高羽そらさんインタビュー

年中無休は継続中

あぁ〜、もう今日は文字を書きたくない。そう愚痴りたくなるほど、大量に文字を書いた。

 

今年になって本格的に書き始めた長編を3月中に終わらせたい。そこで逆算すると、どうしても20日までに初稿をあげないと、推敲する時間が取れなくなる。

 

だからこの3連休は、読書、映画、そしてドラマというインプットを基本的に諦めて、ひたすら文字を打ち込んでいた。

 

そこまで意地になった成果はとりあえずあったようで、つい先ほどエンドマークを入れることができた。

 

ふ〜、やれやれ。文字数にして15万字ほどで、原稿用紙に換算すると約450枚。

 

ほっとしてカレンダーを見ると、改めて今日が春分の日だと気がついた。昼と夜の長さが同じということ。明日からは昼間が少しずつ長くなるので、精神的には『陽』に傾く時期かもしれないね。

 

そして春分の日といえば、ボクが節目として大切にしている日。毎年冬至と夏至にテーマを決める。春分の日は、冬至に決めたテーマがどの程度進捗しているかを確認する、中間決算のような1日になる。

 

昨年の冬至のテーマは、「アスリートになる」ということ。もちろんそれは、小説を書くということにおいて。

 

アスリートは日々鍛錬を欠かさない。1日休むと、取り戻すのに数日を要するから。その精神を実践するのが冬至に決めたことだった。

 

つまり年中無休にするということ。

 

最初は昨年の冬至から今年の夏至まで無休にすることにした。でも半年ではあまり効果があるように思えない。

 

そこで思い切って1年を通じて無休を実行してみることにした。今年の冬至まで1日も休まずに小説を書くと決めた。

 

今日の春分の日で、その予定の4分の1までやってきた。公約どおり、今のところは無休を継続している。

 

イベントの多い時期だけれど、クリスマスも、お正月も、必ず仕事をしていた。

 

毎日8時間働くという意味じゃない。たとえ1時間であっても、小説を書いたり、文章を推敲したりする時間をとって、継続して関わり続けるということ。

 

簡単に思えるけれど、実はこれが意外に大変。

 

普通のときはなんてことない。でもこの3ヶ月のあいだで風邪をひくこともあった。明らかに熱が出ている状況だけれど、必死になってパソコンを開いた。ちょっとマゾ的だけれど、公言したのだから仕方ない。

 

気分的に落ち込むこともある。それでもなんとかキーボードを打つことができた。

 

なんとかこのまま、今年の冬至を迎えることができればなぁ、と思っている。そしてそれに伴う結果も引き寄せたいと願っている。

 

とにかくこの3日間はしんどかったなぁ。今日はもう文字を打つのはこのブログで終了!

 

あぁ、やっと今夜の就寝前に本が読めるよ。嬉しいなぁ〜!

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/