ペニーレインは今日もアンニュイ
無限ループの小説を読む

クリスティーナ・プリスコバ決勝進出!プラハオープン2017(女子テニス279)

 

クリスティーナ・プリスコバが見事に決勝に進出しました!

 

 

写真は、妹のカロリーナにしか見えませんが、クリスティーナです(笑)

 

 

Kristyna-Pliskova-ace-record

 

 

前回のブログで、相手がエレナ・オスタペンコなら彼女のフォアハンドの博打テニスになると書きましたが、試合を観始めてすぐに自分の予想がおかしいことに気付きましたが、実際はまったく逆の展開になりました。

 

 

というより、やはり妹のカロリーナ・プリスコバを3年も応援し続けているので、その影響だとは思うのですが・・・。

 

 

カロリーナは右利きですが、よくよく考えると姉のクリスティーナはレフティーです。

 

 

すなわち、自然にボールはオスタペンコのバックハンドに集まり、このボールをオスタペンコがことごとくミスをしていました。

 

 

得意のフォアハンドはほとんど打たせてもらえませんでしたね。

 

 

ですから、もし準々決勝でアナ・コニュのほうが勝っていたら、コニュのバックハンドははまったら女子テニス界随一ですので、コニュに苦戦をしていた可能性もあります。

 

 

また、オスタペンコはサービスの調子が悪かったのでしかたありませんが、2ndサーブがサービスエリアのど真ん中で、しかもスピンボールなので、186cmと長身のクリスティーナはその場で跳ねたボールを強打するだけでよく、リターンエースもバシバシと決まっていました。

 

 

2ndセット中盤からは、オスタペンコが脚の痛みを訴えましたので、ドロップショットも織り交ぜ、なによりもサービスエースが17本ですから、これはクリスティーナが負ける理由がありません。

 

 

クリスティーナは、今回は相当運に恵まれています。

 

 

まず、優勝候補の筆頭の妹のカロリーナが、カミラ・ジョルジにまさかの初戦敗退を喰らいました。

 

 

また、いつ覚醒してもおかしくない17歳の新鋭、マーケタ・ボンドロウソバもアナ・コニュに敗れました。

 

 

これまた優勝候補の筆頭のキャロライン・ウォズニアッキもエレナ・オスタペンコに負けました。

 

 

ディフェンディングチャンピオンのルーシー・サファロバは2回戦で棄権しました。

 

 

さらには、バーボラ・ストリコバも負けました。

 

 

そして、ボンドロウソバを破った、もし対戦していたら相当厄介だったコニュを準々決勝でオスタペンコが下し、要するに言葉は不適切ですが、他人が強い相手をことごとく処理してくれた、ある意味他力本願で決勝に残ったようなイメージです。

 

 

だからこそ、決勝はクリスティーナを気絶するまで応援します(*^^*)

 

 

テニス好きの方はポチッとお願いします→ にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへ 

 

 

→ 最初へ     → 次へ

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

大村あつしプロフィール

プロフィール画像

大村あつし

1996年8月にエーアイ出版より『Excel95で作るVBAアプリケーション〜 VBAで作る販売管理システム〜』でITライターとしてデビューしたが、2007年6月にゴマブックスより出版された『エブリ リトル シング〜人生を変える6つの物語〜』で小説家に転身。まだ、IT書籍の執筆は一部、続けているが、現在の活動は小説が中心となっている。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

無料で読めるweb小説

小説を読む
ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp
/official/omura/

大村あつし最近の記事

大村あつし

大村あつしアーカイブス

大村あつしカレンダー

2017年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031