ペニーレインは今日もアンニュイ
無限ループの小説を読む

DAZNの愚行極まれり。女子テニスの放映権利、ほかの会社に譲りましょう シャラポワvsブシャール マドリード・オープン2017(女子テニス281)

 

不世出のスーパースター、マリア・シャラポワがドーピングの謹慎処分が終わってツアーに復活しました。

 

 

しかし、女子選手の間からは、「ドーピングで処分を受けた選手がWCをもらうのは不公平」と、シャラポワは全選手を敵に回したような状況で、それでも懸命にテニスをしています。

 

 

ちなみに、シャラポワにはまだ全仏オープンのWCは出ていません。

 

 

これはあくまでもボクの持論で、反対意見の方もいらっしゃると思いますが、ボクはシャラポワに全仏オープンのWCを出すべきと考えます。

 

 

理由は2つありまして、1つはシャラポワは2012年、2014年の優勝者で2013年の準優勝者です。

 

 

これだけの実績があってWCがもらえないのなら、ほかの選手にはどのような基準でWCを出すのでしょうか。

 

 

地元のフランス人にでも出すんでしょうか?

 

 

だったら、グランドスラムが開催されない国の選手に対して不公平ですよね。

 

 

もう1つは、シャラポワは全仏オープンの予選にすら出場できるのかわかりませんが、仮に予選に回ったら、それで予選枠が1つ自動的にシャラポワで埋まることになります。

 

 

これは、他の選手の可能性を奪うという意味でやはり不公平ですね。

 

 

それはともかく、上述の通りシャラポワの復帰には批判の嵐なわけですが、もっとも強烈な批判をしたのが、シャラポワ2世の異名を取る美人プレイヤー、ユージニー・ブシャールです。

 

 

EB1

 

 

ブシャールはこう言い放ちました。

 

 

「シャラポワは詐欺師。テニス界を永久追放すべき」

 

 

そして本日のマドリード・オープンの2回戦で、マリア・シャラポワvsユージニー・ブシャールの因縁の対決がありました。

 

 

この試合は、世界的にもグランドスラムの決勝戦並みの注目を集めています。

 

 

当然、ボクも今か今かと試合開始を待っていたのですが、いつまで経ってもアナザーコートで行われているストリコバの試合を放送しています。

 

 

シャラポワの試合はナイトセッションの1試合目ですから、試合開始時間は読めるのですが、その時間を過ぎてもストリコバの試合を放送し続けています。

 

 

「これは、デイ・セッションの試合がとんでもなく長引いて、シャラポワの試合開始が遅れているんだな」と思いました。

 

 

その後も、ストリコバの試合が終わり、勝ったアロアバレーナがファンにサインをしている様子を放送し続け、さすがに「おい、どうなっているんだ?」と思った瞬間に画面が切り替わったら・・・。

 

 

なんと、シャラポワvsブシャールは2ndセットも終わりも終わり、5-2でシャラポワがリードしており、「え? 2ndセット? シャラポワ、1stセット落としたの? マジ?」と思っている間に2ndセットが終わり、結局3rdセットしか観られませんでした。

 

 

繰り返しますが、シャラポワとブシャールはただでさえ因縁がある中で、「永久追放しろ」と言った選手と、そう言われた選手、しかも二人とも女子テニス界を背負って立つスター選手の試合が3rdセットだけです。

 

 

DAZNには女子テニスを放映する資格はありませんね。

 

 

さっさと撤退してください。

 

 

たとえるならば、半年待ちの三ツ星レストランに楽しみに行ったら、前菜のサラダしか出てこずに、それでも2時間待っていたらいきなりデザートを出されたようなものです。

 

 

もう一度言います。

 

 

Jリーグの放送にしか力を入れないのなら、DAZNは女子テニスから手を引いてください。

 

 

抗議の意味も含めて、もうマドリード・オープンは観ません。

 

 

 

 

肝心の試合の方は、ブシャール、強かったです。

 

 

シャラポワの完敗です。

 

 

ボクも予想を外しました。

 

 

オッズは、シャラポワ1.14に対してブシャールが5.5ですから、世界中のテニスファンが予想を外した試合になりました。

 

 

確かに、シャラポワは約50本のUnforced Errorsとエラーが多すぎましたが(まあ、DAZNが放送しないので観ていませんが)、それを差し引いても、シャラポワのサービスエース級のボールを返し、ウィナー級のボールも返し、ブシャール、本当に強かったです!

 

 

願わくば、この強さのまま、ブシャールにはまたTOP10に返り咲いてほしいですね。

 

 

3rdセットでシャラポワのコーチが言いました。

 

 

“Don’t go for the line.

You’ve got short balls, right?

Make more great opportunities.”

 

 

要するに、シャラポワのボールがロングアウトばかりするので、

 

 

「深い球を打つな。

君には浅いボールはないのかい?

それを打てば、もっとチャンスが増えるよ」

 

 

というアドバイスですが、3rdセット、3-4の場面ではこのアドバイスは遅すぎましたね。

 

 

その前にどのようなアドバイスがあったのかはわかりません。

 

 

なにせ、DAZNが放送しないんですから。

 

 

ということで、ブシャールの勝利を称賛し、シャラポワに全仏オープンのWCが出ることを祈りつつ、マドリード・オープンはこれでおしまいです。

 

 

また、ローマ・オープンでお会いしましょう!(*^^*)

 

 

ブログにもアクセスしませんので、コメントを拝見するのは来週以降になりますm(_ _)m

 

 

テニス好きの方はポチッとお願いします→ にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへ 

 

 

→ 最初へ     → 次へ

コメント (54件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

  1. 今スビトリナとプリスコバの試合が終わりましたが、スビトリナはバーテル戦とは雲泥の差でしたね。この試合にピークをもってきたようなパフォーマンスでしたね。ショットが深いからもうどんどん攻めること攻めること。

    プリスコバも悪くなかったし全仏でもしっかりポイント稼いでもらってウィンブルドンで1位と優勝を決めれば2017年はプリスコバの年になりそうですね。

    • これは久しぶりにブログに書きますね!

  2. 大村さん、ブシャール、べリスに求めるシャラポワ2世の条件ってGS優勝1回でいいんですかね。ランキング1位も入るんでしょうかね。

    あとはシャラポワブレイク当時ってクルニコワ2世とか言われていたんですね。
    今となっては死語になってしまったわけですが、いずれにしてもシャワポワ2世のハードルは高いですね。

    • 個人的には、GS優勝2回、もしくは優勝1回に準優勝1回に世界ランク1位で、
      その後はTOP5を数年間守り続けてはじめて「シャラポワ2世」だと思います。

      ボクは幼稚園だったので知らないのですが、
      北の湖が強すぎて相撲人気が凋落した時期があったそうですが
      (父親から、「北の湖は悪い奴だ」と聞かされて、「へえそうなのか」と思ったことを覚えています(笑)
      ブシャールの場合は、あまりにセレナの独壇場で、
      テニス人気を盛り上げようとマスコミが先走り過ぎましたね。

      ブシャールは「シャラポワ2世」と呼ばれるのが愉快ではないようですが、
      むしろ、GS優勝もない選手に自分の名前が冠されたシャラポワのほうが愉快ではないと思います。

      まあ、このあたりは、アリアナグランデが「マライアキャリー2世」と呼ばれることに、
      両方のファンが怒っていることからわかるように、
      要するに「〇〇2世」という呼び方がそもそもよくないんでしょうね。

  3. 大村さん、今度こそ今度こそストラスブールの本戦ドローにチリコがいますが、相手は今バーテンズと試合しているガブリロワです。

    ドローの時点で名前があるから、まあ大丈夫だとは思いますが、早く見たいですね。

    • ガブリロワ、バーテンスに負けましたが、今大会、
      キーズ、ガルシア、クズネツォワと死のドローを勝ち抜いてきたのは立派ですね。
      ボクは、ガブリロワもどこかで覚醒する可能性があると思っています。

  4. 大村さん、ガリゲスはスペインの元プレイヤーで昨年末までダブルスやっていました。

    当然クレーが得意でキャリアハイはトップ20をきり、ツアー優勝もシングルス、ダブルスと確かな実績があります。

    とはいいながらシャラポワにはついに勝つことはできませんでしたけどね。

    • そうですか。
      てっきり、ヒッティングパートナーかと思いました(笑)
      そんな格上の人にあんな態度を取る時点で、オスタペンコの人間力は推して知るべしですね。
      ボクは仕事しながらオンコートコーチングを聞いていたのですが、
      聞いていてあんなに不快になる選手の発言は久しぶりに聞きましたね。

  5. スビトリナはバーテルをフルセットながらダブルベーグルで勝ちましたが、スビトリナが良かったわけではなく、第1セットフォア、バックとダウンザラインの仕掛けでペースを握ったバーテルがなぜかガス欠をおこし失速してしまいました。正直途中棄権したほうがよかったレベルだと思います。

    そしてプリスコバはローマでようやく調子が上がってきました。バシンスキーは言うほど状態は悪くはなかったですが、プリスコバとしてはレース1位独走しそうですね。全仏もこの調子ならベスト16、ベスト8はいけそうな気がしました。

    全仏は、去年同様雨に降られるかどうかが面白くなりそうですね。

    大村さんはムグルサは絶望だと思われていますが、もし雨降るまで勝ち残れば昨年同様のことが起きると思いますし、そうなるとハレプの優勝は絶望になるという。

    あまりにも大きなファクターになりそうです。

    • スビトリーナ戦はもちろん観ましたが、おっしゃるとおりバーテルが急におかしくなりましたが、
      スビトリーナファンの僕としては、スビトリーナの作戦勝ちと思いたいです。

      1stセット、ハードヒットの打ち合いで負けたスビトリーナは、
      ディフェンシブなテニスで2ndセットはUnforced Errorsはたったの2本。
      スピードこそありませんでしたが、スピン量の多いボールを見事に左右に散らしていました。
      もっとも、これは1stでコーチに言われたことなんですが。

      今日のプリスコバ戦を明日、見逃し配信で観ますが、
      その内容しだいでは、期待も込めてスビトリーナも優勝候補の一人にします。

      そして、完全に全仏を睨んでいるムグルサも、おっしゃるとおり可能性が出てきましたね。
      ユリア(英語表記はJulia)相手に、スビトリーナ同様にディフェシブな素晴らしいテニスをしていました。

      コートコンディションしだいではありますが、ムグルサの全仏連覇の可能性も出てきましたね。

      ブログのほうは、もう多くの人がDAZN批判記事をお読みになったと思いますので、
      全仏オープンで再開しようと思っています。
      (もしくは、ローマの優勝者しだいでは、そこで再開)

      ただし、ブログのタイトルは
      「シャラポワを政治的に葬ったテニスの歴史上もっとも愚かで穢れたグランドスラム、全仏オープン」
      で、2週間押し通します。

      批判コメント、大歓迎です(笑)

  6. オスタペンコのオンコートコーチングの動画みつけました。


    https://www.youtube.com/watch?v=9kIiIrpCpwY


    大村さんの翻訳ありがとうございました。


    あとオスタペンコのコーチをしているのが、ガリゲスなのが不思議ですね。

    確かにオスタペンコがクレーシーズンこれだけ勝てているのは誰のおかげかまるで感謝がないからということですね。クレーのコーチでガリゲス以上といったらそうはいないですからね。

    • え、オスタペンコのコーチってそんなに凄い人なんですか!
      その人に向かってあの態度はないですね!
      信じられません。

      前にブログに書きましたが、ボクはオスタペンコの生い立ちは知りませんが、
      オスタペンコ自身がまったく訛りのないネガティブな英語を話すこと。
      そして、一応コーチとなっているお母さんもガリゲスと英語で話しているという事は、
      オスタペンコは相当裕福な家庭で育った帰国子女だと思っています。
      だからオスタペンコはこんなにわがままに育ったのだと推測しています。

  7. ケルバーがコンタベイトに第2セットべーグルくらってのストレートの敗退。

    もう負の連鎖は止められないでしょうね。


    ところで大村さんは全仏の展望について興味がなくなったと思いますが、ムラデノビッチとハレプの争いになると思いますか? でも去年みたく雨降ったらハレプは脱落してムラデノビッチ優勢になりそうなんですよね。

    • この試合観ていましたが、2-4とリードされたコンタベイトが
      ラブゲームでサービスキープしたときにコンタベイトの勝ちを確信しました。
      完全に流れを引き寄せましたし、さすがコーチもそれはよくわかっていて、
      すかさずオンコートコーチングをしましたね。
      次のケルバーのサービスゲームまでラブゲームでブレイクですからね。

      また、ケルバーのカウンターショットをネットプレーで仕留めていましたが、
      これは「ケルバーはダウンザラインを打ってもミスをするから怖くない」ということですので、
      今回のケルバーの敗戦は戦前の予想通りでしたが、ケルバー、いよいよ崖っぷちですね。

      同じく崖っぷちのムグルサは、試合は観ていないのですが、仕事をしながらテレビでは流していたんですが、
      3rdセットのオスタペンコのオンコートコーチングのとき、音声を出力したので以下にまとめます。

      コーチ:「Unforced Errorsが多すぎる」(で、なにか言おうとして)
      オスタペンコ:「そうは思わない」
      コーチ:「じゃあ、どうして私を呼んだの!」
      オスタペンコ:「・・・」
      コーチ:「彼女は世界6位のファイターよ。あなたもファイターになりなさい」
      オスタペンコ:「こんな試合、どうでもいい」
      怒って去るコーチ。

      オスタペンコは引退でいいと思います。

      ムグルサは一度もオンコートコーチングを使わずに、完全に全仏を睨んでいますが、
      ムグルサが強くなるのは、ディフェンディングチャンピオンの重圧から
      解き放たれた全仏後でしょうね。

      その全仏は、ムラデノビッチとハレプ、そしてまだまだプリスコバも可能性があると思っていますが、
      ハレプとほかの誰かの決勝戦だったら、まあ興味は持てないですね。

      今は、ウィンブルドンを予選から戦うシャラポワしか興味がありません。

    • 話は全然違うのですが、なにかテニスバカさんに言おうとして思い出せなかったんですが、
      唐突に思い出しました。

      ベンチッチとチリコの怪我はボクが激しく応援しているからで、
      これでシャラポワまで怪我をしたら偶然ではないと以前書きましたが、
      本当にシャラポワまで怪我をしてしまいましたね。

      もうボクに残されたのは、スビトリーナ、プリスコバ姉妹と復帰するクビトバだけですので、
      真面目な話、怪我だけはしないで欲しいです。

  8. そこでキャサリン・べリスなんですよね。

    WTAをBIG4亡きATPに追いつくためには彼女の活躍はマストと言えますよね。

    日本にいながらこんなことを言うのもなんですが、大坂なおみはWTAを潤す存在ではないということです。

    土居美咲に関しても今の段階で結論づけるのもあれですが、バックハンドDTLが打てない限り、必ずトップ20を切るかきらないかで終了するでしょう。

    間違ってもトップ10にはいかないですしいけるわけがないです。テニスの歴史を覆すのはそうそうできないですからね。ただでさえ159と身長的に厳しいわけですから。

    • ベリスはまだまだ伸びると思うのですが、ベンチッチを応援していた頃を思い出して、
      時々不安になることがあります。
      というのも、2人とも女子テニス界屈指のドライブボレープレイヤーなんですよね。

      ベリスは、ベースラインの1メートル内側という、ネットからとんでもなく離れたところから
      ドライブボレーで仕留める技術があります。
      普通の選手なら、ワンバウンドさせて、ベースラインの後ろで処理するボールです。
      この技術を持っているのは、ボクが知る限りベリスとベンチッチしかいません。

      このボールに向かっていく姿勢が、ベリスを徐々にライジングショットプレイヤーにして、
      もちろんそれで、ロジャー・フェデラーのように大成してくれれば言う事ないんですが。
      ベリスなら、嫌いと言う人もいないでしょうし、みんなに愛されると思います。
      あれだけの美貌は、本当にシャラポワ以来だと思いますし。

  9. 大村さん、自分恥ずかしながらグランドスラム本戦、予選当落選上のプレイヤーを今まで興味を持ったことがなかったので、この際調べていてわかったことがあります。


    グランドスラムもWTAツアーと同様エントリー期限は6週前のランキングで、本戦に入れなかったプレイヤーが予選に回るということですね。そして直帰のポイントが反映されるのはシード順に関してですね。だから直近の大会を頑張るのは理由があるということですね。特にグランドスラムの32というシード枠の当落選上のプレイヤーは特に。


    そしてシャワポワがマクヘールに勝利したことによってウィンブルドン予選が確実というニュースこそがなにより物語っていますよね。

    ルチッチバロニ戦棄権したことによりウィンブルドン本戦の道が経たれ予選ということになりました。

    バーミンガムのワイルドカードでポイントを稼いでもそれはウィンブルドン予選でシードがつくかということ問題で、シャラポワとしてはあまり大したことではないですね。今回同様、早めの棄権でダメージを最小限にする他ないですからね。

    バーミンガムのワイルドカードはもらえると思うので、ウィンブルドンと合わせて全米本戦のポイントを稼ぐしかなさそうですね。

  10. 大村さん、たった今フランステニス連盟からワイルドカード発表がありました。

    シャワポワは本戦、予選どちらもワイルドカードはなしとのことです。

    折衷案で予選にはワイルドカード出すと思ったんですけどね。もうムラデノビッチに全仏とらせてあげたいいうことでしょうね。

    • 今のシャラポワの調子では、全仏優勝は難しかったでしょうね。
      シャラポワは来年を睨みつつポイントを重ねていかなければなりませんが、
      2015年の全米を大会当日に棄権した頃から、めっきり怪我に弱くなっています。

      翌年のブリスベン国際も大会当日に同じく手首の怪我で棄権しました。
      そして、なぜか全豪には出たのですが、その後の大会も怪我で休んでいる間に
      (オリンピック出場の条件を満たすフェドカップも代表として名前を貸しただけだった)
      例の一件が勃発してしまったので、あまり考えたくありませんが、
      シャラポワは晩年期に入った可能性がありますね。

      どんなスポーツでもそうですが、偉大なチャンピオンがいて、みんながそれに挑んでいく。
      だから盛り上がるわけですが、これでシャラポワが往年の力を出せなくなったら、
      日本での女子テニス人気は完全に凋落でしょうね。

      まあ、大坂なおみ人気で大坂なおみしか知らないファンに支えられる可能性はありますが、
      そんな状況でまで女子テニスを観ようとは思っていません。
      これが、土居美咲だったら話はまた別なんですが。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

大村あつしプロフィール

プロフィール画像

大村あつし

1996年8月にエーアイ出版より『Excel95で作るVBAアプリケーション〜 VBAで作る販売管理システム〜』でITライターとしてデビューしたが、2007年6月にゴマブックスより出版された『エブリ リトル シング〜人生を変える6つの物語〜』で小説家に転身。まだ、IT書籍の執筆は一部、続けているが、現在の活動は小説が中心となっている。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

無料で読めるweb小説

小説を読む
ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp
/official/omura/

大村あつし最近の記事

大村あつし

大村あつしアーカイブス

大村あつしカレンダー

2017年5月
« 4月   6月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031