ペニーレインは今日もアンニュイ
無限ループの小説を読む

スビトリーナ、イスタンブール2017優勝!今季すでに3勝!(女子テニス277)

 

昨日は、マリア・シャラポワがクリスティーナ・ムラデノビッチに負けてしまいました。

 

 

ムラデノビッチ、強かったですね。

 

 

さらには、勝敗予想をしていたシモナ・ハレプも負けてしまい、これでボクのアイドル、エリーナ・スビトリーナが負けたらシャレにならないと思っていたのですが、

 

 

スビトリーナ、見事にイスタンブールで優勝です!

 

 

elina-svitolina-beijing

 

 

スビトリーナは、本来ならシュツットガルトに出場すべき選手なのですが、ボクの勝手な予想ですが、イスタンブールに回ればシード選手で1回戦は免除されること、その分フェドカップの疲れを取り除けること、そして、今回のシュツットガルトに出場するということは、否が応でもマスコミからマリア・シャラポワのWC問題について聞かれますので、そうした喧噪のない中で、確実に270ポイントを取るために出場したと思っていますので、言うなれば、優勝が宿命づけられた大会だったわけです。

 

 

元祖コートの妖精のシャラポワの無念を、現在のコートの妖精スビトリーナが見事にはらしてくれました。

 

 

それにしても、スビトリーナはスリムなのに、安産型のヒップをしていて(しかも、意外に巨乳)、ボクは彼女が一番好きなスタイルですね。

 

 

肝心のテニスのほうは、もはや「スビトリーナはバックハンドのスライスは苦手」という認識は改めなければいけないでしょう。

 

 

とっくに改善されています。

 

 

ただ、ムラデノビッチのテニスを観た後だと、ハードヒット一辺倒のスビトリーナのテニスは少し物足りなさを感じました。

 

 

強烈なハードヒットで相手をベースラインの後ろまで下げていますので、ビール・ビエンヌで活躍したマーケタ・ボンドロウソバのようなドロップショットが打てるようになれば、スビトリーナは確実に1位争いに絡んでくるでしょうね。

 

 

確かに2ndサーブは弱いですが、同じく2ndサーブを苦手とするアンジェリック・ケルバーが世界一になれたわけですから、スビトリーナの世界ランク1位は普通にあり得ると思います。

 

 

まあ、来年以降の話ですが。

 

 

表彰式で、真っ先に「エリーナ、おめでとう。あなたは驚くべき素晴らしいテニスプレイヤーですね」とスビトリーナを称えた準優勝のマーテンズも、チャールストンで準優勝に終わってもカサキナに「おめでとう」の一言も言わなかったオスタペンコとは大違いで、素晴らしいスポーツマンシップを見せてくれましたね(*^^*)

 

 

テニス好きの方はポチッとお願いします→ にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへ 

 

 

→ 最初へ     → 次へ

コメント (28件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

  1. あと気になったところとしては当然ラドワンスカとは目線すら合わすことすらせず、女子はもっぱらクズネツォワとしゃべっていましたね。

    • ボクは、シャラポワとラドワンスカというと、どうしてもこの動画を思い出します(笑)
      https://www.youtube.com/watch?v=LhVKYPyEv8s
      まあ、これはさすがにシャラポワのマナーが悪いですよね。

      実は、ブログに書き忘れたのですが、シュツットガルトでシャラポワは、
      ラベルなしのペットボトルで水を飲んでいました。
      エビアンとの契約を切られたからですが、テニスをしながらベンチではスポンサー探しという
      これを「素晴らしいビジネスセンス」と取るか、「したたかで品がない」と取るか、
      こうしたところでもシャラポワの好き嫌いが分かれるんでしょうね。

      ボクは、シャラポワには全仏のWCを出すべきという持論があるので、
      機会があったら、そのときにこのスポンサー探しにも触れますね。

  2. 実はTie Break Tensというマドリードのエキシビをみていました。


    10ポイント先取の8人で行うトーナメントでキーズ、クズネツォワ、ラドワンスカ、ムグルサ、ハレプ、コンタ、シャワポワ、プイグだったのですが。


    シャワポワは去年のエキシビ同様プイグだったのですが、負けたこともそうなのですが気になったのはボレーとドロップショットのミスですかね。

    そしてなぜかディミトロフと隣同士になって試合を待つという変な雰囲気になりました。

    • ボクがシュツットガルトでシャラポワの気になった点は、バックハンドスライスでした。
      というか、フラットで返そうとしてネットに掛けていましたが、
      「なぜ、スライス、打たないの?」と思ってしまいました。

      もっとも、シャラポワのバックハンドスライスはあまりイメージがありませんが。

  3. 大村さん、オスタペンコ4月ものすごい試合していますよね。97年組で今一番耐久力があるのかもですね。大坂なおみはああ見えてまだ体も出来上がっていないですよね。

    • オスタペンコは昨年の芝のシーズンも、ウィンブルドンの前の3大会、
      すべて出場していますし、フィジカルは強いですね。

      実は今、オスタペンコvsコニュを見ていたのですが、
      今日で5試合目ですので、さすがに飽きました(笑)
      今日はここまでにして、夜のクリスティーナに備えます。

  4. 大村さん、ベンチッチのニュースが残念だったのでいいニュースです。

    エナンが第2子出産しました。スビトリナはガブリエルコーチになっていますが、このままエナンをまた迎え入れるんですかね。

    • エナンが戻ってくれるなら心強いですね。
      ボクは、インディアンウェールズのときにコーチがいなくて、
      しかもスビトリーナが無気力試合で負けたときから、
      このままではまずいと思っていますので。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

大村あつしプロフィール

プロフィール画像

大村あつし

1996年8月にエーアイ出版より『Excel95で作るVBAアプリケーション〜 VBAで作る販売管理システム〜』でITライターとしてデビューしたが、2007年6月にゴマブックスより出版された『エブリ リトル シング〜人生を変える6つの物語〜』で小説家に転身。まだ、IT書籍の執筆は一部、続けているが、現在の活動は小説が中心となっている。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

無料で読めるweb小説

小説を読む
ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp
/official/omura/

大村あつし最近の記事

大村あつし

大村あつしアーカイブス

大村あつしカレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031