ペニーレインは今日もアンニュイ
無限ループの小説を読む

スビトリーナvsカサキナ トロント2017(女子テニス314)

 

最初に、コメントをいただいておりますが、試合結果を知りたくないので拝見させていただくのが遅れますこと、ご理解ください。

 

 

色々と忙しくてテニスどころではなかったのですが、久しぶりにテニスが観られました。

 

 

しかも、エリーナ・スビトリーナvsダリア・カサキナという最高の一戦です。

 

 

と書きましたが、あまりいい試合ではありませでしたね。

 

 

試合はスビトリーナが勝ちましたが、写真のとおり1stセットはタイブレークで、しかも先にミニブレークを許す展開。

 

 

 svitolina_kasatkina

 

 

というよりも、そもそもスビトリーナが脚本・監督・主演=自分で、例のごとく勝手にタイブレークにしてしまいました。

 

 

5-4とリードしたserving for the setを落とし、6-5とリードしたserving for the setも落としました。

 

 

メディアが一度計算したら面白いと思いますが、スビトリーナのserving for the setのキープ率は5割程度だと思います。

 

 

何度もブログに書いていますが、とにかくスビトリーナはserving for the setをよく落とします。

 

 

もしかしたら、今年タイブレークを戦った回数が一番多いのはスビトリーナかもしれません。

 

 

それでもこの試合のように勝てばいいのですが、この弱点を突かれて負けてしまったのが全仏オープンの準々決勝のハレプ戦です。

 

 

この試合、1stセットを取ったスビトリーナが、2ndセットも5-2とリードしました。

 

 

すなわち、serving for the matchが2回あったわけです。

 

 

ところが、2回ともサービスゲームをブレークされて逆転負けを喫し、この頃からボクの中でスビトリーナに対する興味が少し色を失い始めました。

 

 

ただし、それは、それだけスビトリーナが大好きというファン心理の裏返しなのですが。

 

 

ただ、ハレプに勝っていれば全仏オープン優勝もあっただけに、今でも悔しい敗戦でしたね。

 

 

ちなみに、ウィンブルドンでは絶対に負けて欲しくないエレナ・オスタペンコに負けて、このウィンブルドンでもこの試合に勝っていればスビトリーナの優勝は普通にあり得た話ですので、この試合を最後に一気にテニス熱が冷めましたね。

 

 

一方のカサキナも、チャールストンの優勝では涙を流して喜びましたが、その後は早期敗退の繰り返し。

 

 

肝心のフレンチオープンの優勝者が、チャールストン決勝でカサキナに敗れたオスタペンコということで、思えばこの結果が情熱に水をかけたのかもしれません。

 

 

「たられば」を言ってもしかたないのですが、ボクは好きな選手を中心に試合予想、大会予想をするので、勝てば最高に嬉しいのですが、負けたときのダメージも大きなものがあります。

 

 

それはともかく、昨年、全豪オープンと全米オープンで優勝したアンジェリック・ケルバーですが、実は2015年にひそかにプレミアトーナメントで4勝しています。

 

 

そして、スビトリーナも今年、プレミアトーナメントで4勝していますので、来年はグランドスラムで優勝してもらいましょう(*^^*)

 

 

 

テニス好きの方はポチッとお願いします→ にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへ 

 

 

→ 最初へ     → 次へ

コメント (7件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

  1. あと大村さん的にさして興味がないであろうエラー二がレトロゾールにひっかかり二カ月の出場停止となりました。

    理由としてはエラーニ曰く、母親の乳がんの治療薬が料理を作っているときに混入したのではということです。

  2. 大村さん、アザレンカが大ピンチです。


    なんと息子の親権のめぐって裁判沙汰になり、判決が確定しない限り、息子を連れてカリフォルニア州から出られないということになりました。つまり全米に出場しない可能性が出てきたということです。

    • ボクは、「アザレンカは奇行に走る可能性が高い」とテニスバカさんに申し上げましたが、
      奇行というよりも、第二子を恐らく妊娠すると思っていましたが、
      まさかの親権争いですか・・・。

      まあ、アザレンカらしいというか、もうアザレンカはダメだと思います(苦笑)

  3. せっかくなのでキャサリン・べリスの2018年、2019年も展望予想しますと、2018年は最低でもトップ20、ひょっとしたらトップ10、グランドスラムはベスト8かなと。2019年は2018年の活躍次第で上方修正ですね。

    • GSは、GSの女神にどれだけ愛されるかというところもありますので、
      正直なところまったくわかりませんが、CiCiのトップ20は確実だと思います。

      それよりも、3回戦で力尽きてしまうフィジカルの強化が課題になりそうですね。
      テニスそのものは、すでにトップ10だと思っていますが、
      今のフィジカルだとポイントがどうしても稼げませんよね。

  4. 大村さん、スビトリナに対して自分は一貫して思っているのはグランドスラムで結果を出すにはまずベスト4常連になるところですね。

    一足飛びでグランドスラム優勝するには絶対的なパワーは必要になります。まあ爆発力ってやつですね。

    自分はスビトリナの爆発は2019年とみています。スビトリナが25歳になる年ですね。2018年はグランドスラムで複数でベスト4、ベスト8を達成し、いよいよ頂上にいける準備をする年になると見ています。

    • おっしゃるとおり、ベスト4の常連というのは、GSで常に優勝をうかがうという意味でも、
      また、ポイント的にも非常に大切ですが、
      オスタペンコがプロ初優勝がフレンチオープンなんてこともありますので、
      ボクは今年の全米はスビトリーナはチャンスだと思います。

      絶対的な存在がいませんので。


コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

大村あつしプロフィール

プロフィール画像

大村あつし

1996年8月にエーアイ出版より『Excel95で作るVBAアプリケーション〜 VBAで作る販売管理システム〜』でITライターとしてデビューしたが、2007年6月にゴマブックスより出版された『エブリ リトル シング〜人生を変える6つの物語〜』で小説家に転身。まだ、IT書籍の執筆は一部、続けているが、現在の活動は小説が中心となっている。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

無料で読めるweb小説

小説を読む
ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp
/official/omura/

大村あつし最近の記事

大村あつし

大村あつしアーカイブス

大村あつしカレンダー

2017年8月
« 7月   9月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031