シャラポワはこのまま引退してしまうのか?(全豪オープン2020)(女子テニス350)

最初にお断りしなければなりませんが、僕は1日遅れで全豪オープンを観ていますので、試合結果を知りたくないので、コメントを拝見するのが遅れること、ご了承ください。

できれば、試合結果に関するコメントはお控えいただけると幸いです。

 

さて、僕にとっては女神のような存在、マリア・シャラポワが全豪1回戦で姿を消しました。

 

 

GettyImages-459751317-e1541048174227 

 

 

2017年の復帰後、見せ場は全米オープン1回戦でシモナ・ハレプを破ったこと、また、インターナショナルではありますが、中国の大会でサバレンカを破って優勝したことくらいで、世界ランキングも140位台まで落としています。

 

 

シャラポワは、このまま引退してしまうのでしょうか?

 

 

もちろん、僕はシャラポワではないのでわかりません。

 

 

ただ、シャラポワの自伝”Unstoppable”(どうやら、日本語版も出ているようです)の中で、「ネットを焼き尽くすまでテニスをする」と語っています。

 

 

実際、怪我の多いシャラポワは出場大会数を増やすことができずに、全盛期でもグランドスラムを含めて17大会程度にしか出ていませんでしたので、現役を続けるにしてもこれからいばらの道が待っていることは本人が誰よりもわかっているはずです。

 

 

しかし、全豪オープン1回戦のドナ・ベキッチ戦を観ていても、TOP20の選手と互角に渡り合っているシーンは何度もありました。

 

 

むしろ、押しているシーンもあり、「これは2ndセットを取って、フルセットで勝てるか?」と思うシーンもありました。

 

 

シャラポワが今さら、ダブルフォルトの多いサーブを変えられるはずもなく、しかし、それよりも気になるのは、2017年の復帰後、重心が高くなっていることです。

 

 

要するに「手打ち」になってしまっています。

 

 

せっかく、(現在はアマンダ・アニシモワを見ている)中村豊フィジカルコーチの指導のもと、重心を低くして、その結果、2012年、2014年に全仏オープンを優勝しました。

 

 

ちなみに、2013年は準優勝で、あわや3連覇するところでした。

 

 

もう一度、そのときの気持ちに戻ることができれば、加齢による衰えはあるので以前のように大会にエントリーして世界ランキング1位を争うということはなくても、グランドスラムに照準を合わせて、再び強くて美しいシャラポワが見たいですね(*^^*)

 

 

なにせ、コートの妖精ですし、ユージニー・ブシャールやキャサリン・ベリスに期待できない以上、これでは女子テニスにスター選手がいなくなります。

 

 

大坂なおみがどれほど活躍しても、彼女は日本人ですから、海外もセレナ・ウィリアムズのようには応援してくれないでしょう。

 

 

シャラポワには、ラファエル・ナダルのように華麗に復活して欲しいですね(*^^*) 

 

 

そして、シャラポワは言うまでもなく、50年に一人のスーパースターです!

 

 

テニス好きの方はポチッとお願いします→ にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへ 

 

 

→ 最初へ     → 次へ

 

 

『しおんは、ボクにおせっかい』

 

  うずくまって泣きました(読者レビュー)

 

20200117-1

 

→ Amazonへ

 

 

主人公が日本に女子テニスを広めるために奮闘する
投稿サイトで1位を獲得した「LINE感覚で読める」
まったく新しいジャンルの“自己啓発恋愛小説”

仕事もプライベートも冴えない日々を送っていた雄大。
そんな彼のもとにかつての幼馴染しおんが突如現れた。
14年ぶりの再会に喜ぶ雄大だが、
近況を語る彼の言葉にしおんは顔をしかめる。
そして彼女は雄大が幸せになるための「法則」を語り始めた。

ときに切なく、ときにコミカルに、二人の男女がおりなす、
読むだけで成功体質が身に付くサクセスストーリーの決定版!

 

コメント (4件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

  1. 大村様、
    コメントありがとうございます。
    昨日から落ち込みまして、私もマリア様の昔のプレーを見たりしていましたが。気持ちの部分でも試合中で波があるのかなーと。
    うーん。最後にして欲しくないのですが、30位くらいまで戻すには試合こなすしかないのでしょうけど。
    ケガとの闘いもありますね。
    見守るしかないのでしょうけど。
    女子の試合は、マリア様がいないと面白くない。てか、もうアザレンカがいた時期がなんだか懐かしいですね。
    アナ.イバノビッチとか。
    だけど、クズネツワもまだ試合してますよね。
    マリア様が、モチベーション上げて戻ってくるのかなー。
    大村様、先急いで、メール送りましてすみません。

    • おっしゃるとおり、気持ちの浮き沈みが激しいですね。
      本来は、女子テニス界でNo.1のメンタルの持ち主なのですが、
      それが失われたことは、僕は以前のブログに書きました。

      結果、勝てる試合を落としていますが、技術的に物凄く衰えた感じもしませんので、
      別のコメントにも書きましたが、シャラポワの心を動かすことのできるコーチが欲しいですね。

      女子テニス選手は、男子テニス選手と付き合うとたいていはろくなことにならないのですが、
      シャラポワの場合は、男子テニス選手と付き合ってテニスに関してもアドバイスをもらうのが
      意外にいいかもしれませんね(*^^*)

  2. 大村さん、自分も自伝の最後を読んでいなければ現在も現役を続けることに疑問を持っていましたが、ある意味結果度外視でプレーできる限り続けるだけだと思います。

    ひとつだけシャラポワ引退時のコメントにとっておいたことを言おうと思いますが、シャラポワはメンタルが強くて強すぎたことこそが現在の状況を招いていると言えますね。

    たいたい年齢を重ねて衰えた部分は基本技術で補うわけですが、シャラポワはいつも通りにトレーニングしておいこんで、あとはメンタルでどうにかなるだろという認識があるように思えます。実際それで結果を出してますし、またシャラポワはなかなか変化を受け入れるのが難しいと思います。

    結局メンタルでなんとかしてきましたから。あまりにも強いメンタルだからシャラポワならではのメンタルでなんとかなっちゃっていましたからね。

    普通はシャラポワのようなメンタルなんて持ち合わせられませんから、何かしらの新しい技術習得に向かいますからね。

    • テニスができる限り続けると自伝には書いてありましたが
      (だから、自伝のタイトルが"Unstoppable"なわけですし)
      セレナ戦を含むとはいえ、これでGS3大会連続1コケですし、
      さすがにシャラポワも思うところがあるのではないでしょうか。

      instagramを見ていると、アフリカへの支援などにも興味を持ち始めているようですし、
      引退はありえない選択ではないと思います。

      ただ、箸にも棒にもかからないほど弱くなってしまったわけではありませんので、
      頑固なシャラポワに信頼してもらえるコーチとの出会いが必要になると思います。
      もっとも、シャラポワは、なにせあの伝説的なプレイヤーのコナーズを1試合で解任してしまう人なので
      誰がシャラポワをコーチできるのか、なんとも言えませんが。


コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

大村あつしプロフィール

プロフィール画像

大村あつし

1996年8月にエーアイ出版より『Excel95で作るVBAアプリケーション〜 VBAで作る販売管理システム〜』でITライターとしてデビューしたが、2007年6月にゴマブックスより出版された『エブリ リトル シング〜人生を変える6つの物語〜』で小説家に転身。まだ、IT書籍の執筆は一部、続けているが、現在の活動は小説が中心となっている。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

無料で読めるweb小説

小説を読む
ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp
/official/omura/

大村あつし最近の記事

大村あつし

大村あつしアーカイブス

大村あつしカレンダー

2020年1月
« 9月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031