高羽そらさんインタビュー

あぁ、晩春になっちゃうよ

何、この天気!

 

今日は外出デーなのですが、朝から強い雨が降っていました。朝のブログを書いて外出しようと思っていると、午前10時半頃にニュース速報が入ってきました。神戸市に暴風・波浪警報が出たとのこと。

 

雨だけでも大変なのに、暴風ではどうしようもありません。外出は午後に回すことにして、そのまま仕事をしていました。そして昼食後、しばらくしてから雨がやんできたように感じました。このチャンスを逃しては、と妻と二人で自宅を出ました。

 

でも判断が甘かったようです。もう台風のような雨と風。近場で買い物をして帰ってきたのですが、傘をさしていても全身びしょ濡れ。傘が壊れなかっただけでもラッキーだと思えるほどの荒天でした。今気づきましたが、コウテンと入力すると、『荒天』と『好天』が出ます。正反対の意味なのに、同じ音なのですね。

 

何よりショックだったのは、2日前にはほぼ満開だった桜が散りまくっていたこと。完全に「花散らし」の雨になってしまいました。

 

IMG_3539

 

 

近所の桜の木の下は、こんな状態でした。天気が安定していれば、神戸は週末まで桜を楽しめたのに残念。気分的には晩春になってしまったように感じます。

 

晩春という言葉は、立夏の前の5月の最初あたりに使うものだそうです。でも桜が散ってしまえば、なんとなく私の気分は晩春になっています。それは、昨晩にこの映画を観たせいかもしれません。

 

139226049621998936226

 

 

『晩春』という昭和24年に公開された映画です。原節子さんが主演で、監督は小津安二郎さんです。

 

いくつか小津作品を観ていますが、私が最も気に入った作品になりました。父親役は写真にもある笠智衆さん。原節子さん演じる娘の紀子と二人暮らしで、この時代では婚期が少し遅れている、という年齢の設定になっています。

 

小津さんの映画によくあるパターンですが、親を一人置いて嫁に行けないという娘の葛藤。そして自分は一人になったとしても、娘には幸せになってほしいと願う親の愛。そんな両者の姿を描いた作品です。

 

この映画で最も驚いたのは、戦後4年しか経っていない映画のなかの日本の風景です。東京は銀座でロケがされていましたが、戦争の傷跡をまったく感じません。映画の舞台の中心は鎌倉です。京都も登場しました。でもどのシーンも戦争の影響をまったく感じさせないのです。

 

戦後経済復興の起爆剤となった朝鮮戦争は、まだ1年先です。空襲で焼け野原となった町の復興も、まだまだ十分ではないでしょう。でもそんなことをまったく感じさせない日常が描かれてるのです。女性に対する結婚感等、男性優位の世界は残されたままの映画ですが、戦争の匂いを感じません。

 

ちょっと調べていると、公開当時は賛否両論があったそうです。日本的なものの復権を感じ取る観客と、戦後の現実からの逃避と見なす観客に分かれたそうです。なるほど、と思って納得しました。戦後生まれの私が見ても、公開年度を考えると違和感を覚えましたから。

 

でも映画としては良作だったと思います。ネガティブな部分を隠さずに見せる原節子さんの演技は、他の作品よりも好感が持てました。ラストで娘を嫁に出した笠智衆さんが、一人でため息をこぼしながらリンゴの皮をむくシーンには心打たれました。平凡なストーリーですが、とても素敵な映画でした。

 

『夢で会える 体外離脱入門』は在庫僅少ですので、お求めの方はハート出版さんや書店に問い合わせてください。Amazonでの注文はこちらです。

 

『ゼロの物語』3部作は電子書籍のみの販売となりますので、こちらのホームページから販売サイトに行ってくださいね。

 

 『STORY OF ZERO   BOOK Ⅰ 〜ENCOUNTER〜』は全世界のAmazonで配信中です。日本のAmazonはこちらです。 

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2016年4月
« 3月   5月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/