ペニーレインは今日もアンニュイ
無限ループの小説を読む

DAZNの愚行極まれり。女子テニスの放映権利、ほかの会社に譲りましょう シャラポワvsブシャール マドリード・オープン2017(女子テニス281)

 

不世出のスーパースター、マリア・シャラポワがドーピングの謹慎処分が終わってツアーに復活しました。

 

 

しかし、女子選手の間からは、「ドーピングで処分を受けた選手がWCをもらうのは不公平」と、シャラポワは全選手を敵に回したような状況で、それでも懸命にテニスをしています。

 

 

ちなみに、シャラポワにはまだ全仏オープンのWCは出ていません。

 

 

これはあくまでもボクの持論で、反対意見の方もいらっしゃると思いますが、ボクはシャラポワに全仏オープンのWCを出すべきと考えます。

 

 

理由は2つありまして、1つはシャラポワは2012年、2014年の優勝者で2013年の準優勝者です。

 

 

これだけの実績があってWCがもらえないのなら、ほかの選手にはどのような基準でWCを出すのでしょうか。

 

 

地元のフランス人にでも出すんでしょうか?

 

 

だったら、グランドスラムが開催されない国の選手に対して不公平ですよね。

 

 

もう1つは、シャラポワは全仏オープンの予選にすら出場できるのかわかりませんが、仮に予選に回ったら、それで予選枠が1つ自動的にシャラポワで埋まることになります。

 

 

これは、他の選手の可能性を奪うという意味でやはり不公平ですね。

 

 

それはともかく、上述の通りシャラポワの復帰には批判の嵐なわけですが、もっとも強烈な批判をしたのが、シャラポワ2世の異名を取る美人プレイヤー、ユージニー・ブシャールです。

 

 

EB1

 

 

ブシャールはこう言い放ちました。

 

 

「シャラポワは詐欺師。テニス界を永久追放すべき」

 

 

そして本日のマドリード・オープンの2回戦で、マリア・シャラポワvsユージニー・ブシャールの因縁の対決がありました。

 

 

この試合は、世界的にもグランドスラムの決勝戦並みの注目を集めています。

 

 

当然、ボクも今か今かと試合開始を待っていたのですが、いつまで経ってもアナザーコートで行われているストリコバの試合を放送しています。

 

 

シャラポワの試合はナイトセッションの1試合目ですから、試合開始時間は読めるのですが、その時間を過ぎてもストリコバの試合を放送し続けています。

 

 

「これは、デイ・セッションの試合がとんでもなく長引いて、シャラポワの試合開始が遅れているんだな」と思いました。

 

 

その後も、ストリコバの試合が終わり、勝ったアロアバレーナがファンにサインをしている様子を放送し続け、さすがに「おい、どうなっているんだ?」と思った瞬間に画面が切り替わったら・・・。

 

 

なんと、シャラポワvsブシャールは2ndセットも終わりも終わり、5-2でシャラポワがリードしており、「え? 2ndセット? シャラポワ、1stセット落としたの? マジ?」と思っている間に2ndセットが終わり、結局3rdセットしか観られませんでした。

 

 

繰り返しますが、シャラポワとブシャールはただでさえ因縁がある中で、「永久追放しろ」と言った選手と、そう言われた選手、しかも二人とも女子テニス界を背負って立つスター選手の試合が3rdセットだけです。

 

 

DAZNには女子テニスを放映する資格はありませんね。

 

 

さっさと撤退してください。

 

 

たとえるならば、半年待ちの三ツ星レストランに楽しみに行ったら、前菜のサラダしか出てこずに、それでも2時間待っていたらいきなりデザートを出されたようなものです。

 

 

もう一度言います。

 

 

Jリーグの放送にしか力を入れないのなら、DAZNは女子テニスから手を引いてください。

 

 

抗議の意味も含めて、もうマドリード・オープンは観ません。

 

 

 

 

肝心の試合の方は、ブシャール、強かったです。

 

 

シャラポワの完敗です。

 

 

ボクも予想を外しました。

 

 

オッズは、シャラポワ1.14に対してブシャールが5.5ですから、世界中のテニスファンが予想を外した試合になりました。

 

 

確かに、シャラポワは約50本のUnforced Errorsとエラーが多すぎましたが(まあ、DAZNが放送しないので観ていませんが)、それを差し引いても、シャラポワのサービスエース級のボールを返し、ウィナー級のボールも返し、ブシャール、本当に強かったです!

 

 

願わくば、この強さのまま、ブシャールにはまたTOP10に返り咲いてほしいですね。

 

 

3rdセットでシャラポワのコーチが言いました。

 

 

“Don’t go for the line.

You’ve got short balls, right?

Make more great opportunities.”

 

 

要するに、シャラポワのボールがロングアウトばかりするので、

 

 

「深い球を打つな。

君には浅いボールはないのかい?

それを打てば、もっとチャンスが増えるよ」

 

 

というアドバイスですが、3rdセット、3-4の場面ではこのアドバイスは遅すぎましたね。

 

 

その前にどのようなアドバイスがあったのかはわかりません。

 

 

なにせ、DAZNが放送しないんですから。

 

 

ということで、ブシャールの勝利を称賛し、シャラポワに全仏オープンのWCが出ることを祈りつつ、マドリード・オープンはこれでおしまいです。

 

 

また、ローマ・オープンでお会いしましょう!(*^^*)

 

 

ブログにもアクセスしませんので、コメントを拝見するのは来週以降になりますm(_ _)m

 

 

テニス好きの方はポチッとお願いします→ にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへ 

 

 

→ 最初へ     → 次へ

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

大村あつしプロフィール

プロフィール画像

大村あつし

1996年8月にエーアイ出版より『Excel95で作るVBAアプリケーション〜 VBAで作る販売管理システム〜』でITライターとしてデビューしたが、2007年6月にゴマブックスより出版された『エブリ リトル シング〜人生を変える6つの物語〜』で小説家に転身。まだ、IT書籍の執筆は一部、続けているが、現在の活動は小説が中心となっている。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

無料で読めるweb小説

小説を読む
ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp
/official/omura/

大村あつし最近の記事

大村あつし

大村あつしアーカイブス

大村あつしカレンダー

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031