ペニーレインは今日もアンニュイ
無限ループの小説を読む

Sharapova’s in pink.スタンフォード2017 その1(女子テニス311)

 

今日から、WTA TVで女子テニスを観てみました。

 

 

試合ごとにアーカイブされており、イメージとしては何年も観ていたtennistv.comに近いです。

 

 

ということで、マドリードオープン2回戦、謹慎処分明けでワイルドカードで出場したマリア・シャラポワを「彼女はペテン師」と言ったユージニー・ブシャール。

 

 

その2人の世紀の一戦を3rdセットしか放送しなかったDAZNは、本日をもって解約します。

 

 

もっとも、試合ごとのアーカイブは2つのことに気を付けなければなりません。

 

 

1つは、収録時間で2ndセットマッチなのか、3rdセットマッチなのかが事前にわかってしまう点です。

 

 

ボクは、うっかり収録時間を見てしまい、2時間45分と表示されていたので、3rdセットマッチであることがわかってしまい、2ndセットは早送りしました。

 

 

もう1つは、複数の試合を観たい時には試合の行われた順番で観ないと、実況が試合結果を言ってしまうことがある点ですが、もっともこのあたりは何年も観てきたtennistv.comでもはや慣れたものです。

 

 

さて、1カ月半ぶりに見るマリア・シャラポワ。

 

 

ピンクのウエアにピンクのシューズ。

 

 

やはり、その美しさは神っていました(*^^*)

 

 

maria

 

 

蛇足ですが、tennistv.comで試合中にスクリーンショットを撮ろうとすると画面が真っ黒になってしまいましたが、WTA TVではこのように試合中にスクリーンショットが撮れるのも嬉しいですね。

 

 

シャラポワがもはや犯罪レベル並みにピンクが似合うことは、この動画を観てもよくわかります。

 

 

 

 

この動画を観ると、「テニス選手がなぜこんなに綺麗なのか」ではなく、「こんな美人がなぜテニスを選んだのか」と思わざるを得ませんね。

 

 

ただ、肝心の試合のほうですが・・・。

 

 

シャラポワの調子は決してよくありません(´;ω;`)

 

 

ジェニファー・ブレイディがシャラポワ対策をまったくせずに、シャラポワに自由にバックハンドを打たせてくれたので勝つには勝ちましたが、フォアハンドの精度が悪すぎます。

 

 

ちなみに、シャラポワのバックハンドはもはや凶器です。

 

 

その鋭利なナイフでボクの胸を刺しておくれ、マリア!

 

 

・・・・・・・・

 

 

すみません。おじさん、妄想に浸ってしまいました。

 

 

女子テニス界には3大凶器というものがあって、

 

 

クリスティーナ、カロリーナ・プリスコバ姉妹のサーブ

 

 

ペトラ・クビトバのフォアハンド

 

 

そして、マリア・シャラポワと大坂なおみのバックハンドです。

 

 

特に、シャラポワのバックハンドのダウンザラインは本当に脅威です。

 

 

親の仇のように強打することもあれば、ラケットの面を合わせるだけでサイドライン上に見事にコントロールすることもできます。

 

 

これだけの選手が謹慎処分を受けていた1年3カ月の間に誰が一番強かったのかなど、もはやどうでもよくなりそうですが・・・

 

 

今日のシャラポワでは優勝は難しいと思います。

 

 

問題は、これがシャラポワの1年3カ月のブランク+怪我による1カ月半のブランク後の初めてのハードコートの試合のためだからなのか、たまたま調子が悪いのか、もしくはこれが現在のシャラポワの本当の実力なのか、でしょうね。

 

 

このあたりはもっと試合を観ないとなんとも言えませんが、やっぱりシャラポワの試合は萌えますね燃えますね!

 

 

 

テニス好きの方はポチッとお願いします→ にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへ 

 

 

→ 最初へ     → 次へ

コメント (24件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

  1. 大村さん、カナダのドローが発表されましたね。

    ハレプは棄権しましたが、カナダでのディフェンドを目指した棄権だと思うわけで、ここで踏ん張ればシンシナティ、全米でランキング1位のチャンスを得ることになりそうです。

    そして大村さんの注目としてはスビトリナとカサキナが潰しあうということでしょうか。スタンフォード好調のムグルサ、クビトバ、べリス、そしてようやく調子が戻りつつあるキーズと混戦模様になりそうですね。

    ここにきて調子が戻ってこないのがムラデノビッチ、果たしてワシントンから状態を上げられるのかどうか。

  2. 大村さん、アニシモワの勢いが止まりません。16になる前なのにトップ200をきってきました。

    既に178と身長は充分なので、ここからフィジカルが磨かれてくればと思いますね。

  3. クビトバ調子のほうはどうなのかなと思いましたけど、全く問題ないですね。(これがウィンブルドンだったらと)

    そのバロメーターを表すのにクビトバのワンツーパンチでボンダレンコがクビトバのボディーに弾道低いボールを返したボールをケルバーばりにしゃがみ込みのバックハンドフラットで決めたことですね。

    • そのクビトバを、CiCiがベーグル、1時間で始末しました。
      CiCi、恐るべしです。
      詳細はブログに書きますね。

  4. 大村さん、前にも申し上げましたけど、来週はカナダになりますけど、昨年の今はリオ五輪だったのでシンシナティのドロップはありません。

    シンシナティから1週間のずれはなくなりますので、通常に戻ることになります。

  5. べリス、セペデロイグ相手に苦しめられましたが、よく持ちこたえました。

    次クビトバですと、パワーの差がなかなか厳しいですが、最近べリスのパワー対策なのかフォアハンドを打つときに右足を思いっきり下げて打ってますよね。

    あれこそ全体重を預けてパワー負けしないようにと変わりつつありますね。

    べリスのテニスが変わりつつあるといえばお尻をふりふりさせるリターンですけど、最近はそこまで目立つようにやらなくなりましたね。ゆっくりスローにと、ごく自然なリターン体制なのかなと思います。

    • CiCiの試合はまったく見ていませんが、明日のクビトバ戦は観たいと思っています。
      まあ、クビトバが自滅しない限りCiCiが勝つのは難しいと思いますが、
      シャラポワが明白に晩年期に入り
      (どうやら、トロントも欠場らしいですね)
      クビトバもこれから下降線に入ると考えたときに、
      WTAを支えられるのはCiCiしかいないのが現状ですので。

      それにしても、スタンフォードもCITIもエントリーしている選手がスカスカですね。
      昨年と1週間ずれている影響で、来週、プリスコバがシンシナティのポイントを失って、
      ハレプが1位になるようですが、まあハレプが1位という時点で、
      WTAの前途は厳しいと言わざるを得ないと思います。

  6. 1人忘れていました。日本で復帰して、そこからウィンブルドンベスト4でめでたくヨネックスのサイトに写真がのったリバリコバです。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

大村あつしプロフィール

プロフィール画像

大村あつし

1996年8月にエーアイ出版より『Excel95で作るVBAアプリケーション〜 VBAで作る販売管理システム〜』でITライターとしてデビューしたが、2007年6月にゴマブックスより出版された『エブリ リトル シング〜人生を変える6つの物語〜』で小説家に転身。まだ、IT書籍の執筆は一部、続けているが、現在の活動は小説が中心となっている。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

無料で読めるweb小説

小説を読む
ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp
/official/omura/

大村あつし最近の記事

大村あつし

大村あつしアーカイブス

大村あつしカレンダー

2017年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031