ココ・ガウフはなぜ負けたのか(全豪オープン2020)(女子テニス354)

 

 

世界を戦慄させている15歳の天才、3回戦でディフェンディングチャンピオンの大坂なおみに勝利したココ・ガウフが、4回戦で同じアメリカの21歳、ソフィア・ケニンに負けました。

 

 

_107706728_gauff_getty5

 

 

戦前からどちらが勝つかわからない試合ではありましたが、僕はまたまたココ・ガウフが天才ぶりを見せつけて勝つのではないかと思っており、またまた予想を外しました( ;∀;)

 

 

では、なぜココ・ガウフはケニンに負けたのか。

 

 

これは、WOWOWでも2人の解説者が語っていたとおり、完全に体力負けでした。

 

 

ココ・ガウフは、大袈裟に言えば、昨日できなかったことが今日はできるようになっているという凄まじい成長スピードでテニスが進化しています。

 

 

ちなみに、元横綱の北の湖も、朝起きるたびに強くなっていたという伝説があります。

 

 

ただ、そんな天才ココ・ガウフでも、一朝一夕に習得できないものがあります。

 

 

それが体力です。

 

 

この試合、ココ・ガウフは明らかに大坂なおみ戦のときよりもナーバスになっていました。

 

 

いえ、大坂なおみに勝ったことで、周囲も、そして本人も嫌でも優勝を意識せざるを得ない状況が出来上がっていました。

 

 

そして、その緊張から最初のサービスゲームをいきなり落とします。

 

 

しかし、ここがガウフの恐ろしいところですが、0-2とリードされた第3ゲーム、二度目のサービスゲームでガウフは早々に自分を取り戻しました。

 

 

それを象徴するのが40-0とリードしたところからのダブルファーストです。

 

 

これはダブルフォルトになりましたが、このときすでにガウフはこう思っていたはずです。

 

 

「自分のサービスゲームは確実に取れる。あとは、どこかでブレークして追いつけば勝てる」

 

 

実はこのときに、僕は一度はガウフの勝ちを確信したのですが、1stセット後半で嫌な予感が走ります。

 

 

ガウフが首に巻くアイスタオルを要求したのです。

 

 

前日にカロリーナ・プリスコバが暑さでおかしくなって負けていましたので、これはガウフはケニンよりも暑さとの戦いになるな、と思いました。

 

 

そうしたら、1stセットを取りながらも2ndセットを落としました。

 

 

しかも、ケニンにハードヒットでウィナーを決められまくったのではなく、コートを前後左右走りまわされた上に落とした2ndセットでした。

 

 

ここで、形成が一気に逆転します。

 

 

体力の尽きたココ・ガウフの脚が止まり、重心も高くなって、もはや戦えるフィジカルではなくなっていました。

 

 

結果論ですが、暑さに負けていなければガウフが2-0で勝っていてもおかしくない試合でしたが、ガウフから体力を奪えば勝てると信じて、ボールを散らして愚直にプレーを続けたソフィア・ケニンのほうが一枚上手だったということですね(*^^*)

 

 

ワン・チャンも負けましたし、僕は残りはソフィア・ケニンの応援に回りますが、今度は天才ココ・ガウフを破ったことでケニンがプレッシャーを感じるでしょう。

 

 

実際に、ガウフ戦でも1stセットのタイブレークで2本のダブルフォルトをするなど、若干メンタルに不安があります。

 

 

しかし、今後のテニス界はココ・ガウフが中心に座ることは明白で、その彼女に挑む若手がソフィア・ケニンであり、アマンダ・アニシモワになるでしょう。

 

 

簡単なことではありませんが、ケニンには是が非でも優勝して欲しいですね(*^^*)

 

 

唯一残念なのは、ケニンは美人選手なのに、帽子でその美顔がほとんど見られないことです( ;∀;)

 

 

おぢさんとしては、今後は、ケニンは帽子をかぶらずにプレーして欲しいです(*^^*)

 

 

テニス好きの方はポチッとお願いします→ にほんブログ村 テニスブログ 女性テニスプレーヤーへ 

 

 

→ 最初へ     → 次へ

 

 

『しおんは、ボクにおせっかい』

 

  うずくまって泣きました(読者レビュー)

 

20200117-1

 

→ Amazonへ

 

 

主人公が日本に女子テニスを広めるために奮闘する
投稿サイトで1位を獲得した「LINE感覚で読める」
まったく新しいジャンルの“自己啓発恋愛小説”

仕事もプライベートも冴えない日々を送っていた雄大。
そんな彼のもとにかつての幼馴染しおんが突如現れた。
14年ぶりの再会に喜ぶ雄大だが、
近況を語る彼の言葉にしおんは顔をしかめる。
そして彼女は雄大が幸せになるための「法則」を語り始めた。

ときに切なく、ときにコミカルに、二人の男女がおりなす、
読むだけで成功体質が身に付くサクセスストーリーの決定版!

 

コメント (5件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

  1. 大村さん、ガウフのクレーは未知数って言いましたけど、ガウフはクレーも問題ないことを思い出しました。

    そもそもガウフは全仏ジュニアグランドスラムを優勝していたんですよね。2018年に。付け加えると2017年の全米ジュニアグランドスラムで決勝進出をしていて、この時点でアメリカ本国で注目されていましたね。なにせ13歳でしたから。

    わかりやすくいうと中学1年になって高校生相手に勝ちまくって優勝ですからね。

    • ガウフはクレーも強いんですか。
      まぁ、あの卓越したネットプレーを見ればうなづけますが。
      これは、キャリアグランドスラマー確実ですね!

  2. 大村さん、テニバカ的前哨戦の見方なるnoteを書いてみました。

    https://note.com/tenibaka/n/n5c53f91d774b


    そしてそれを書きながらまたネタが浮かんだのですが、それはガウフ1強時代になったとき、ガウフに対抗できるテニバカ的シミュレーションなるものを思いつきました。

    ガウフとムラトグルーのコンビに他のプレイヤーが、こうなればガウフに対抗できるのではというシミュレーションをしてみたいと思っています。

    当たり前ですが、ガウフに対する才能の差をどう他で埋めるのかといった理論でもあります。

  3. 大村さん、ガウフが大坂なおみにあっけなく勝利した後、それこそこぞって急に優勝候補みたいな雰囲気になりましたし、セレナも敗退したので余計にそんな声があったように思います。

    自分も大坂なおみ戦のようなパフォーマンスなら優勝に届くのではという声が上がるのはわかります。ただこういってしまえばガウフの優勝はいやまだ早いのではと思いなおすはずです。

    それは(大坂なおみ戦のようなパフォーマンスをあと4試合続けられれば優勝もありうる)がより正確な予想かなと。

    そしてケニン戦ですが、ある意味ガウフは持てる力を充分だして頑張ったといえると思います。ガウフも大坂なおみ戦、結局簡単な勝利では終わらなかったと言えますね。ガウフは異常に集中していましたからね。確かに大坂なおみのエラーマシーン状態ではありましたが、それにしてもガウフはとにかくミスをしなかったし、それだけ集中していました。間違いなくガウフは大坂なおみ戦にピークをもっていってたと思います。


    そしてガウフのベスト8チャレンジはウィンブルドンになりますが、もし自分らの予想を超えるガウフですから、全仏でも驚くような結果を残してくれるかもしれませんね。

    • 僕は、ガウフの全仏ばかりはまったく予想がつかない、しかし、
      他のGS同様、3回戦まで進んで、また世界を驚かせてほしいと期待しています。
      GSデビュー後、4大会すべてで3回戦に進んだ選手がいるのかわかりませんが、
      ウィリアムズ姉妹でさえ達成していない快挙です。

      そして、これまで観てきた中でガウフが一番強かったのは
      昨年のウィンブルドンの3回戦でした。
      僕は、ウィンブルドンは真剣に、ガウフはベスト4の一角と見ています。
      その頃になれば、あまり年齢のことで騒がれなくなっているでしょうし、
      ガウフはより高い集中力でウィンブルドンに臨めると思っています。


コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

大村あつしプロフィール

プロフィール画像

大村あつし

1996年8月にエーアイ出版より『Excel95で作るVBAアプリケーション〜 VBAで作る販売管理システム〜』でITライターとしてデビューしたが、2007年6月にゴマブックスより出版された『エブリ リトル シング〜人生を変える6つの物語〜』で小説家に転身。まだ、IT書籍の執筆は一部、続けているが、現在の活動は小説が中心となっている。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

無料で読めるweb小説

小説を読む
ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

http://www.diamondblog.jp
/official/omura/

大村あつし最近の記事

大村あつし

大村あつしアーカイブス

大村あつしカレンダー

2020年1月
« 9月   2月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031