ペニーレインは今日もアンニュイ
無限ループの小説を読む

クリスティーナ・プリスコバ痛恨の敗退!プラハオープン2017(女子テニス280)

 

今日からマドリード・オープンが始まり、ダリア・カサキナの1回戦があったのですが、まったく同じ時間にクリスティーナ・プリスコバのプラハ・オープンの決勝戦がありましたので、プラハを観ました。

 

 

カサキナの試合は見逃し配信で観ますので、それまではコメントは拝見できませんので(結果を知りたくないので)、ご理解ください。

 

 

タイトルどおり、クリスティーナはモナ・バーセルに敗退しました。

 

 

悔しいですが、一番悔しいのはクリスティーナ本人です。

 

 

しかし、勝ち試合をミスミス落としたのは・・・

 

 

やはり悔しいですね(苦笑)

 

 

試合前の観客席には、この世の人とは思えない絶世の美人が映し出されました。

 

 

チェコのスーパースターといえばこの人しかいません。

 

 

我らがペトラ・クビトバです!

 

 

Petra-Kvitova

 

 

もっとも、クビトバは現在はモナコ、モンテカルロ在住ですので、わざわざチェコまで応援に駆け付けたんでしょうね。

 

 

こんな華やかな決勝戦ですから、地元の期待を一身に背負うクリスティーナはもちろんですが、むしろ相手のバーセルが緊張でガチガチでした。

 

 

1stセットは、バーセルはダブルフォルトを含む凡ミスが多く、クリスティーナの勝ちを確信しました。

 

 

 

 

さて、テニスには「セットダウン・ブレークダウン」という言葉があります。

 

 

これは、1stセットを落とした選手が、2ndセットで先にブレークを許してブレークダウンすると、ほぼ勝ち目はないということです。

 

 

だからこそ、2ndセットの第1ゲーム、バーセルのサービスゲームはこの試合の大きな山場でした。

 

 

バーセルにしてみたら、絶対に落とせません。

 

 

ましてや、相手はビッグサーバーのクリスティーナですからブレークバックの可能性はほぼありません。

 

 

しかし、この大事なゲームの最初のポイントでクリスティーナは痛恨のミスをします。

 

 

フラフラとネットの上に上がった、ただ相手コートに入れるだけでいいボールをスマッシュミスしたのです。

 

 

断言します。

 

 

もしこのスマッシュを決めていれば、クリスティーナが2-0で勝っていたでしょう。

 

 

そして、3rdセットに入ったのですが、バーセルは勝ちを意識したのかますます緊張していました。

 

 

このセットもバーセルのサービスで始まったのですが、クリスティーナはあっさりと3本のブレークポイントを握ります。

 

 

しかし、ここでクリスティーナがまたもや痛恨のミス。

 

 

まったく相手の裏をかけていない、ミエミエのイージーなドロップショットを打ってバーセルに拾われました。

 

 

繰り返しますが、ブレークポイントは3本あったのです。

 

 

どう考えても、あそこでドロップショットはありません。

 

 

ラリーをして待てばチャンスはあったはずです。

 

 

この凡ミスで流れは一気にバーセルに行き、5ポイント連取されてブレークに失敗したクリスティーナは、いいところなく3rdセットを落として負けました。

 

 

まあ、「たられば」を言っても仕方ないのですが、この日のクリスティーナはサーブが絶不調で、3rdセットでやっとサービスエースを量産し始めましたが、ストロークは悪くなかったので、このサーブが2ndセットで打てていれば、やはり2-0で勝っていたでしょうね。

 

 

母国のスーパースター、ペトラ・クビトバに勝利を捧げられなかったのは悔しいですが、クリスティーナにはこの悔しさをバネにさらに上を目指してもらいましょう。

 

 

 

ということで、ボクの興味はマドリード・オープン、マリア・シャラポワの復活優勝はあるのか、それを止めるのはエリーナ・スビトリーナかダリア・カサキナかに移りました。

 

 

それにしても、クビトバ、綺麗でした(*^^*)

 

 

テニス好きの方はポチッとお願いします→ にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへ 

 

 

→ 最初へ     → 次へ

コメント (17件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

  1. 大村さん、さすがにこれはDAZN批判記事を書くべきです。これは自分に対してコメントで愚痴をこぼすレベルではないからです。

    • 批判記事というのは、シャラポワvsブシャールよりも、ストリコバを放送したことでしょうか。
      もちろん、シャラポワの敗戦のショックもありますが、3rdセットからしか放送しないとは
      驚きや怒りを通り越して、半年待ちの三ツ星レストランで楽しみにしていたら、
      デザートしか出てこなかった気分ですね。

      ブシャール、強かったです。
      確かに、シャラポワのUnforced Errorsが約50本は多すぎですが、
      サービスエース級のボール、ウィナー級のボールを
      ブシャールは見事に拾っていましたね。

      ブシャールの勝利を素直に賞賛しますが、だからこそ、
      「シャラポワは永久追放すべき」発言は取り消して、
      今後も名勝負を見せて欲しいですね。

      できれば、今度は3rdセットだけでなく、フルセットで見たいですね。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

大村あつしプロフィール

プロフィール画像

大村あつし

1996年8月にエーアイ出版より『Excel95で作るVBAアプリケーション〜 VBAで作る販売管理システム〜』でITライターとしてデビューしたが、2007年6月にゴマブックスより出版された『エブリ リトル シング〜人生を変える6つの物語〜』で小説家に転身。まだ、IT書籍の執筆は一部、続けているが、現在の活動は小説が中心となっている。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

無料で読めるweb小説

小説を読む
ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp
/official/omura/

大村あつし最近の記事

大村あつし

大村あつしアーカイブス

大村あつしカレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031