ココ・ガウフ、再びビーナス・ウィリアムズを撃破!(全豪オープン2020)(女子テニス349)

最初にお断りしなければなりませんが、僕は1日遅れで全豪オープンを観ていますので、試合結果を知りたくないので、コメントを拝見するのが遅れること、ご了承ください。

できれば、試合結果に関するコメントはお控えいただけると幸いです。

 

さて、全豪初日を途中まで観ましたが、やはり注目は15歳のココ・ガウフvs39歳のビーナス・ウィリアムズでしょう。

 

結果は、昨年のウィンブルドンに続き、ガウフがウィリアムズを撃破しました。

 

 

maxresdefault

 

 

 

 

僕は、クレーコートのガウフの試合を観たことがないのですが、ビーナスには申し訳ないですが、ガウフと10回対戦してもビーナスは勝てませんね。

 

 

もはや、次元が違います。

 

 

ただ、解説の松岡修造さんも言っていましたが、ガウフの調子は決して良くなかったです。

 

 

それでも、1stセットのタイブレークが象徴的ですが、ガウフは大事な場面でギアを上げることができます。

 

 

恐るべき15歳ですね( ;∀;)

 

 

ガウフは、試合を重ねるごとにパフォーマンスが上がっていくプレイヤーですが、実はセレナ・ウィリアムズやマリア・シャラポワなども同様で、1コケしなければドンドンと調子が上がっていくタイプですので、そうした意味でも今後が楽しみですね。

 

 

そのガウフは、大坂なおみと比較されることが多いのですが、昨年の全米オープンで大坂なおみに手も足も出なかった以上、現時点では大坂なおみのほうが当然強いです。

 

 

ただ、ガウフは大坂なおみ以上のポテンシャルを秘めていますね。

 

 

まず、大坂なおみと同じような進化の仕方をしています。

 

 

大坂なおみが最初に注目を浴びたのは、時に200Kmを超えるビッグサーブでした。

 

 

しかし、言い換えれば、そこしか見るところがなかったのが17歳の頃の大坂なおみでしたが、次に彼女がものにしたのがバッグハンドでした。

 

 

沢松奈生子さんは、大坂なおみのバッグハンドをDNR(ダイナミック・ナオミ・リターン)と命名し、「世界一」だと絶賛していました。

 

 

そして、ガウフのバックハンドも15歳にして、すでにこの時期の大坂なおみのレベルに達しています。

 

 

ですが、今、大坂なおみのバックハンドを褒めちぎる人はいませんよね?

 

 

これは、大坂なおみのバックハンドが悪くなったわけではなく、同じくらいフォアハンドも素晴らしくなり、バックハンドを誉める必要がなくなったからです。

 

 

そして、ついに大坂なおみは2018年の全米オープンで日本人として初のグランドスラムチャンピオンに輝きます。

 

 

すなわち、ガウフもバックハンドが誉められなくなるくらいにフォアハンドが成長すれば、当然にしてグランドスラム優勝は時間の問題なわけです。

 

 

プラスアルファ、ガウフは卓越したネットプレーやドロップショットなどの小技も持っていますので、順調に成長すれば大坂なおみよりも強くなるでしょうね。

 

 

まだダブルフォルトが多いのが気にはなりますが、1stサーブでは、Tに約190Km、ワイドに約170Kmという高速サーブを持っており、2ndサーブも約170Kmと、もはや完成された感があります。

 

 

これでダブルフォルトの回数が減れば、サービスゲームキープ率はさらに上がるでしょう。

 

 

いずれにしても、大坂なおみが辿った道を2歳若くして辿っているという印象で、大坂なおみがグランドスラム初優勝をしたのが21歳ですから、ガウフは10代のグランドスラムチャンピオンも普通にあり得ます。

 

 

だからこそ、僕はアマンダ・アニシモワソフィア・ケニンに頑張って欲しいと思っています(笑)

  ↑

もはや、ガウフを応援するブログではなくなっています( ;∀;)

 

 

 

テニス好きの方はポチッとお願いします→ にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへ 

 

 

→ 最初へ     → 次へ

 

 

『しおんは、ボクにおせっかい』

 

  うずくまって泣きました(読者レビュー)

 

20200117-1

 

→ Amazonへ

 

 

主人公が日本に女子テニスを広めるために奮闘する
投稿サイトで1位を獲得した「LINE感覚で読める」
まったく新しいジャンルの“自己啓発恋愛小説”

仕事もプライベートも冴えない日々を送っていた雄大。
そんな彼のもとにかつての幼馴染しおんが突如現れた。
14年ぶりの再会に喜ぶ雄大だが、
近況を語る彼の言葉にしおんは顔をしかめる。
そして彼女は雄大が幸せになるための「法則」を語り始めた。

ときに切なく、ときにコミカルに、二人の男女がおりなす、
読むだけで成功体質が身に付くサクセスストーリーの決定版!

 

コメント (3件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

  1. 大村さん、ガウフの場合はもはや心配することがなさすぎますね。前哨戦も結局はGSにピーキングを合わせるための調整でしたし、トップ20にトップ10とガウフにとっては壁ですらなさそうに思えますね。

    ビーナスと対戦して見た目もさることながらいろいろと似ている部分もありますが、さすがにビーナスは39歳ですから、まるでガウフが若返ったビーナスと錯覚しましたね。しかも完成度高く。

    • ガウフはあとは試合を積むだけでしょうね。
      まだ、相手の1stサーブへの反応が鈍いところがありますが、
      こればかりは試合数をこなして対戦相手を増やさなければ
      サーブの予測だけは練習で身に付くものではありませんので。

      早ければ、来年のGS優勝もあると思います。
      順当に行けば、再来年という感じでしょうか。
      そのときにガウフに立ちはだかって欲しいのはやはりアニシモワですね。

  2. 大村様、
    もう、マリア様の試合は見られそうにないですね。
    コメントが、、、。
    いつかは、こんな日が来ると思ってましたが。


コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

大村あつしプロフィール

プロフィール画像

大村あつし

1996年8月にエーアイ出版より『Excel95で作るVBAアプリケーション〜 VBAで作る販売管理システム〜』でITライターとしてデビューしたが、2007年6月にゴマブックスより出版された『エブリ リトル シング〜人生を変える6つの物語〜』で小説家に転身。まだ、IT書籍の執筆は一部、続けているが、現在の活動は小説が中心となっている。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

無料で読めるweb小説

小説を読む
ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp
/official/omura/

大村あつし最近の記事

大村あつし

大村あつしアーカイブス

大村あつしカレンダー

2020年1月
« 9月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031