうやってオッズを操作しているかをある程度見抜く
      ソフトを自分で開発したのですが、結局使っていません(笑)

      シュツットガルトは、TOP10、8人+シャラポワって、
      これはグランドスラムの2ndウィーク状態ですね。
      ケルバーの連覇はないとは思いますが、全仏で1回戦で負けていますので、
      これは2ndウィークに残らないと、ウィンブルドン終了時に1位陥落もありえますね。

    • 蛇足ですが、Bielのオッズを見たら

      クリスティーナ・プリスコバ:ロベルタ・ビンチ=1.72:2

      と、胴元はクリスティーナ有利と見ていますね。

      ちなみに、カリナ・ビットヘフト:ベリンダ・ベンチッチ=2.2:1.61

      と、どれほど順位を下げてもまだまだベンチッチ人気は健在ですね。
      控除率の設定は7.2%とまずます低く、ブックメイカーのベンチッチの勝利予想は58.4%ですね。

      ボクはベットしませんが、こういう情報が欲しい人っているんですかね?
      それとも、こういうことに特化したブログとかあるかもしれませんね。
      まあ、なにをどうしても、結局は勝敗を当てなければ意味がないわけですが。

  4. 大村さん、シグムンド戦自分はやはりカサキナのバックハンドの甘さがペースを握られてしまったとしか言いようがなかったですよね。

    ただシグムンドのペースが落ちてきた部分ってやはりカサキナのフォアハンドとみていいんですかね。何がいいたいのかというとシグムンドはカサキナのフォアハンドに対して途中まではよく対応していたとみているんですけどね。その対応したという部分で印象に残ったのはカサキナのフォアクロスをドロップで切り返したショットか、シグムンドのフォアの逆クロスとか。

    ちょっと見直したらまた印象が変わるかもしれませんね。

    • シグムンドは、技のデパートではありますが、1stセットで手の内見せ尽くしてしまいましたね。
      それを確認して、カサキナのコーチが、2ndセット序盤で早々にオンコートコーチングをしたわけですし。
      おっしゃるとおり、オンコートコーチングのあともしばらくは、
      シグムンドはカサキナのフォアに対応していましたが、
      カサキナが戦前の戦略の変更に納得していないのか、かなりフラストレーションを溜めていましたので、
      ボクもこのままシグムンドが逃げ切るかとも思ったのですが、
      カサキナがバックハンドで深いボールを打って、
      リターンをフォアハンドでオープンコートに突き刺したあの1球で、
      シグムンドのメンタルが突然落ちましたね。


コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

大村あつしプロフィール

プロフィール画像

大村あつし

1996年8月にエーアイ出版より『Excel95で作るVBAアプリケーション〜 VBAで作る販売管理システム〜』でITライターとしてデビューしたが、2007年6月にゴマブックスより出版された『エブリ リトル シング〜人生を変える6つの物語〜』で小説家に転身。まだ、IT書籍の執筆は一部、続けているが、現在の活動は小説が中心となっている。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

無料で読めるweb小説

小説を読む
ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp
/official/omura/

大村あつし最近の記事

大村あつし

大村あつしアーカイブス

大村あつしカレンダー

2017年4月
« 3月   5月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930