高羽そらさんインタビュー

悪のアウトソーシング

昨晩の天気予報で、ちょっと嬉しい言葉を聞きました。猛暑のピークがひとまず過ぎ去った、と。

 

だから期待満々で外出しました。うん、うん、確かに異様な蒸し暑さがありません。天気が安定しているので日差しは相変わらず厳しいですが、木陰に入ると風が爽やかです。湿度が低いだけで、これだけ過ごしやすいのですね。

 

IMG_3007

 

 

そんな木陰で休んでいる蝉を発見。外出する度に、蝉の声の勢力図が変化しているのを感じます。ここ数日、一気にツクツクボウシが幅をきかせてきました。

 

IMG_3009

 

 

この美しい蝶も、どこかで秋を感じているのでしょう。

 

お盆を控えて、神戸大学はオープンキャンパスの真っ最中。臨時バスが出るほどの状況ですから、買い物帰りのバスは大変です。若い世代の人口は確実に減少しているわけですから、大学は学生誘致に苦労しているのでしょうね。最近は大学の文系廃止論が出ているぐらいですから、どこの大学も生き残りに必死だと思います。明日でオープンキャンパスも終了ですから、次に外出するときはゆったりとバスに乗れそうです。

 

今のところ風が心地いいので、このままだと今夜はぐっすり眠れそうです。マドンナの曲を聴きながら風に揺れるカーテンを見てブログを書いていますが、何だかとてもいい雰囲気です。さて、先ほど読了した本です。

 

IMG_3010

 

 

『残り全部バケーション』伊坂幸太郎 著という本です。

 

久しぶりに伊坂さんらしい、軽快な会話文を楽しめる小説でした。可笑しくて何度吹き出したことか。面白すぎです。

 

いろいろな雑誌等で発表された4つの作品を一冊の本にまとめ、5つ目に書き下ろしを付け加えた著作です。短編集のような構成になっていますが、共通して登場する人物があります。だからひとつの物語として読むこともできます。

 

その共通して登場する人物が、溝口と岡田という二人です。伊坂さんの作品には、殺し屋等の裏稼業をする人物がよく登場します。この二人も、ある人物から仕事を依頼されたら、どんなことでも引き受けます。当たり屋、恐喝、誘拐等、人殺し以外は何でもこなします。つまり悪の外注業のようなもので、悪のアウトソーシングと言っていいでしょう。

 

とても優秀な二人ですが、部下の岡田が仕事を辞めたいと言い出します。そこでデタラメな電話番号にショートメールを送って、友達になってほしいとメールするように、溝口は言います。それで友達ができたら、仕事を辞めてもいいとのこと。そのあたりの、はちゃめちゃな会話に大笑いします。そして実際に友達ができますから、さらに笑っちゃいます。それもその友達は、離散寸前の家族です。

 

途中でその岡田はボスに殺されたという設定になります。そして溝口はその復讐を決意します。一見シリアスな展開なのですが、ついつい笑ってしまうストーリなのです。その二人の記憶からは消えていますが、岡田が小学生で溝口が青年だった頃、不思議な接点があったという物語も挿入されています。

 

全く別々に書かれた小説なのに、よくこれだけ一貫してブレない構成にできるなぁ、と感心して読んでいました。思いつきで書かれたような出来事が、他の小説の伏線になっていたりします。こういった緻密さを常に維持できることが、伊坂作品の面白さの原点なのかもしれませんね。

 

「残り全部バケーション」というのは岡田のセリフです。自分の残りの人生を楽しんじゃおう、という達観した思いですね。一種の悟りの境地のようなものを感じさせてもらえる、とても愉快な物語でした。

 

『夢で会える 体外離脱入門』は在庫僅少ですので、お求めの方はハート出版さんや書店に問い合わせてください。Amazonでの注文はこちらです。

 

『ゼロの物語』3部作は電子書籍のみの販売となりますので、こちらのホームページから販売サイトに行ってくださいね。

 

 『STORY OF ZERO   BOOK Ⅰ 〜ENCOUNTER〜』は全世界のAmazonで配信中です。日本のAmazonはこちらです。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2015年8月
« 7月   9月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/