「お客様のために頑張る自分」をアピールするのはナンセンス



ツイートしようと思ったけど長くなりすぎたので、投稿する予定だったものをそのままコピペしてこっちでまとめます




いつも思うんだけど、出演者自身が楽しんでないようなただただお客様を楽しませるために頑張ってる一心なだけのライブって「頑張ってるなーすごいなー」とは思うけど、素敵なライブだったなとは思えないんですよね


出演者さん自身がやりたいこと楽しんでいてくれないとこっちもなんか楽しくない

お客様がーお客様がーってそこばっか気にして、お客様のために頑張っている自分に酔って、なんかライブをしたくてやってる風に見えないような常に何かと戦ってるような人のライブって、つまんないというか最早こわいんですよね。なんか目的が違うふうに見えてしまう


お客様目線で言わせてもらうと、あまりにも「お客様の事考えている演者だけが偉いです」みたいに言ってる人見ると、わたしはただ出演者さんが音楽を楽しんで生きがいにしている姿を見たいだけなのに一体自分は何を見せられているんだろうという気分になりますしちっとも楽しくありません


別に個人的には出演者さん自身が楽しむためのライブだったとしても構わないんですよね。自分本位かもしれないけどかっこいいなと思ったら勝手についていきます。自分本位なだけのライブだなーと思ったら勝手に離れる。それだけ


もちろんそういうわけにも行かないイベントだってあるからそこはレベルに応じて住み分けすればいい



何よりも、ほんとにお客様のことを思ってライブをしているような人はわざわざ表で他人こき下ろしてまでお客様のためにライブやってますアピールなんてしないんですよね

それ意識高い系の人達が公開オナニーしてるだけじゃんって思う

どれだけ実力があったとしてもそういうことするのすごくかっこ悪い

やってること、自分本位なライブしている人よりも底辺でしょ

そういうことやってる人に限って無駄なプロ意識の高さで「自分他と違って出来ています」みたいな態度なんですよね

たとえ他の部分で謙虚にしていたとしても所々で滲み出ちゃってる

果たしてお客様がそういうの見たいかって言われると絶対見たくないでしょ

どの口がライブは客を楽しませるためにだとか言ってるんだってめっちゃ思う



わたし、LIPHLICHというバンドがすごく好きなんですけども

わたしの推しは、自分が最高のライブやりたいがために日々努力を惜しまない人で。お客様のことも気遣ってくれるけども何よりも自分がやりたくてやってる、会場の誰よりも自分自身が一番楽しんでる感じがして、そこが大好きなんですよね



なので、この話のひとつの正解として「自分のやりたいことを追求した結果ファンを楽しませることが出来た人が優勝」という説を提案したいです


決して履き違わないでほしい

努力というものは自分のためにするものです。他人のためだけに作り上げた努力はいつの間にか「お客様のために頑張って『あげている』」という感覚に変わっていく

本人はお客様のために謙虚に頑張っているつもりでも、無意識のうちに、段々と悪い方へと意識が傾いていく

そのうちお客様=自分のプロ意識を認めてもらうための道具、他の出演者=自分のプロ意識を押し付けてスッキリするための道具、になってしまう



「自分がステージで歌うのが好きだから」という理由だけでライブ出たっていいじゃないですか

イベントに迷惑かけたり非常識な行動しなければ別に構わないでしょ

プロ意識ない=集客しないと言う訳でもないし。むしろ自分がやりたいからという理由でライブ出る人って見て欲しくてやるもんだから張り切って集客したりもするしね


そこに「自分がお客様を楽しませるのが好きだから」という気持ちがくっついていた人が勝てるっていうだけだし、ほんとそれ以上でも以下でもないんですよ

どんな理由でライブしてるかとか客には全然関係ないんで。ステージしか見てないんで。客は演者さんが頑張るための道具とかじゃないんで。プロ意識マウンティングとるための道具でもないんで。つーか自分が自分本位なライブする人嫌いで叩きたいだけの話なのにそこにお客様を楽しませるためにー云々出してきて客を人を貶す口実に使うなと言いたい



表でプロ意識マウンティングする人ってその行為を見せつけられる側の気持ち絶対考えてないでしょ

お客様を楽しませるためだけにライブをやるべきだという素晴らしい考えのお方はもうわかったんでお客様が嫌な気持ちにならないように黙ってて欲しいですね

どうしてもやりたいなら裏でやれや

ほんとに胸くそ悪い

いちお客様のわたしに言わせてもらえば、表で他の演者叩きながらいいこと言ってる風にやってるやつこそライブ出ないで欲しいです

ふっつーに不快。どうせどのライブもプロ意識公開オナニーなんだなとしか思えないから





ちなみにいち演者の雨宮さらさとしての意見は、というと


そもそもお客様を楽しませるためにライブやるなんて当たり前のことなんで、他人がそれとは違うスタンスでやっていても別に気にしないですね

当たり前のこと過ぎて別に他人落としてまで自分はちゃんとしてますアピールとかする必要ないなって

あんまりにもひどい人がいたら注意ってかアドバイスみたいな感じに言うかもしれないけど、そんなの見せられて楽しい気持ちになる人なんていないんで本人に直接言って終わりにしますね

少なくとも事の後に相手の名前伏せてまでツイートにネチネチと書いて周りから共感得ようみたいなことは思わないです


そして世界観ウリな曲ばかりやるので、何よりも自分が入り込めるという点を重視しないとライブの魅力に繋がらない

だから、「お客様を楽しませるために」というよりは「わたしの世界観が好きなお客様を楽しませるために」という言い方が合ってる感じがします

精神的には完全にプロ意識共に嫌われそうな感じなんだけどエンターテインメントを成り立たせたいという気持ちはプロ意識そのものみたいな変なやつだなーと思う。けどそうじゃないとわたしの音楽って成り立たないよなーとも思う

入り込まなくちゃダメだからお客様よりも自分が楽しまなくちゃいけなくて、そんな自分本位なライブをエンターテインメントとして成り立たせるためにもっと技術あげなくちゃなーと思っている。精進します

大体そんなかんじ

お客さんには申し訳ないけど、自分が頑張りたくて頑張っているだけです( •́ .̫ •̀ )




これ見てもし「もしかすると自分もプロ意識マウンティング様化しているかも」と感じた人は、今からでも遅くないんでさっさと黙って欲しいです

結構見てると当てはまる人いますからね。今まで書いてきたこと自分の意見だし黙って欲しいというのも願望なので押し付けたくないし個人に直接言うことはしないけど、

自分やばいかもって気づいて表でのプロレスやめてくれる人が増えたら嬉しいなってさらさんは思う




わたしは音楽を生き甲斐だと思っていて音楽が一番好きだから、音楽を努力アピールとかマウンティングの道具に使う人見ると腹立つんだろうな

みんなどうせ音楽やるなら他の誰でもない自分のためにやってほしいな



Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

Profile

雨宮さらさ(あまみやさらさ)

雨宮さらさ(あまみやさらさ)
所属事務所:Office FreeStyle

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

CALENDAR

2019年12月
« 11月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

ARCHIVES

QR-CODE

ブログモバイル版

雨宮さらさ|あまみやさらさ(シンガーソングライター)オフィシャルブログ