高羽そらさんインタビュー

最後に笑うものは?

先週の金曜日で子供たちの夏休みは終わっているけれど、すぐに土日だったからイマイチ実感がなかった。

 

だけど週が変わって朝の通学時間の賑やかな声だけでなく、午後の帰宅時の子供たちの声を聴くと、久しぶりに平日モードの気分になった。同時にここのところ涼しいから、すっかり気分は秋だよね。

 

何がいいって、窓を閉められること。エアコンのない生活をしていると、真夏はどうしても窓を網戸にして開けざるを得ない。必然的に外の音を拾うので、何かとやかましい。テレビを見ようとしても、外の音がうるさくて聴こえにくい。

 

まだ字幕放送の洋画なら何を言っているかわかるけれど、日本語のドラマや吹き替えの映画なら、何を言っているのかさっぱりわからない。だけどテレビの音量を上げると、音楽になったらびっくりして飛び上がることになる。だからリモコンを手にして、セリフのときは音量をあげて、音楽になればあわてて下げるという熟練の作業が必要となる。

 

今日の午後は字幕の洋画を観ていたけれど、窓を閉めているのでかなり音量を下げて、かつ落ち着いてゆっくりと観ることができた。2時間半を超える長い映画だったけれど、久しぶりに周囲の音を気にせずに映画を楽しむことができた。

 

jacky-brown01

 

 

その映画は『ジャッキー・ブラウン』という1997年のアメリカ映画。監督はクェンティン・タランティーノで、あの有名な『パルプ・フィクション』の次の作品になる。

 

『パルプ・フィクション』ではサミュエル・L・ジャクソンとジョン・トラボルタのギャングコンビに、ブルース・ウィルスが絡んで最高に面白い映画だった。今回の作品で、そのサミュエル・L・ジャクソンとコンビを組むのは、なんとロバート・デ・ニーロ!

 

『パルプ・フィクション』と似通った作品ではあるけれど、ボクとしてはかなりウケた。2時間半のあいだ、まったく退屈せずに楽しめた。とにかくサミュエルが最高で、かなりクレイジーな武器の密売人を見事に演じている。

 

その相棒であるロバートの、なんとも言えない小物感がとても良かった。結局彼らしいいつもの存在感を見せることなく、サミュエルに殺されてしまうという展開。こんなロバート・デ・ニーロは、そうそう観られないからレアだよね。

 

でも主人公はタイトルにあるとおり、ジャッキー・ブラウンを演じた黒人女性のパム・グリア。警察はサミュエルが演じるオデールを追っているが、なかな尻尾をつかめない。ところが旅客機のCAであるジャッキーは、メキシコからオデールの売上金を運んでいるときに逮捕されてしまう。

 

仕事を失うことを恐れたジャッキーは、警察に取引を持ちかける。オデールはメキシコに50万ドルの資金を隠している。その金銭をおとり捜査でアメリカ国内に持ち込むので、オデールを逮捕して欲しいと言う。

 

ところがジャッキーはオデールに、警察をうまく騙して安全に資金を運び入れると語る。それどころか自分の保釈に力を貸してくれた保釈屋のマックスに、オデールの50万ドルを奪う計画を持ちかける。

 

ジャッキーの本音はどこにあるのか? 誰と会っているときも事実に見える行動するので、彼女の本音が最後までわからない。そのあたりの駆け引きと、オデールから50万ドルを奪う過程が、めちゃめちゃ面白かった。

 

脇を支える刑事役のマイケル・キートンや、麻薬ジャンキーのバカ女を演じたブリジット。フォンダもさすがという素敵な演技だった。これでこそタランティーノという、彼らしい作品だったなぁ。エグいシーンもほとんどないので、タランティーノ作品の初心者にはオススメの映画だと思う。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『ゼロの物語』改訂版の配信サイトについては、こちらに一覧を設けています。登録されている電子書籍店でお求めください。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/