高羽そらさんインタビュー

SOLA TODAY Vol.372

家事は実際にやってみるとわかるけれど、意外に大変なもの。だから専業主婦たちの普段の努力は、相当なものだと想像できる。もちろん、ある程度やっている場合だけれどねw

 

ボクの世代は夫婦共働きに違和感がないので、家事を分担するという意識があるほうだと思う。ボクの父親世代だとそうはいかず、家事というのは女性がやるものだという思い込みが強いはず。

 

ボクたち夫婦も共働きをしているときは、ある程度家事を分担するようにしていた。だけど状況が変わって、妻が専業主婦をやってくれていたときは、基本的に任せっきりだった。そうなると古い構図が顔を出すことがある。

 

それは「夕飯何食べたい?」という質問。

 

この短い質問に対して、安易に答えると夫は地雷を踏むことになる。ではどうすればベストな回答になるのか? そのことについて書かれた記事を読んだ。

 

夕飯何食べたい?」が持つ理不尽さと、ベストな返答の考察

 

 

この記事に思わず笑ってしまう事例が書かれている。まずは夫の視点から。

 

「何でもいいよ、冷蔵庫にあるもので」と答えると、ブチ切れられる。だったら本当に食べたい「カキフライ」と答えると、「はぁ? そんな面倒な」と返ってくる。そこで無難なところで「肉じゃが」と答えると、「いつもワンパターンだね」と不満顔。それで出勤して戻ってくると、食事はハンバーグだったりする。似たような経験をしたことがある男性は多いかもしれない。

 

だったら妻の視点はどうなのか?

 

「何でもいいよ、冷蔵庫にあるもので」なんて言われても、冷蔵庫が空っぽだから訊いている。牡蠣なんてそこらのスーパーで真夏に売っているわけないし、私が糖質制限をしているのを知っているくせに、肉じゃがなんて最悪! というような例が書かれていた。

 

この問題の本質はどこにあるのか? この記事ではわかりやすく書かれている。

 

家事には2種類ある。「考える家事」と「行動する家事」とのこと。

 

夫が見ているのは「行動する家事」だけで、妻が「考える家事」を毎日行っていることに気づいていない。これは実際に家事をしないと理解できないだろう。

 

洗濯機に服を放り込んで洗剤を入れたり、洗濯物を干したり、取り入れて畳むのは「行動する家事」。だけど天気予報を気にしたり、家族の行動スケジュールで洗濯物のシフトを考えたり、洗剤の在庫を確認して補充を検討するような「考える家事」もある。

 

なるほどね。こうして考えると、とてもわかりやすい。

 

つまり妻が夫に「何が食べたい?」と尋ねるときは、「考える家事」を手伝って欲しいと思っているということ。食事のメニューを「考える」のは意外に大変なことだからね。

 

冷蔵庫の在庫、スーパーの特売、旬の食材、家族の好みやその日の健康状態等、考えることは山ほどある。だから夫が「何でもいいよ」と答えると、「考える家事」の大変さを理解してもらえないと感じる。だからムカッとするんだよね。

 

妻が「何が食べたい? と訊くとき、その本音はこうだと記事に書かれている。

 

「冷蔵庫の中身とスーパーの特売と旬の食材と栄養のバランスを考慮したうえで、家族みんなが文句言わずに食べられて、私の腕でも作れる料理の中で、何が食べたい?」

 

もちろん出勤前の夫にこんな質問をしても、喧嘩のネタになるだけだろう。だけど妻がこんな気持ちだと夫は知るべきだし、妻としてもできる限り具体例を出して、一緒にメニューを考えて欲しいと告げるべき、とこの記事は結んでいる。

 

それほど「考える家事」は大変だということだろう。

 

ちなみに我が家の食事に関しては、夫婦で「考える家事」をやっている。一緒にスーパーへ行って、ああでもない、こうでもない、と言いながらメニューを考えている。面倒なときもあるけれど、一人で考えるのとちがって楽しいものだ。

 

そしてできる限り、「行動する家事」である料理も一緒にするようにしている。まぁこれは、自宅で仕事をしているからできることだよね。会社勤めをしていたらこうはいかないだろう。

 

とりあえず、我が家の今夜のメニューは決まってるよ〜!

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『ゼロの物語』改訂版の配信サイトについては、こちらに一覧を設けています。登録されている電子書籍店でお求めください。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2017年9月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/