芸能界で何故、言った言わない、されたされないが多いのか…?

昨日から、ある女優さん演出の舞台が話題になっています。

降板、土下座…

 

でも、良くかんがえると「言った、言わない」「された、していない」

が非常に多い業界だと思います。

 

私も、文章に残す癖をつけるようにしています。

それと、その場で話し合うようにしています。

 

どうしても、この業界は悪い事は後まわしにする傾向があるように

思います。プロダクションが少ない時期はよかったのです。

人間関係のつながりが強く、もちずもたれずというのでしょうか?

どうしてそうなったのか?

相手の気持ちが、言葉であらわさなくても、分かっていた気がします。

 

しかし、今のこの世の中…

これだけ多くなってくると、きちんと早めに処理しないと大きな問題に

なってしまう事もあります。

人やプロダクション同士のつながりが、昔みたいに強いわけではない気がしています。

 

時代の移り変わりのような気がしています。
その移り変わりに、考えを変えていかないとならないですね。

#降板#土下座#番組#プロデューサー#制作#トラブル#つながり#芸能界

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

Profile

澤田祥江(さわたさちえ)

澤田祥江(さわたさちえ)

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

ブログモバイル版

携帯ではこちらのQRコードより ご確認ください

Archives

Calendar

2017年9月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930