高羽そらさんインタビュー

直感はメモすることで具現化する

いよいよ桜が満開に近づいてきたようです。神戸は少し出足が遅かったので、木によってはまだ五分咲き程度。でも早めに咲き出した木は、満開近くになってきました。

 

IMG_0089

 

 

散歩中に出会った桜です。あいにくの天気だったので、ちょっぴり空が暗いので残念。私が住んでいる神戸市の灘区では、明日が「桜まつり」です。天気も良さそうなので、まずまずのお花見日和になるでしょう。

 

私は来週がメインになりそうです。歩いて行ける範囲だけでも、いくつか桜の名所があります。我が家の場合、お花見といえば宴会よりも歩くことのほうがメインですね。それでも何度かはお弁当を用意して行くことになると思います。

 

今日から新年度です。わが町の神戸六甲は、大学が多いところです。代表的なのは神戸大学です。そしてお嬢様学校で有名な女子大もあります。今日はどうやらその女子大の入学式だったようで、スーツ姿の若い女性とその母親らしき二人連れを、駅前で多く見かけました。その時間帯はかなりの雨が降っていましたから、気の毒なくらいでした。天気ばかりは、どうしようもないですね。

 

さて、春になると散歩が楽しくなります。ぽかぽか陽気のなか、美しい花を見ているだけで幸せな気分になります。そうしてリラックスして歩いている時に、ふと直感を受け取ることがあります。考えていることの答えだったり、小説の題材だったり。

 

そんな時大切なのは、ぼんやりしていないですぐにメモを取ることです。あとで記録すればいいや、と思うのは大間違い。たいていはすぐに忘れてしまいます。その瞬間に感じたことは、その瞬間に捕まえておかなければいけません。後からはどうしようもないのです。

 

これは夢の記録でも同じです。先日も私は小説の題材を夢で見ました。その夢を見て目が覚めた直後に、メモを取っています。それが真夜中であろうと関係ありません。朝起きてからでいいや、と思って放置すると、ほぼ完璧に忘れます。私はそれで何度も悔しい思いをしていますから。

 

以前はノートとペンを枕元に置いていました。別に詳細にメモする必要はありません。何か単語を書いておくだけで、それを手がかりにして思い出すことができます。しかし何もないとどうしようもありません。

 

最近はスマートフォンという便利なものがあります。それまでは暗がりで寝ぼけながら字を書いて、起きてから判読不能なことがありました。でもスマホをのメモ機能を使えばきちんと記録できます。私のスマホのメモは、そうした夢の記録でいっぱいになっています。

 

散歩している時にもスマホだったら便利ですね。ノートとペンを持ち歩くよりも、ポケットにスマホが1台あるだけで十分。何かひらめいたら、すぐにメモを取るようにしています。テレビを見ている時でも、スマホを手元に置いています。そうしてテレビを見ながら記録した珍しい横文字の名前を、小説の登場人物に使ったりしています。

 

面白そうな話題や、本のタイトルをメモしておいて、後からチェックすることもあります。とにかくスマホが普及したことで、メモを取ることが便利になりました。

 

直感というのは受け取っただけでは意味がありません。それを実際に使ってこそ、価値があるものです。そのためにはメモすることが必要です。メモを実際に読んで意識に注目させることで、その直感を具現化させることができます。たかがメモ、されどメモ。手間を惜しんではいけませんね。

 

『夢で会える 体外離脱入門』は在庫僅少ですので、お求めの方はハート出版さんや書店に問い合わせてください。Amazonでの注文はこちらです。

 

『ゼロの物語』3部作は電子書籍のみの販売となりますので、こちらのホームページから販売サイトに行ってくださいね。

 

 『STORY OF ZERO   BOOK Ⅰ 〜ENCOUNTER〜』は全世界のAmazonで配信中です。日本のAmazonはこちらです。 

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2016年4月
« 3月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/