ミスiDエントリーについて



長文を書くのは久しぶりです!!!!

みんなたち元気?さらさんは元気‹‹\(´ω` )/››





さて、先日「ミスiD2021」という…たぶんミスコン?その辺はよくわかっていないんだけど、とにかくその大会にエントリーしました

目的としては楽曲を聞いてもらえる機会を増やすため。わたしは人よりも容姿が劣っている方なので、書類選考すら通過するわけがありません

わかったうえでの応募です

それにはちょっとわけがあります



わたしが音楽をやんわりと始めたのは小学生の頃からです

ですが、自分の歌声で感情を伝えようと思いシンガーソングライターとして活動し始めたのは25歳から

さらに言ってしまうと、そのシンガーソングライターという肩書きの最後に「アイドル」という言葉が付け足されたのは随分と最近のことです



わたしは基本的に夢を見ない人間でした

未来の自分に価値はないと思っていたし、漠然とした何かを掴もうとしては掴めずに途方に暮れるという作業の繰り返しをする意味がわからなかったからです

幼少期、音楽家を始める前になりたかったのは漫画家です

けれどいつの間にか後からイラストを描き始めた妹に実力もセンスも抜かされてしまいました

その頃から自分自身の行く先に希望を持つことはもう辞めようと思いました



大人になり、音楽家になりました

何故音楽を始めたのか覚えていないんです。きっかけが何にもないんです

けれど知らないうちに曲を作るようになっていて、今も相棒であるVOCALOIDのLilyさんにも出会えて気づけば少数ですがファンも出来て、地下アイドルさんに専属で楽曲提供をするようなった

一度だけ活動をやめようと思ったことがありますが、現在一番好きなバンドに出会い触発されやめずに続けることが出来ました




自分で歌う気はありませんでした

わたしは歌が上手じゃないし、Lilyさんや地下アイドルさんが歌ってくれるならそれで十分だと思っていた




2017.02

既にわたしは既に「夢見る頃」を過ぎていました

とある友人のライブに誘われて、ソロで歌う人達を観て、「ステージから見える景色はいつもと違うのだろうか」「その景色を見ることが出来ればわたしの音楽はもっといい物になるのではないだろうか」そう感じた

その1ヶ月後にはライブ出演、シングルCDを発売していました。2ヶ月後にはミニアルバムを

何かに取り憑かれたような勢いでミニアルバム制作をしていたことをすごく覚えています

そう、それはまるで夢見る少女のような衝動性を帯びていた




現在わたしは28歳、今年で29歳になります

とっくに過ぎていた「夢見る頃」はもう戻ってこない

でもわたしには夢があります

「シンガーソングライターアイドル」として活動しているわたしの曲でたくさんの人を救いたい



人は誰しもが弱いところを持っています。つらいことを受け流したり悲しいことを飲み込んだりするのが大人だから、弱いのは普通じゃないと責められる

しかしながらわたしが思うに、この世に生きる全ての人がみな等しく「弱い」はずです

その弱さはいつどこでどんな時に表に出るかわかりません


そんな弱さを責めて傷つける人にはなりたくない

知り合いを数人自殺でなくしています。亡くなってからもしばらく「そんなことで死ぬなんて」「気にする方が悪い」と責められ続けていたのを見ています

わたしにはそんなことは出来ない。死にたくて死んでしまった彼らの招いた結果こそよくないだろうけど気持ちや過程は否定したくない

そして、否定すればするほど死にたい人は追い詰められていくはずなんです



だからわたしは「許す人」になると決めました

だって貴方に生きていてほしいから



死にたい気持ち、つらい気持ち、悲しい気持ちを許して逃げ場所になりたい、もし死にたいならわたしの曲で擬似自殺をすればいい。もし満たされたいならわたしに依存すればいい

その先起こるかもしれない最悪の事態を避けたい。だから拠り所になりたいんです




わたしがミスiDにエントリーした理由は自分が認められたいからとか、モデルやアイドルになりたいからとか、そういうのじゃない

ミスiDにエントリーしているような、毎日満たされたくてたまらなくて泣いているような、そんな人達を救いたかったからです

エントリーしてる人だけじゃない。それを応援してる方々もきっと何かしらの弱い面を持っているはず

その知り合いの人達だって、そのまた知り合いの人達だってそうかもしれない

救える人は多い方がいい

だからわたしの曲を聴いてもらえるきっかけも多い方がいい


わたしの夢はあまりにも大きすぎるし、綺麗事もいいところなんだけど

それでも実現したいです

「みんなが笑って過ごせるように」じゃない。「みんなが泣いていても許されるように」そんな願いを込めて



そして、わたしの夢はわたしひとりでは叶えることが出来ません

わたしの世界にはわたしという主役がいるけれど、貴方の世界には貴方という主役がいる

その主役同士の世界が交錯して初めてわたしたちは出会うわけだし、出会わなくちゃわたしの夢は叶いません



「わたしだけの物語」じゃない

「わたしと貴方の物語」を作っていきましょう







Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

Profile

雨宮さらさ(あまみやさらさ)

雨宮さらさ(あまみやさらさ)
所属事務所:Office FreeStyle

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

CALENDAR

2020年8月
« 5月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

ARCHIVES

QR-CODE

ブログモバイル版

雨宮さらさ|あまみやさらさ(シンガーソングライター)オフィシャルブログ