Information

永田町の変人&郵政民営化論者・小泉純一郎元首相、明後日1/8傘寿・生誕80周年

我々の学年の代表格の昨年西武ドームで10/19引退記念登板&12/4現役引退セレモニーを実施の平成の怪物18松坂大輔投手より

39年早く正力松太郎初代科技庁長官が創設者たるNPB日本プロフェッショナル野球組織加盟球団支配下選手たる即戦力高卒新人となった

バックトスの名手41高木守道二塁手に代表される学年の皆さんも今年度、傘寿・生誕80周年。

日本ボクシング業界なら1964年10月翌春の中大卒業控え東京オリンピック・バンタム級優勝し契約金500万円で後の東日本協会代表・三迫仁志会長にスカウトされJBC管轄下でプロデビュー桜井孝雄名誉会長(自身が古稀・生誕70周年を迎えた三か月半後の10年前2012年1/10三迫仁志初代会長ご生誕78周年の日に逝去)

 

永田町の変人&郵政民営化論者・小泉純一郎元首相もその一人。明後日1/8生誕80周年お迎えになられる、現在は自民党神奈川県連名誉顧問。まだまだお若く、御元気そうで。

日本国法令では誕生日前日年齢加算、本日が70代最後の日。

souri87-89

 

祖父も実父も自身の生まれ故郷・横須賀及び隣接した自治体・三浦を拠点とした<川崎も含む>中選挙区時代の神奈川二区選出の衆院議員。

県立横須賀高校&慶應出身、25歳で経済学士、ロンドン留学

28歳誕生日の12日前の1969年12/27(土曜)投票の衆院選は10万3千票獲得も4000票の僅差で次点、繰り上げ当選出来なかった。

自民党の支持基盤、とりわけ票田の特定郵便局長会が当時中曽根派前職で後に集団離党して新自由クラブ結成~進歩党党首となる定数4の4位で再選の田川誠一候補に集中。

丸三年後の1972年に同区で再出馬し福田派新人候補として初当選。

 

当時から一貫して持論・郵政三事業民営化を主張

 

初当選から丸20年経過の1992年12/12発足の宮澤改造内閣で三度目の入閣果たし郵政相を拝命。

臆する事無く発言し一切躊躇せず持論を主張し、物議を醸し非難も浴びたが当時日本国首相・宮澤喜一は罷免・更迭せず政治的議題には上がるようになった。

 

1996年11/8発足の第二次橋本内閣で四度目の入閣、竹下改造&宇野両内閣以来の厚相に就任(前任者が<さきがけ離党→旧民主党結党>弁理士・韓直人が薬害エイズ事件で脚光浴び人気を博した為、対抗する意味合いも有った事は周知の事実)

相変わらず持論を曲げず「郵政民営化出来なければ、閣僚を辞任する」と発言。国会答弁で「(当時の最大野党、俺の養父・大場伊三郎も神奈川県連事務局長代理で16歳の俺も党友)新進党が郵政民営化法案を提出したら賛成する」と発言、YKKを構成する盟友の当時自民党幹事長・加藤紘一&当時自民党政調会長・山崎拓から発言の訂正を求められたが、頑として受け付けなかった。当時日本国首相・橋本龍太郎は罷免・更迭しなかった。自身が秘書として仕えた福田赳夫元首相が創設の派閥・清和研内でも子分を作らない一匹狼(兄貴分の森喜朗衆院議員が首相在任中は自身が会長務めた)普段から贈り物は受け取らず突き返す、返却。

内閣改造で自身五度目の入閣=厚相留任、国会議員在職25周年迎えたが永年在職表彰を辞退。

 

1978年36歳で青学大卒業直前のエスエス製薬の創業者の孫・宮本佳代子さんと結婚し三児に恵まれたが、三男が御腹にいた頃に離婚。以降は独身を貫いた。

 

郵政相在任中の1993年5/4国連カンボジア暫定機構に派遣中の日本の文民警察官が武装グループに襲撃され、高田晴行警部補が死亡、4人が重軽傷を負う事件が起こった際には、5/7閣議の席上で「カンボジアは実質内戦に近い状態にあり、事実上危険な状態であれば、PKOの引き揚げも今後の選択肢に入れるべきだ」と語り、自衛隊カンボジア派遣に異議を唱えた。また、この死傷事件をきっかけにタケオ州に駐在する自衛隊施設大隊が選挙監視要員を支援することにした政府決定についても異議を唱えている。「自衛隊員に警護をさせるというのは、いままでの国会の議論と違う。させるべきではない。自衛隊であろうが、文民警察官であろうが、戦闘状態のところに行くという想定はしていない。戦闘状態に合わせて対策を取ったり、自衛隊になにかをさせようというのは間違っている。今後、そのような意見が表に出てくるようであれば、私も国会での議論を踏まえて発言していく」5/14閣議後の記者会見。更に、5/18閣議でも「日本独自の判断で文民警察官をより安全な場所に移動させよ」「政府は国会で言ってきたこと、国民に約束したことを尊重すべきだ」とした。

6/18宮澤改造内閣不信任決議が自民党内からも造反者が出て可決され、衆院選で自民党は、さきがけ&新生党と分裂の影響も有り過半数を割って野党転落が確実な情勢となった。投開票の翌々日7/20小泉純一郎郵政相は宮澤喜一首相の責任追及し退陣を閣僚懇談会でも要求し、内閣総辞職前に閣僚辞任した。

 

当初は郵政民営化など、

永田町でも世間大衆でも核武装論並みの過激な発言、暴論、奇人変人、ドン・キホーテ、アドバルーン、「一人ぐらいコンな面白い人、ユニークな意見が有っても良い」程度の捉え方で失笑を買っていた。

 

しかし強固な信念貫き確固たる持論展開をする事を決して止めなかった。

1995年自社さ連立政権時代、社会党委員長・村山富市首班の内閣当時、参院選で自民党が最大野党・新進党に比較第一党の座を奪われた。翌年に予想された次期衆院選に向けて若手議員や候補予定者に動揺が走り不安や恐怖心を与えた。

(宏池会・大勇会)「江(沢民)の傭兵」河野洋平外相が当初は総裁任期満了に伴い再選目指し清和研の会長&自民党幹事長の三塚博元外相以下、前自民党幹事長で建設相在職中の森喜朗&(河野外相の早大政経学部経済学科同級生で同い年の親友)外務政務次官在職中の福田康夫両衆院議員そして小泉純一郎元郵政相自身も河野再選支持の意向固めていたが包囲網が強まり清和研内からも亀井静香前運輸相&平沼赳夫運輸相をはじめ桜井新・中川昭一・谷津義男・衛藤晟一・河村建夫・古屋圭司の各衆院議員らが反発し造反、(「趣味は田中角栄(被告)」公言の二階堂進会長率いる木曜クラブ内の創政会幹事長~竹下派七奉行~後の平成研会長)橋本龍太郎通産相が派閥横断的に大多数の支持を集めの河野惨敗が確実な状況となり、河野外相は総裁選出馬断念で無投票を阻止すべく果敢に挑んで自民党の救世主となりスター街道を歩む事に。この時も持論・郵政民営化は譲らず(特定郵便局長会からの圧力も有り)総裁選出馬に必要な推薦人名簿に自民党所属国会議員30名集める事は困難を極めたが、

郵政民営化反対を明確にする前々年衆院初当選の荒井広幸元福島県議、清和研のみならず大勇会(宏池会・河野G)麻生太郎・中馬弘毅・森英介も加わった。

2000年6月の衆院選で「一区現象」、特に都市部で与党・自公保三党大敗。森喜朗首相の失言やマスコミからの攻撃の対象となり不人気を極め支持率低迷。野党が提出した第二次森内閣不信任案に前述の加藤&山崎両派会長が乗っかかるクーデター未遂も有った。しかし小泉純一郎元郵政相は「最後の一人になっても(森喜朗元首相を)守る」と最後まで支える姿勢崩さなかった。

初当選から28年4か月後に(1998年ポスト橋本の総裁選含め)三度目の挑戦で「自民党をぶっ壊す!」と絶叫し圧倒的不利の予想を覆し総裁選勝ち抜き橋本元首相に五年半前の雪辱果たし、日本国首相となり史上最高クラスの支持率85%、従来の慣習や派閥の論理に捉われない若手国会議員・女性国会議員・民間人を閣僚や自民党役員人事に起用(その01年4月総裁選出馬の際に日本における外国人参政権付与法案について「帰化したくないのに参政権が欲しいというのはおかしい」と発言した)

周囲の猛反対を押し切り郵政解散を断行し郵政民営化法案に反対した前職候補者には刺客作戦(実は自身が郵政相時代、自民党が最初の最大野党時代に導入反対した)衆院小選挙区制の恩恵を存分に受け郵政選挙たる衆院選大勝利で一度は否決された郵政民営化法案再提出成立させ実現※その背後に同盟国の全面的なバックアップが有った事は公然の事実。2000年春に平成研創始者・竹下登の国会議員引退や逝去も無縁ではない。

 

自民党総裁任期満了に伴い日本国首相退任の丸24か月後の2008年秋に67歳誕生日数か月前という若さで次期衆院選不出馬・国会議員勇退を表明。実際に翌夏不出馬、一切選挙に出馬していない。

 

自民党神奈川県連&自民党横浜市連一丸となって2002年春の横浜市長選で与野党相乗りの現職・高秀秀信(当時72歳)再選に全力投球、しかし小泉純一郎元郵政相は前年自民党総裁&日本国首相となり官邸で同じ郵政民営化論者(前々年衆院選で無所属の会前職として民主党神奈川県連や連合神奈川の支援受け自民党新人<日本国首相靖国参拝や自主憲法制定反対、後に自民党離党し特定機密保護法案採決棄権~夫婦別姓実現や原発ゼロ政策推進~17&21両年衆院選では容共左派&売国勢力・立憲や極左暴力集団・日本共産党の後方支援受けた>江田憲司を大差で破り神奈川8区勝利し前年の首班指名で衆院会派「民主党・無所属クラブ」属しながら自民党総裁選勝ち抜いた小泉純一郎元郵政相支持~後に日本創新党&創生日本~維新~次世代の党~自民党)中田宏候補(当時37歳)を激励、中田宏新市長誕生(00年衆院選数か月前にも新進党分党→無所属の会属し民主党神奈川県連&連合神奈川と協力関係の中田宏衆院議員のパーティで来賓として参加し激励)

 

誤解の無い様に申しますが、

俺は小泉純一郎元首相を批判的に捉える部分は多々有りますが、上記の強固な信念貫き確固たる持論展開し実現させた姿勢は高く評価。

 

郵政解散の前々日8/6首相官邸で自身の出身派閥・清和研会長であり兄貴分・森喜朗前首相が衆院解散を思いとどまるよう説得を試みたが、「信念だ。殺されてもいい」と解散回避の説得を聞き入れなかった。

そして郵政解散を断行した直後の首相官邸での記者会見

0f375e9f03a49c7c666aec70b4349f35

「言わば、今回の解散は郵政解散であります。郵政民営化に賛成してくれるのか、反対するのか、これをはっきりと国民の皆様に問いたいと思います。

(中略)

約四百年前、ガリレオ・ガリレイは、天動説の中で地球は動くという地動説を発表して、有罪判決を受けました。そのとき、ガリレオは、『それでも地球は動く』と言ったそうです。

(中略)『今、国会では郵政民営化は必要ない。』という結論を出しました。『それでも郵政民営化は必要だ。』と私は思います。私はもう一度国民の皆さんに聞いてみたいと思います。本当に郵便局の仕事は公務員でなければできな いのか、民間人でやってはいけないのかと。  

そして、郵政民営化についての国民の皆さんの支持を得て、衆院で過半数の勢力を得ることができれば、参院の反対した皆さんも協力してくれる と思います。衆院選終了後国会を開いて、郵政民営化の法案を成立させるように努力していきたいと思います。

(中略)

そういう既得権を守る、現状維持がいい、そういう勢力と闘って、本当に改革政党になる、自民党はなったんだということから、この選挙で国民に聞いてみたいと思います。自民党は郵政民営化に賛成する候補者しか公認しません。

言わば、はっきりと改革政党になった自民党が、民営化に反対の民主党と闘って、国民はどういう審判を下すか聞いてみたいと思います。だから解散をしました。

そして、この郵政民営化に賛成する、自公両党が国民の支持を得て、過半数の勢力を得ることができれば、再度、衆院選後に国会を開いて、これを成立させるよう努力していきたいと思います。以上であります。」

 

この情熱、姿勢が、数多くの日本国民の共感を呼んだ!

そして郵政選挙で政権与党・自公両党圧勝し郵政民営化法案再提出で成立~自身が首相退任の丸一年後=自身の後継の安倍晋三首相退任&自身が(首班指名は無論、総裁選でも)支持した福田康夫新首相誕生の直後の2007年10/1㈱日本郵便が創業。

俺自身は、郵政民営化反対を掲げ自民党離党直後(中選挙区時代からの地盤・練馬&豊島=東京10区に03年比例近畿B自民党前職で再選の現職閣僚・小池百合子という刺客を送られた<同時点では原発ゼロ政策を打ち出していなかった>)小林興起元財務副大臣が結成参加し東京Bでは唯一の候補者たる新党日本を比例区で、(国旗国歌法案賛成&外国人参政権反対、現在は新・国民民主党都連顧問)民主党前職・中山義活を東京2区で消極的支持した。

この選択は間違っていなかったと、今でも確信している。

実際、自公両党が野党で、(前述の小林&中山両衆院議員が当時属す)民主&国民新両党連立の野田佳彦内閣時代の2012年春の通常国会で郵政民営化見直し法案は政権与党と野党・自公両党の合意で可決された。(郵政国会・郵政解散・郵政選挙・郵政民営化法案成立時点の自民党幹事長)武部勤元農水相、郵政選挙で郵政民営化反対組への刺客として出馬し12年春時点でも在職の国会議員では前述の小池百合子元環境相含め全員が同法案賛成。

※小泉純一郎元首相自身は12年時点で無論、国会議員在職していなかったが次男で地盤継承した後継者の小泉進次郎自民党青年局長・菅義偉元総務相・(郵政国会・郵政解散・郵政選挙・郵政民営化法案成立時点の自民党国対委員長→政調会長)中川秀直元官房長官、(前述の菅義偉元総務相と96年衆院初当選同期で同じく郵政国会・郵政解散・郵政選挙・郵政民営化法案成立時点の自民党国会議員)渡辺喜美みんなの党代表及び同所属国会議員全員が反対。郵政選挙<郵政民営化反対組への刺客ではない>自民党新人として初出馬し民主党前職に比例復活許さない小選挙区勝利の平将明元東京JC大田区委員長は途中退席。

 

俺が小泉純一郎元首相を批判的に捉えた部分

①2001年4月に総裁選で日本遺族会関係の党員党友の圧倒的な支持を集めるべく

「私が日本国首相に就任したら、いかなる批判が有ろうとも毎年8/15靖国神社に参拝します」と公約

→実際に終戦記念日8/15参拝は総裁任期満了に伴い日本国首相退任直前の2006年のみ

日本国首相就任直後の01年夏、都議選&参院選で自民党大勝=国民の圧倒的な支持を得ているにもかかわらず中共政府や親中派の官房長官・福田康夫に配慮し二日前倒し8/13参拝

②65か月に及ぶ長期に渡る日本国首相在任中、8/15以外の日付で何度も昇殿参拝、しかし神道の儀礼に基く作法・二礼二拍手一礼を省略し簡素化。

③自存自衛の戦争、欧米列強によるアジア植民地支配に対抗する為の正義の戦争の大東亜戦争

当時の指導者(国内法では裁かれず、国際法にも違反する東京裁判で有罪・死刑となった)A級戦犯に関して

「大間違いの戦争であり、戦争犯罪人」と発言し愛する祖国日本の歴史を貶め、自虐史観を助長。

戦後60年目の終戦記念日<郵政解散の丸一週間後>05年8/15に過去に日本がアジア諸国に対して行った侵略と植民地支配を謝罪する「小泉談話」を閣議決定の上、発表した。談話の内容は10年前の95年8/15、戦後50年の終戦記念日に当時日本国首相&社会党委員長・村山富市が閣議決定の上、発表した村山談話を踏襲したものであり、村山談話と並ぶ日本政府の歴史認識の公式見解として扱われる。

④郵政選挙で圧勝した翌年=首相在任最終年06年、万世一系の御皇室の伝統を踏みにじる女系天皇実現に意欲を示した(結果的に秋篠宮・紀子妃殿下が男児ご懐妊<第三次小泉改造内閣総辞職=首相退任直前の9/6ご生誕悠仁親王殿下>が判明するとトーンダウン)改正議論を棚上げしたものの、根本的な問題(皇位継承者不足)が無くなった訳ではないとして「女系の天皇陛下も認めないと、将来については皇位継承というのはね、なかなか難しくなるんじゃないかと思ってます」との見解を述べた

⑤清和研の同志であり、三度目の総裁選で自身の推薦人名簿に名を連ね、圧倒的不利の予想の中、逆転勝利に貢献した日本サッカー史上最大のスーパースターの一人

釜本邦茂元労働総括政務次官を国会議員在職中も、01年初の非拘束名簿式・参院比例で落選後も、入閣=オリンピック担当相やFIFAワールドカップ担当相、あるいは首相補佐官に任命をしなかった。

(ブラジルではジーコ&ペレ両氏がスポーツ担当相に就任)

2003年衆院選、衆院初当選同期の盟友で主流派閥・近未来研究会会長で前幹事長&現職副総裁(親中派で靖国参拝批判的で反日テロ国家・北朝鮮に宥和的な姿勢)山崎拓が福岡2区次点で比例復活も出来ず議席を失った直後に首相補佐官に任命したにもかかわらず。

⑥日本国首相在任中は原発推進の立場だったが、自身が国会議員勇退後の2011年3/11東日本大震災&東電福島第一原発事故、同年夏頃までには脱原発を主張するようになっていた。2013年秋頃からは、講演会等でも盛んに発言するようになり、メディアに頻繁に取り上げられるようになった。この発言を脱原発や反原発を主張する渡辺喜美や小沢一郎など野党各陣営が歓迎し、同年10/29には反原発を掲げる反日左翼&売国勢力・社民党党首(現在は立憲合流)吉田忠智と会談まで行った。新人対決の2014年東京都知事選では、脱原発を争点に立候補した細川護熙元首相を支援したが、細川護熙元首相は落選した。2018年1/10には、自らが顧問を務める民間団体「原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟」の記者会見で「原発ゼロ・自然エネルギー基本法案」を発表。内容は原発の即時停止を求めるもので、法案への支持を与野党に呼び掛けた。

 

俺自身も強固な信念貫き確固たる持論展開していく所存

俺が小学生の頃から「俺はボクサーになるんだ!タイ国でプロデビューし無敗でナショナルチャンピオン&WBC下部地域組織ランキング入り、最高峰12回戦=WBCと友好関係のマイナー世界タイトル挑戦し国歌君が代斉唱するんじゃ!」って公言しておったておった事は何度も書いたよね。

でも、その都度教師をはじめとする何人もの方に言われることがある。「ボクサーになるつもりなら、その拳は凶器だから、『絶対に』素人と喧嘩・格闘してはいけない」
それを聞く度に呆れて開いた口が塞がりませんでしたねぇ~。
だって、ボクサーと素人が格闘する事を禁じる趣旨、ボクサーの拳を取締る趣旨のGHQが国際法違反で押し付けたマッカーサー憲法・刑法や銃刀法の条文、その他日本国法令

法相、警察庁長官、スポーツ庁長官、初代・日本プロスポーツ会議議長中曽根康弘からの通達
WBC・WBC下部地域組織・WBC加盟国組織たるローカルコミッション、友好団体WBUが定めた規則・ルールは一切存在しませんし、そういう発想自体馬鹿げている。

 

そういう世間一般の慣例や発想自体馬鹿げててマッカーサー憲法第14条「法の下の平等」違反❗

他のプロスポーツ関係者が素人や一般人やチンピラと

勝負や競技認められボクサーのみ禁じられるならば

職業差別!人間社会での最大の差別!

 

何故ならば、

①ヒューストン・アストロズのメジャー契約選手&マイナー契約選手やパナソニック野球部の部員が、

たけし軍団や石橋貴明や草野球選手と交流戦やフリー打撃や本塁打競争は何ら問題無い❗

②西ドイツ・ブンデスリーガ加盟しUEFAヨーロッパリーグの常連ヴェルダー・ブレーメンのプロ契約選手や本田技研工業フットボールクラブの部員が

木梨憲武や東国原英夫や草サッカー選手とPKやフットサルや練習試合は全く問題無い❗

③石黒修、松岡修造、伊達公子、辻野隆三、佐藤直子、沢松和子&奈保子、神和住純、大坂なおみ、錦織圭、五藤健介、手塚玲美、マルチナヒンギス、レイトンヒューイットに代表されるプロテニス選手や

デニスカップ日本代表たるアマチュアテニス選手・松岡功が

女子大生、女子アナ、東宝芸能所属女優、歌手荻野目洋子、俳優石黒賢と

社交テニスは特に問題無い。

 

④時津風部屋・双葉山相撲道場、大嶽部屋・大鵬道場、九重部屋、出羽海部屋、陸奥部屋、高砂部屋の力士、力士養成員、新弟子

和歌山県庁相撲部部員が素人や一般人と腕相撲・綱引き・ぶつかり稽古は一切問題無い

⑤マイケルジョーダン、マジックジョンソン、クリスチャンレイトナー、パトリックユーイング、チャールズバークレーに代表される92年USAドリームチームのメンバーや

日本人初のNBAプレイヤー0田臥勇太が

一般人や素人とフリースローや3on3やストリートバスケしても許される。

 

 

 

上記①~⑤と全く同じ論理で、

Thailand Yamaki Gym、士道館、マイウェイジム、武勇会、シンマナサック・ムエタイスクール、ランシットジム、センチャイジム、ネルソンナインゴランジム

ジョージフォアマン・ユースセンター、ロマンサジム、新大阪アダチジム=陽光アダチジム、新日本仙台ジム、福岡帝拳ジム、(名古屋BS=東海ジム吸収した)中日ジムの所属ボクサー

自衛隊体育学校ボクシング班の隊員が

素人・一般人・チンピラと

「互いに同意の上で=両者100パーセント合意に達し」

「互いにスポーツ安全保険加入し」

「互いにバンテージ、ヘッドガード、ファウルカップ、ワセリン、14オンスグローブ着用し」

スパーリングしても絶対に問題無い!



社会常識、世間一般における慣例だけが正しいわけではない!


ボクサーが仕事中の格闘素人の会社員にtelし

「多忙な所恐縮だが、簡潔に済ますから聞いて。

俺とスパーしようぜ!!一切手加減せんけど!!」

 

上記を一言申して録音されても少なくとも刑事罰の対象たり得ない(笑)

スポーツとしての対戦依頼や実戦練習申し込み、スポーツとしての能力や技術の誇示!

 

仮に、

①「しつこく」、何度もtelは刑法・威力業務妨害

②相手がやりたくないのに無理強いは刑法・強要未遂

③付きまとい行為は都道府県迷惑防止条例違反

④前述③に恋愛感情伴えばストーカー規制法違反(笑)

 

仮に

他のプロスポーツ関係者の

16久保康友投手が

 仕事中の草野球愛好家の会社員にtelし

「多忙な所恐縮だが、簡潔に済ますから聞いて。

松下球場来いや!

俺とフリー打撃で勝負しようぜ!!俺の146km/hやスライダー打てるもんなら打ってみろや!」

 

FW24古橋達弥選手が

 仕事中の草サッカー愛好家の会社員にtelし

「多忙な所恐縮だが、簡潔に済ますから聞いて。

都田サッカー場来いや!

俺とPKで勝負しようぜ!!JFL得点王の実力を見せつけるぜ!」

首尾一貫・初志貫徹・百折不撓を座右の銘とする俺が反面教師とする

俺とは対極的な

呆れて空いた口塞がらない輩、変節漢が荒川寛

下記は19年前2003年と15年前2007年、二度に渡り統一地方・後半で練馬区議選に出馬

東京都田無市(=現在の西東京市)で出生。実父・亡父は開業歯科医で裕福に育った。しかし、ガラッパチ。 正則高校卒業しホテルにも勤務して調理師に。東京日産自動車販売㈱の社員なりトップセールスマン~独立開業し会社経営、

しかし同い年の友人が自身の会社の役員で数千万横領され会社の経営が傾き、亡父が残した遺産を食いつぶした(笑)

妻子とも別れ、前妻は他の男性と再婚(笑)元横綱・大乃国の芝田山親方に媒酌人務めて頂いたが疎遠に(笑)

 

会社経営と並行し、政治活動。新進党結党参加した渡辺浩一郎衆院議員の事務所スタッフ※渡辺衆院議員自身も小沢一郎側近の藤井裕久の秘書経験しながら藤井の所属政党の羽田孜党首&小沢代表幹事の新生党ではなく細川護熙代表率いる1993年日本新党新人として初当選~1995年新進党党首選で小沢幹事長ではなく羽田元首相推薦人名簿に名を連ねながら(1996年落選し前議員として)新進党分党後は羽田&細川の民政党→民主党ではなく小沢一郎率いる自由党に参加(笑)

 

荒川寛は「最も尊敬する政治家・小沢一郎党首」と公言、自身も自由党結党当初から党員活動(といってもLカデット=小沢党首が理事長の自由総研・研究員でも、小沢一郎政治塾塾生でもない、新進党・新生党で党員活動しなかった、改革フォーラム21の会員活動や1993年6/22羽田&小沢が自民党離党以前に自民党員として活動しなかった、笑笑) 小沢党首の秘書だった自由党東京9区支部長(=衆院候補)・川島智太郎秘書。03年33歳で区議選出馬し落選~民由合併で自身と同じ小沢自由党出身の民主党新人・鈴木盛夫選挙スタッフ(=杉並で石原伸晃国交相<当時>の対立候補)、衆院選後に自身は民主党と距離置き無所属で活動

 

前述川島の対立候補の(都連の幹部である伸晃を慕い08&12両年総裁選で伸晃推薦人)自民党・菅原一秀衆院議員(当時)にすり寄り自民党公認で07年区議選再度出馬し落選~数年後に自民党離党、維新の都議候補&国会議員候補を応援。 2006年夏に東大泉を拠点に翌春の区議選に自民党公認で出馬が決定した頃は、「この地域に骨を埋める覚悟」とブログに書いたが、07年37歳で二回連続落選し40代前半の2010年代前半から埼玉県所沢市を拠点に活動(笑)

 

 

支離滅裂もいいところ。

 

政治家(同志望者、周辺の人物=政党職員&国会議員事務所スタッフであっても)の言葉・発言、絶対に軽い物であってはならないハズ。 幼い頃から(後に九段高校の大先輩)極左イデオロギスト横路孝弘弁護士反面教師に祖国日本真剣に愛しヤマト民族の誇り重んじ御皇室の弥栄祈る臣民たる日本国民のあるべき姿追求し幼稚園や小学校の大先輩の石原慎太郎元運輸相以上に右翼的なタカ派の政治家目指し当時から民社党創立者・西尾末広元官房長官の信奉者の俺にとっては俺自身の座右の銘でもある首尾一貫・初志貫徹・百折不撓する事の重要性を改めて感じさせてくれた反面教師。

 

俺が2015年1月民主党代表選で消極的に支持した某候補(2017年衆院選は希望の党前職で再選し翌春の民進党との再合流=国民民主党結成には不参加で無所属→院内会派「自民党・無所属の会」→昨秋は無所属前職で再選し正式に入党し二階俊博元自民党幹事長率いる志帥会会員)も下記のツイート、全く同感、全面的に賛同!

Screenshot_20210723-114333

 

しかし、ハンカチ王子1斎藤佑樹投手が保健体育の苦手な生徒や野球経験皆無な生徒と本塁打競争やフリー打撃した場合、決して弱い者いじめに該当しえない(笑)日本学生野球協会や高野連や東京六大学野球連盟から処分受ける事は有り得ない(笑)

 

上記の荒川寛は草野球的に空手や柔道取り組んでいる(笑)

俺と公開スパーして頂きたいねぇ~。

 

荒川寛よ!公開スパーしようぜ!

するか、否かは貴様の自由!

俺は決して強要してらんぞ(笑)

 

現在の横須賀市長は上地克明元市議~松坂投手と98年夏の甲子園&神奈川国体両大会決勝で対戦37吉見太一捕手より27年早く25歳誕生日前後のドラフト会議パ&イ両L加盟球団三位指名オレ流・落合博満初代GMに代表される学年

上地元市議の長男は(松坂投手の横浜高校一年先輩で1997年夏の甲子園出場逃し秋田商・石川雅規投手未対戦)上地雄輔捕手

上地元市議の次男は(松坂世代=東北のバンビ21岩隈久志投手より二日遅れで出生の横須賀&三浦=衆院神奈川11区選出の将来の首相候補・小泉進次郎元自民党青年局長の関東学院六浦高野球部一年先輩)上地亮輔さん

 

俺の養父の(90年代後半は新進党神奈川県連事務局長代理だった)大場伊三郎は上地元市議と同じ1954年生だが一学年下。

オレ流監督の一歳下の盟友=参謀として支えた当時の80森繁和ヘッドコーチ(後に監督代行~監督経て19年オフにSD退任)に代表される学年

 

上地元市議は63歳の2017年6/25日曜に進次郎元青年局長をはじめとする自民党横須賀市連・公明党県議&市議団・(当時の民進党の党籍有した民社協会幹部)地元市議経験者たる現職県議&無所属ながら日産労連組織内候補として前々年初出馬初当選の高橋英昭市議の全力投球、連合神奈川支援で市長選初出馬し現職破り勝利。同日当時36歳の俺はタイ国ランシット地区でプロ二戦目で4R引分

 

前述の俺が県選管事務局訪問の前日の日曜6/27、現在67歳=再来年1/29が古稀・生誕70周年の上地元市議は極左暴力集団・日本共産党推薦&社民党支援の女性新人候補の挑戦を大差で退け市長再選

 

落合世代の日本人男性、自民党公認候補が常勝の衆院小選挙区内の自治体、地元で生まれ育ち統一地方・後半の市議選に50歳前後で初出馬から4連続当選、しかも14年前後務めた現職市議の座をなげうって現職市長挑み(2017年当時の民進党〈⇒翌2018年5/7名称変更で国民民主党〉の党籍を2020年9/11解党迄有した民社協会幹部)地元市議経験者の支援有り勝利~羽村の橋本弘山市長と共通。

※俺自身サポーター登録していた当時の民進党〈⇒翌2018年5/7名称変更で国民民主党〉の党籍を2020年9/11解党迄有した民社協会幹部たる地元市議経験者とは、

(神奈川民社協会横須賀支部代表)大村博信&(東京民社協会副会長)馳平耕三両氏。

 

 

俺は今から11年3ヶ月後の2033年3/25(金)ボクサー現役引退表明(同月中にタイ国ランシット地区でラストファイト・最終公式戦出場)年男・干支36歳の誕生日三ヶ月弱経過の2016年9/25アマチュア選手活動終了&プロ転向表明(60日後11/24同地区で四回戦2RKOデビュー)から16年半、松坂世代52歳の誕生日から九か月弱経過。

それと同時に三ヶ月後に上地元市議に挑戦=多選・高齢批判&同性婚絶対反対→パートナーシップ制度廃止を大義名分に出馬意向を表明する所存。

 

しかも、上地元市議は早大商学部卒業し長年に渡り親中派・護憲派・リベラルな田川元自治相の秘書や系列県議候補。

 

進次郎元青年局長の実父の純一郎元首相とは干支は同じ=県立横須賀高校の12年後輩で政敵・ライバルだった。思想・信条も、価値観も俺とは大きく異なる。

俺は同性婚大反対だが、横須賀市は2019年4/1県内自治体で初めてパートナーシップ制度を創設。

Screenshot_20220114-040557Screenshot_20220114-040118

 

2033年3/25(金)は、落合世代79歳の橋本元市議誕生日14週間後&上地元市議誕生日八週間後~2025&2029両年に市長再選と仮定し任期満了直前

 

橋本&上地両元市議とも、仮に2033年春79歳で市長在職ならば、それぞれの自治体で史上最高齢記録❗

 

横須賀の歴史上、最高齢、最長在職の市長は広島文理科大卒で高等文官試験行政課合格し内務官僚=自治官僚となった横山和夫元助役が1973年59歳誕生日三ヶ月前に初出馬初当選から5期20年、我々松坂世代が中一、進次郎元青年局長ら岩隈世代が小六の1993年7月任期満了で勇退。 

 

羽村の歴史上、最高齢、最長在職の市長は並木心元市議会議長が2001年57歳誕生日数ヶ月前に市長選初出馬初当選から5期20年<四選の2013&五選の2017両年無投票再選>、我々松坂世代が40歳の今春で橋本候補に敗北し退任。  

 

  

松坂世代41歳の俺は被選挙権得て16年半、昨秋の衆院選含め一度も立候補していない。

選挙権を行使しなかった事も皆無。

ボクサーとして目標達成した上で松坂世代49歳の2029年横須賀市長選初出馬!

   

しかし、進次郎元青年局長は初出馬初当選以来、この12年半一貫して

保守派・愛国派のネットワーク組織・議連・政策集団の日本会議&神道政治連盟両国会議員懇談会や創生日本に非加入、また拉致問題解決に尽力する政治家の証=ブルーリボンバッジ着けない時が大半で拉致問題解決に熱心に取り組んでいる訳ではない

 

2009年当時28歳の彼自身が被選挙権得て最初の衆院選で初出馬初当選して間もない時期に、最大野党の党首選出の自民党総裁選で谷垣禎一元財務相含む三名の候補中最も保守色強くタカ派・右寄りな西村康稔前外相政務官ではなく脱原発掲げる(更に日本の国防行政のトップ防衛相在職中も靖国参拝控え、安全保障最高司令官・日本国首相の靖国参拝否定・批判し女系天皇容認する輩)河野太郎支持、

政権奪還直前の2012年は五名の候補中最も保守色強くタカ派・右寄りな安倍晋三元首相ではなく一回目の投票も決選投票も東京裁判史観論者の石破茂元農水相支持

 

進次郎元青年局長が衆院議員4期目で、安倍元首相が総裁連続3期・通算4期選出される2018年総裁選でも石破茂元農水相支持。初入閣から丸一年後の一昨年秋のポスト安倍の総裁選でも仮に河野太郎防衛相(当時)出馬なら支持する意向も表明 (結果的に河野太郎防衛相不出馬で菅義偉官房長官支援)ポスト菅義偉の昨秋も、この期に及んで岸田文雄元外相含む四候補中、最も保守色強く右寄りな高市早苗元総務相不支持。河野太郎ワクチン担当相陣営に加わった。

 

進次郎元青年局長は決して右翼的なタカ派の政治家・国会議員ではない!

河野太郎の本質、名実と共に

「内閣のスポークスマンとして性犯罪国家・日本でっち上げ~媚中・北朝鮮に多大な食糧支援・売国外相、護憲『江(沢民)の傭兵』(=河野洋平)の長男」=正に「血は争えない」&「蛙の子は蛙」

その程度の事も理解していないなら、政治的見識疑う。

 

それは俺が2014年から住民票置く羽村市含む衆院東京25区選出の井上信治元環境副大臣や09年総裁選で河野太郎支持し自身の不出馬の総裁選で河野太郎を事実上の後継指名した菅義偉元首相や(松坂世代より14歳上FW11三浦知良選手代表する学年、衆院議員菅義偉・公設秘書→衆院神奈川2区内の定数1西区選出で2007年40歳で初当選)加藤元弥県議、

昨秋の総裁選で一丸となって河野太郎支持表明した自民党横須賀&三浦両市連にも言える事だが。 

 

 

毎年8/15靖国神社昇殿参拝、愛する祖国日本の為に尊い命を捧げた246万6千余りの英霊に

感謝の気持ちを込め、追悼している(現職閣僚たる昨夏・今夏も)

その点は評価したい。 

 

女子アナ滝川クリステルさんと婚約発表の丸五週間後、初出馬初当選から丸10年経過の9/11第四次安倍再改造内閣発足伴い初入閣

男性国会議員では92年12/12宮澤改造内閣における当時改革フォーラム21(=羽田&小沢派)旗揚げメンバー

当時小六12歳の松坂世代より27歳上&当時小五11歳の進次郎元青年局長ら岩隈世代より28歳上(当時日本プロ野球史上初の日本人選手として年俸三億円でドラゴンズの不動の四番ファースト)オレ流6落合博満(後の初代GM)より39歳誕生日を17日早く迎えて20日後の船田元元文部政務次官だったが、記録更新

最年少38歳誕生日から150日後にして初入閣 環境相(原子力防災担当相)を拝命し、就任後の記者会見で「どうやったら(原発を)残せるかではなく、どうやったらなくせるかを考えたい」と語った。純一郎元首相が反原発運動の先頭に立っているのに対して、今まで進次郎氏は慎重に言葉を選んでいたが、「原発ゼロ」に舵を切ったわけだ。 

俺は無論、民社党創立者・西尾元長官の信奉者たる極右政治家として原発推進。

 

 

菅義偉内閣発足で二度目の入閣=環境相留任で12/4閣議後記者会見で、自民党内で選択的夫婦別姓を巡る議論が活発化していることを受け、「別姓でなければならないという制度だったら反対だが、選択ができるようになるのであれば反対する理由は何もない」と述べた。 

一部では別姓導入により家族の絆が崩れることを懸念する声が出ていることについては「(そういう人は別姓を)選ばなければいい。選択とはそういうこと。選択が可能な社会をつくることは非常に大事なことだと思う」と話し、制度導入に前向きな姿勢を強調した。

現職閣僚だった昨年3月に自民党有志が結成した(岸田文雄首相も首相就任以前に呼びかけ人)「選択的夫婦別氏制度を早期に実現する議員連盟」に参加し、同連盟の顧問に就任

 

俺は無論、民社党創立者・西尾元長官の信奉者たる極右政治家として愛する祖国日本の伝統崩壊させる国家解体法案ともいうべき家族の絆を破壊する夫婦別姓は絶対反対。

 

彼は将来の首相候補である事は誰の目にも明らか、間違いない。

だからこそ、俺とは思想・信条、価値観も異なり争点が有り挑戦する価値や意義。

 

 

日本全国に衆院小選挙区は1994年政治改革で導入当初300~幾度か区割り変更や削減経て2013年に295~17年以降現在に至るまで289

00年4月小沢自由党連立離脱&保守党結成→自公保連立政権<改革クラブ閣外協力>発足→6/2神の国解散→衆院選・自公共闘がスタートして保守党は惨敗で獲得議席7<=全員比例重複せず自民党が対立立てず協力得て、96年新進党前職で小選挙区勝利と同じ区で出馬した候補者>&改革クラブは比例区不戦敗で公認候補たる前職4人が全員落選<=96年新進党公認で小選挙区勝利と同じ区で出馬し自民党に対立候補立てられ>政党要件喪失→00年民主党公認で議席を得た5名(96年新進党公認の小選挙区候補4名と96年不出馬ながら89年民社党参院比例候補で新進党時代は民社協会通じて支援した山谷えり子含む)熊谷弘Gが野党・民主党集団離脱し与党・保守党合流し02年12月保守新党結成→03年9/26民由合併10/10マニフェスト解散→衆院選で保守新党は比例区は不戦敗で獲得議席4<=全員自民党が候補者立てず協力得て、96年新進党前職&00年保守党前職で同じ区で出馬した候補者>で自民党と吸収合併→

(新進党副党首~衆院副議長で国旗国歌法案賛成し外国人参政権反対<00&03両年野党・民主&小沢自由両党及び与党・公明&保守両党からも推薦で伊東正義事務所で故・斎藤文昭元県議と同僚だった自民党新人・山内日出夫前会津若松市長に圧勝>)「無所属の会」代表・渡部恒三が04年参院選直前に所属国会議員の離党・議員辞職・落選・不出馬が続出で政党要件喪失が確実になり解党を決断し自身は会派「民主党・無所属クラブ」(郵政解散数日後に入党&公認決定)

衆院小選挙区制導入に伴い結党の新進党が結党から丸3年で分党され、更に分党で誕生した政党の全てが政権与党・自公両党or連合を支持母体にした最大野党・民主党に合流し新進党結党&衆院小選挙区区割り法案施行の丸十年後に新進党の残像が完全に消去されて以降

 

政権与党<12年は政権奪還直前の野党>自公両党が公認・推薦・支持する候補より、政党要件満たす野党<12年は第一次『野田佳彦』第三次改造内閣時代の政権運営する与党・民主&国民新両党>が公認・推薦・支持し連合が支援する非自民候補の方が右翼的やタカ派の場合も稀少価値やレアケースで存在※統一補選では皆無

17年は栃木1区・神奈川6区・愛知11区・兵庫2区・愛媛4区・沖縄1区のみ

連合兵庫の支援受ける(西村真悟元防衛政務次官の秘書や北区選出神戸市議を経験)外国人参政権反対を明言09年新人向山好一が、(当時の西村真悟元防衛政務次官属す改革クラブの推薦受ける)公明党前職・赤羽一嘉元財務副大臣破り12年元職&14年前職赤羽は前職→元職向山に比例復活も許さない完勝→向山は2015年統一地方・前半で北区選出県議転身、昨秋立憲公認&向山代表の国民県連支持の外国人参政権反対(12年みんなの党新人で神奈川18区で17年民進党離党し希望の党の公認得られず無所属新人で同区で出馬し向山県議が次期代表の民進党県連の支援受けたが完敗)舩山治郎

昨秋は豊田と宇和島と那覇で連合支援候補皆無

全トヨタ労連組織内候補&民社協会幹部・古本伸一郎元財務相政務官は昨秋衆院選時点で56歳の若さで健康状態良好でスキャンダル皆無だが不出馬(2003年与党・自公両党は不戦敗で初出馬以来6連続小選挙区勝利、05年新人土井真樹が初出馬で小泉フィーバーの恩恵で比例復活し谷垣禎一率いる宏池会加入し09年前職対決で古本完勝。15年石破茂を領袖とする水月会旗揚げ参加し昨秋総裁選・河野太郎支持<古本より17歳上>八木哲也元市議会議長が12年新人で以降は前職で比例復活)

連合愛媛は桜内文城が17年希望の党元職なり支援も09年無所属&12年維新公認(両年みんなの党推薦)新人14年次世代の党前職時代は支援せず民主党や維新の党の公認候補支援、谷垣禎一側近の宇和島選出県議経験者たる前職・山本公一に四連敗で比例復活ならず。桜内は一昨年暮れ「無所属でも戦い自民党所属の国会議員を目指す」と述べ、次期衆院選で自民党の公認が得られない場合でも無所属元職で同区から立候補する意向を正式に表明した、山本公一は不出馬・勇退。

 連合沖縄は05年直前に自民党離党し民主党推薦・社民党支援、政党要件未満の社大党支持受けた元職・下地幹郎を支援、公明党前職・白保台一元沖縄開発庁政務次官や『志位和夫』委員長率いる極左暴力集団たる日本共産党前職・赤嶺政賢を凌駕し国政復帰、09&12両年国民新党前職14年維新の党元職、17年維新前職&希望の党推薦でも支援し那覇選出県議経験者09&12両年新人で以降は前職・國場幸之助と激突したが一昨年維新除名され自民党復党志向の為疎遠に

連合神奈川は12年(外国人参政権反対掲げる)みんなの党新人14年維新の党前職の青柳陽一郎ではなく民主党公認の12年前職・池田元久14年元職三村和也を支援も青柳陽一郎自身が17年立憲前職となって初めて支援で比例重複しない公明党前職・上田勇元法務政務次官破る。公明党は参院比例→比例九州B単独選出の遠山清彦元財務副大臣擁立を発表したが不祥事で議員辞職&不出馬、昨秋は自民党新人に惜敗

 連合栃木は14年維新の党前職→一年半後に民進党合流→17年希望の党元職の外国人参政権反対の柏倉祐司を支援も自民党・平成研前職で外国人参政権実現を主張の船田元に比例復活も出来ない完敗※柏倉は維新移籍し昨秋前職船田、立憲公認&連合栃木推薦、極左暴力集団・日本共産党の両新人と4候補で争った

(横須賀&三浦=神奈川11区で出馬した横須賀市長or神奈川県議経験者は皆無。05年純一郎首相に<1987&1991両年横浜市会南選挙区で日本社会党公認&自治労組織内候補として当選し1995年参院神奈川選挙区初当選→1997年1月社民党離党&旧民主党移籍→2001年民主党現職で再選>国旗国歌法案反対し外国人参政権実現尽力の斎藤勁が連合神奈川の支援も受けて挑戦したが純一郎首相は全国最多19万7千票に対し5万票の大惨敗で比例復活も遠く及ばず鞍替え失敗。自民党が最大野党だった12年含め進次郎元青年局長より、政党要件満たす党派が公認・推薦・支持し連合神奈川が支援する候補の方が右翼的でタカ派だった事は皆無

昨秋も同区の立候補者は14年同様、進次郎元青年局長以外は極左暴力集団・日本共産党新人のみ、純一郎&進次郎父子は初出馬以来一貫し公明党推薦受けず重複立候補もしない。

住民票05年斎藤勁=出身地の横浜市南区、09年<愛知県岡崎市出身>横粂勝仁=3か月以上前から横須賀、12年<横浜市港北区出身>林公太郎=東京都台東区、17年<大阪府寝屋川市出身で大阪12区自由党新人として出馬準備も解散後に希望の党の都合で選挙区変更も連合神奈川の支援得られず供託金没収、本名・宇都宮優子>真白リョウ=東京都港区)

  

VS(軽武装・経済重視)宏池会※前述の豊田の古本VS土井、那覇の下地VS國場、宇和島の桜内VS<12年総裁選直後=衆院解散数日前に谷垣Gとして集団離脱し有隣会旗揚げ>山本以外

 09年前職対決(日本会議国会議員懇談会加入し外国人参政権・夫婦別姓・朝鮮学校無償化反対、後に自民党移籍し志帥会加入)新潟2区鷲尾英一郎が近藤基彦破る(05年新人鷲尾が初出馬で比例復活、17年民進党離党→希望の党不参加で民進党新潟県連や連合新潟の支援受け無所属ながら清和研<12年新人で初出馬初当選>細田健一との前職対決で12&14両年の雪辱果たし首班指名で自身に投票) 

 

VS(<中共政府に多額のODA提供のキッカケ作った>田中角栄&<北朝鮮に戦後45年の償いの約束>金丸信両元被告の流れ汲み、野中広務元容疑者が副会長兼事務総長務めた)平成研※前述の栃木1区の柏倉VS船田以外で

03&05両年前職の連合大阪法律顧問や1992年参院大阪・連合候補でもあった西村真悟元防衛政務次官が大阪17区で(『橋本龍太郎』が会長在任前後で03年総裁選で『藤井孝男』推薦人)岡下信子と激突(00年『小沢一郎』党首率いる自由党が自公両党との連立政権離脱し保守党と分裂直後の衆院選で連合大阪は17区で前職・西村真悟元防衛政務次官ではなく『鳩山由紀夫』秘書だった民主党新人・尾立源幸を推薦し新人岡下が勝利~03年9月民由合併で尾立は衆院選不出馬で西村真吾元防衛政務次官が前職対決制す→翌夏の参院選<前述の西村真悟元防衛政務次官の初出馬から二期12年経過し>民主党新人・連合大阪推薦で出馬しトップ当選→元職岡下が小泉フィーバーの恩恵で僅差で雪辱)

 

比例復活の西村真悟元防衛政務次官は衆院選の数か月後に民主党離党し翌年首班指名で『安倍晋三』支持~自公連立政権・『麻生太郎』内閣に閣外協力(与党に準じた)改革クラブ入党<『舛添要一』前厚労相加入し党首就任し新党改革に名称変更時に離党>~たちあがれ日本=太陽の党~『石原慎太郎』前都知事が代表の日本維新の会~太陽の党経て14年『平沼赳夫』元通産相が党首たる(与党でも野党でもない「ゆ党」)次世代の党公認の前職

中選挙区時代の地盤であった大阪16区に国替え・選挙区変更し

同じ旧司法試験合格者&司法修習修了し90年代当時同じ大阪弁護士会所属(創価高校サッカー部~創価大学法学部一期生で創価大初の合格者=俺の養父の二年先輩)、

同じく新進党結党大会に現職国会議員として参加~1996年小選挙区勝利で再選~1997年12/31分党迄在籍

郵政国会・郵政解散・郵政選挙・民営化法案成立の時点で小泉政権の現職閣僚(=国交相)だった自民党堺市総支部支援し結果的に首班で『安倍晋三』支持の前職・北側一雄公明党副代表に中選挙区時代の1993年7月以来21年半ぶり激突し完敗(無論、連合大阪は民主党元職・09年辻恵&14年森山浩行両候補推薦)

 

静岡6区で05&09両年前職対決、渡辺周VS倉田雅年

 

VS清和研(07&08両年総裁選で<当時為公会会長ながら清和研の多数の国会議員の支援受ける>日本会議国会議員懇談会・麻生太郎前会長出馬していながら福田康夫&小池百合子支援)

埼玉4区で03年新人対決、05&09両年前職対決、(法大法律学科の大先輩・上田清司知事から地盤継承)神風英男が東大法学部在学中1968年22歳で旧司法試験合格~自治官僚~弁護士(拉致問題解決に必ずしも熱心ではない&夫婦別姓導入に取り組む)早川忠孝

 大阪14区で03年05年09年の三度に渡り新人(後に自民党移籍し清和研&創生日本加入)長尾敬が、前職(1989年から一期六年日本社会党参院議員~創生日本非加入)谷畑孝と激突

  

VS無派閥の(05年落下傘の新人で初出馬で小泉フィーバーの恩恵で比例復活)小泉チルドレン

05年のみ神奈川9区、前職笠浩史VS(笠と同じ福岡県出身で高津区選出県議経験者・小川栄一からも支援受ける)山内康一

上記の05年に続き09年前職対決、千葉4区で野田佳彦が(船橋選出県議・西尾憲一からも支援受ける)藤田幹雄、愛知4区で牧義夫が(熱田区選出市議・工藤彰三からも支援受ける)藤野真紀子に比例復活許さない完勝 

 

 

 

05年郵政選挙、全国から注目され日本中の熱い視線を浴びた広島6区、国家基本問題同志会座長で自民党政調会長経験者で郵政民営化実現阻止に最後まで奮闘し離党し78歳『綿貫民輔』元衆院議長を党首に少数野党・国民新党結成参加の庄原市内で出生した前職・亀井静香元運輸相に、国賊の(『小泉純一郎』首相<当時>の聖域なき構造改革の目玉・郵政民営化に全力投球の自民党が送り込み全面的に支援した刺客、「比例は公明党に」と連呼)落下傘の住民票・東京都港区のTV出演で知名度抜群の無所属新人・堀江貴文が挑戦

無論、連合広島は(亀井の中選挙区時代のライバル自民党・竹下派→羽田&小沢派→新生党の各結成メンバー佐藤守良が最後に入閣した羽田内閣で国務相秘書官として仕え96年守良逝去で新進党新人→00年小沢自由党新人で比例復活~民由合併)尾道市内で出生の民主党前職・佐藤公治推薦

※堀江は善戦及ばす惜敗~同時点から証取法に違反する行為に手を染め翌年早々に通常逮捕~起訴~実刑判決で服役。韓国大統領盧武鉉の反日テロ国家・北朝鮮に融和的な太陽政策賛同・「憲法が『天皇は日本の象徴である』というところから始まるのには違和感がある。歴代の首相や内閣が(象徴天皇制を)何も変えようとしないのは多分、右翼の人たちが怖いから」「靖国参拝になぜあれほどこだわっているのかわからない。自分には(靖国への)思い入れはないし、よくわからない。悲しむ人がいるなら参拝する必要はない」「竹島領土はどっちのもの?って、どっちでもえーやろ」「尖閣諸島を中国にあげちゃえば」などと軽率な発言や妄言や愚論を繰り返す

※佐藤は上記で比例復活も出来ず落選し翌々年参院議員転身し亀井は09年民主党推薦で連合広島の支援も受け三原&世羅選出県議経験者の自民党新人・小島敏文に完勝し『鳩山由紀夫』内閣で入閣。亀井自身も天皇特例会見で鳩山&小沢の暴挙を擁護し更に朝鮮学校無償化賛成(小島も12年新人&14年前職で比例復活、亀井は連合広島の支援受けなくとも再選)。亀井&佐藤は協力関係なり、前回解散で亀井81歳誕生日直前で不出馬で23歳若い佐藤が事実上の後継者となり(外国人への地方参政権の付与に反対する「政策協定書」への署名を義務付けられた)希望の党の元職として勝利~国民民主党合流せず無所属→立憲

 

 

俺は無論、民社党創立者・西尾元長官の信奉者たる極右政治家として

六産別(電力総連・自動車総連・電機連合・UAゼンセン・基幹労連・JAM)からも支援受ける民社党の四半世紀ぶりの復活版の新・国民民主党神奈川県連&神奈川民社協会で地道に活動し

仮に横須賀市長として実績作れたならば、右翼的なタカ派の新人候補として

出生から幼小中は小樽、高校・大検・法大18歳入学は千代田区、成人式は文京区、

住民票・東京都羽村市&本籍地・横浜市西区で、横須賀&三浦=衆院神奈川11区殴り込み進次郎元青年局長に挑戦する所存!

反共・愛国・現実路線・拉致被害者奪還・国防強化&原発維持の必要性・外国人参政権&夫婦別姓の危険性を

主権者たる日本国民の皆様に熱く訴えます。

 

 

該当年度のみ、チーム・バカボン横浜西は、神奈川11区の衆院議員候補等の県選管届出資金管理団体=国会議員関係政治団体なります。

 

公明党の創立者が池田大作SGI会長であるように、俺が党員たる昨年9/15設立の新・国民民主党は民社党の四半世紀ぶり復活版なのだから、西尾元長官を源流・ご先祖様に位置付けるべきだ!

そして、かつての民社党に塚本三郎委員長や西村真悟元防衛政務次官や栗栖弘臣元幕僚長や松下正寿元立教大学総長が在籍したように

新・国民民主党も極右政治家たる国会議員候補を抱えるべきだ!俺が仮に横須賀市長として実績作れたら、その先駆けになりたい。

 

 

俺は七年前の2014年から住民票を衆院東京25区内や都議会西多摩選挙区内の東京都羽村市に置いている。 

羽村は我々松坂世代が小五の1991年11/1市制施行から昨秋30周年。 

 

また一昨年9/15の設立大会直後から俺自身もサポーター登録し応援してきた六産別(電力総連・自動車総連・電機連合・UAゼンセン・基幹労連・JAM)からも支援受ける新・国民民主党。西尾元長官が尽力し初代委員長として1960年1/24九段会館で結成した民社党の当時中2の俺自身も参加した1994年12/9日本青年館で解党大会<衆院選挙制度が小選挙区比例代表並立制導入された事に伴う新進党結党大会前日>以来四半世紀ぶりの復活版。俺の本籍地・資金管理団体所在地・個人事業者事業所は俺の法大法学部同窓の日本国首相経験者・菅義偉先輩が1987年政令指定都市市会新人候補時代から強固な地盤誇る神奈川県横浜市西区だが、昨年2/22ようやく神奈川県連が設立、県選管に届出。

 

国民民主党神奈川県連の執行部の三名は、いずれも民社協会推薦候補たる現職として2019年4月の統一地方・前半で再選

国民民主党の全国の都道府県連でも、とりわけ民社党県連の復活版の色が濃い。 

 

民社党神奈川県連~継承政治団体・神奈川民社協会(松坂世代の俺は中二だった1994年12/18海員会館での県連臨時総会=解散式&協会設立総会参加)は、俺の養父・大場伊三郎が職員だった公明党神奈川県本部と長らく友好関係。90年代の一時期は共に新進党を構成していた。新進党分党の半年後の98年参院選の神奈川選挙区では、1996年新進党新人として衆院選落選した民主党新人・浅尾慶一郎候補を、神奈川民社協会も公明神奈川県本部も(同時点で大場伊三郎がスタッフだった)新党平和や(数か月後に新党平和解党で大場伊三郎が再就職する)改革クラブも全面的支援。

その際は、日本新党~新進党~フロム・ファイブ~会派・民友連(そのうちの三党で民政党結成)→民主党の当時現職・円より子候補は(突然国会議員辞職した細川護熙元首相の尽力で)最大野党・民主党拘束式名簿3位で再選。

民社党解党で全国47都道府県連解散→47の都道府県民社協会設立(現在は半数近くが消滅)直後の1995年統一地方・前半(及び同年夏の参院選・地方区、翌秋の衆院選・都道府県内全ての小選挙区に公認候補擁立)で新進党都道府県連と一体となり(更に公明都道府県本部と共闘し)知事選、指定都市長選、道府県議選&政令指定都市議選戦った所は、神奈川<1997年12/31分党前後の市長選でも新進党流れ汲む勢力が一致団結の横浜&川崎>&大阪<かつて西尾元長官が選出された地域、統一地方の八か月後=年末に市長選>のみ。 

 

 

俺が義務教育修了&九段高校入学から間もなく中退した数ヶ月後の1996年9/28日教組の本拠地・日本教育会館で結党大会開催された鳩山兄弟・韓直人厚相・横路弁護士の代理で反日デモ後に参加の岡崎トミ子が呼び掛け人の「市民が主役の(旧)民主党」が法律上は同一組織で、新進党分党に伴い数ヶ月間新党友愛(会派「民主友愛太陽国民連合」)1998年4/27民主党<2003年9/26小沢自由党吸収合併⇒2009年9月政権交代実現>~(2011年韓内閣不信任案賛成し離党した松木謙公元農水相政務官、11年&<政権失う直前>12年9月代表選で『野田佳彦』推薦人名簿に名を連ねず衆院選で日本維新の会or日本未来の党前職で出馬した松野頼久元官房副長官・牧義夫元厚労副大臣・今井雅人・太田和美・石関貴史・初鹿明博・木内孝胤、13年参院神奈川・維新現職で落選し14年衆院初当選した水戸将史、10年参院選・みんなの党新人&12年衆院選・維新新人当選した小熊慎司含む)<10年参院選12年衆院選13年参院選みんなの党公認で当選→13年結いの党結成の江田憲司・井出庸生・川田龍平・小野次郎・真山勇一・柿沢未途・井坂信彦・青柳陽一郎14年合流し15年11月おおさか維新の会と分党>維新の党合流し2016年3/27民進党~(前述の牧・今井・小熊、後述の玉木雄一郎元ネクスト防衛副大臣・古川元久元宇宙政策担当相・原口一博元総務相・岸本周平元経産相政務官・山井和則元厚労相政務官・大島敦・津村啓介・柚木道義・斉木武志・山岡達丸・城井崇・稲富修二・緑川貴士・吉良州司・階猛・岡本充功・源馬健太郎・奥野総一郎・青山大人・近藤和也・下条みつ・森田俊和・西岡秀子・浅野哲、全トヨタ労連組織内候補&民社協会幹部・古本伸一郎元財務相政務官、衆院選直後の特別国会で首班指名候補なった国旗国歌法案賛成し外国人参政権反対の民社党県議経験者<民社協会非加入>渡辺周元防衛副大臣をはじめ2017年10月衆院選直前に民進党離党し希望の党公認で議席得た面々の大半<17年希望の党前職で道2区&比例道B次点の松木>及び17年衆院選時点の民進党代表で無所属前職で再選→希望の党入党の前原誠司元外相、無所属前職で再選し会派「無所属の会」平野博文元官房長官&篠原孝元農水副大臣が再合流し)2018年5/7国民民主党と名称変更し更に令和に改元の数日前2019年4/26(前述の牧・太田・初鹿・木内を12年衆院選で前職候補として公認した小沢一郎元被告が実質的リーダー日本未来の党→生活の党が名称変更した)自由党が合流。離合集散繰り返し丸24年後の9月に名実と共に解散。特別国会で民進党&無所属の会・首班指名候補の大塚耕平元厚労副大臣は18年5/7以降は国民民主党共同代表→代表代行→新・国民民主党設立参加だけに、<立憲合流>渡辺&<無所属で立憲と統一会派>古本両衆院議員が新・国民民主党設立不参加は大変残念(更に古本伸一郎元財務相政務官は56歳の若さで、スキャンダル皆無で健康状態も良好なハズだが昨秋の衆院選不出馬、涙)17年衆院選直後の特別国会・参院本会議での首班指名で大塚耕平元厚労副大臣を支持した民進党参院議員の一人で三年後=一昨年秋の国民民主党解党まで在籍した基幹労連・政治顧問の柳田稔元拉致問題担当相、94年12/9民社党解党&12/10新進党結党両大会参加(当時40歳、俺は中二14歳)した当時所属国会議員で2020年代初頭も国会議員在職する唯一の人物だったが民社党の復活版たる新・国民民主党設立大会に不参加で統一会派=現時点でも入党せず無所属、今夏は不出馬・勇退(涙)



俺自身は今まで中学卒業&九段高校入学早々中退の丸一か月後16歳の誕生日1996年6/30に後の養父・大場伊三郎が事務局長代理たる<俺自身も中二の終わり14歳で1995年2/27設立大会参加>新進党神奈川県連の党友なり(17歳の誕生日1997年6/30更新し半年後1997年12/31分党)、義務教育修了3年目18歳の誕生日の三か月半後1998年10/16民主党神奈川県連結成大会参加し党員なり法政大学入学後の19歳の誕生日1999年6/30更新→法的に10代最後の日2000年6/28離党、20歳以降は民主党・民進党・国民民主党(法律論としては名称変更しただけで<新進党に対抗し、新進党都連会長だった鳩山邦夫元文相も新進党離党し呼びかけ人となり>1996年9月「市民が主役の(旧)民主党」設立から同一組織)サポーターだったが、一昨年から党員となった、入党(あるいは復党)その数か月後に解党し新・国民民主党が一昨年9/15設立で民社協会会長の小林正夫元厚労相政務官の総支部・事務所通じサポーター登録し代表選で投票、昨年正月から東京民社協会&友愛協会会長の川合孝典参院議員の事務所・総支部通じサポーター登録した矢先だった。

 

16年民進党代表選で『玉木雄一郎』ネクスト防衛副大臣<当時>が出馬以来、彼が代表選出馬の度に俺が消極的支持した理由は、憲法改正に意欲的・外国人参政権反対・女系天皇反対・原発ゼロ政策から距離置く事を表明しているから。

ただし、初当選直後の09年12月小沢大訪中団の一員として朝貢外交した事は猛烈に非難や批判する!

 

20210727155424221_Screenshot_20210727-045231-380x675Screenshot_20210910-023222Screenshot_20210910-023451

 

1969年5/1生=松坂投手より11年早く高三で日本プロ野球ドラフト会議指名された27吉永幸一郎捕手と同じ、18伊良部秀輝投手より四日早く出生

つまり16年当時は47歳の若さ、同代表選制した二重国籍で「赤いパスポートになるのがイヤだった」「自分の中のアイデンティティーは『日本』とは違うと感じる」と中国への思慕が強く、93年にニュース番組のメインキャスターに起用されると「在日の中国国籍のものとしてアジアの視点にこだわりたい」発言の<現在は容共左派&売国勢力の立憲民主党代表代行>蓮舫元行政刷新担当相より二歳下で

次点だった国旗国歌法案反対し外国人参政権賛成の<現在は新・国民民主党代表代行>前原誠司元外相より七歳下。

 

一日も早く全国47都道府県に設立完了が望まれる。 https://kokumin-kng.org/ 俺は神奈川県連に改めて党員登録!更に神奈川民社協会横須賀支部にも入会。

 

 

 

俺が敬愛やまない西尾元長官は、労働運動の大家、戦後間もない時期に日本社会党の初代書記長~社会党右派のリーダー

しかし、バカ左翼との党内での思想闘争、更に岸信介首相(当時)の大目標・安保改正に協力惜しまず、集団離党し前述の民社党結党

反共・愛国・現実路線、「日米同盟基軸、自民党より右な」外交・安保政策、拉致問題が見向きもされなかった時期から積極的に取り組んだ。

だからこそ、警察官僚(横浜市警察部長~神奈川県警察交通部長~内閣官房出向~愛媛県警本部長経験した法学者・魚谷増男先生)も新人候補にリクルート 

日本消防協会に天下り経て民社党神奈川県連副委員長就任され1986年参院選・当時定数2地方区次点。

 

 

その民社党神奈川県連の継承政治団体・神奈川民社協会横須賀支部や 

四半世紀ぶり復活版の新・国民民主党神奈川県連に加入して政治活動&選挙運動取り組める事は心底誇り。

 

民社協会の重鎮で神奈川のリーダーである戸塚区選出県議でもあった東海大柔道部OB田中慶秋元拉致問題担当相は一昨日1/4逝去、来月お誕生日で年男84歳迎えられるハズだった。

謹んでお悔やみ申し上げます。御愁傷様でした。ご冥福お祈り致します、合掌。

現在の戸塚区選出県議で昨年2/22新・国民民主党神奈川県連設立記者会見も参加した曽我部久美子副代表は義妹。

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

Profile

大場綜(おおばそう)

大場綜(おおばそう)
URL:http://www.sohk1980.net
身長・体重:172cm・60kg
生年月日:1980年6月30日
血液型:A型
所属事務所:チーム・バカボン横浜西

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

Calendar

2022年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

Archives

Category

Recent Entry最近の記事はこちら