高羽そらさんインタビュー

引き寄せを起動するのは、行動

秋雨全線が南下中で、神戸は超、超、超、蒸し暑い。雲が多いのでほとんど日差しはないけれど、少し歩くだけで汗びっしょりになる。さすがに身体がだるくて重いよね。

 

そのうえ昼前から天気は大荒れ。午前中に買い物に出たときは、念のために傘を持っていただけで、使うことはなかった。このまま無事に帰れるかな、と思って建物の中からバス停に出てきてびっくり。道路がびしょ濡れになっている。

 

そしてバスに乗ったとたん、とんでもない雨が降り出した。スマホの気象警報はブンブンとうなっている。バスが動き出したころは、ここ数年は見たことがないというほどの大雨になった。

 

道路は排水処理容量を超え、すでに川と化している。住宅の雨どいからは、バスの中からでも音が聴こえそうな大量の水が吐き出されていた。これは傘をさしてもデニムは腰まで濡れるのを覚悟した。ところが……。

 

バス停に到着する直前に雨が弱まり、降りるころにはほとんどやんでいた。久しぶりに自分の「晴れ男」ぶりに感動した。こんな珍しいことはそうそうないように思うかもしれないけれど、実はよくある。もう何度も同じ経験をしている。

 

そして大抵は、家に着いたと同時に雨が降り出す。今日もマンションのエントランスが見えてきた段階で、雨が降り出した。思い込みというのは意外に大切なもので、自分が「晴れ男」だと疑いなく信じていると、本当にそうなる。

 

これはスピリチュアル世界でよく言われる『引き寄せの法則』を応用したものでもある。自分の望む現実を引き寄せる、というもの。

 

ただボク個人としては、一般的に言われているやり方はちがうと思っている。あるいは、説明が足りないと感じる。

 

よく説明されている『引き寄せの法則』は、自分の望む現実を強くイメージすることに重点をおく。あたかもそれが実現しているように、想像力を働かせるというもの。どれだけリアルにイメージできるかで、その成否が分かれると説明されることが多い。

 

たしかにイメージするのは大切。人間というのは、どんなことをする場合でもイメージが先行する。だけどそこで終わっている人がほとんど。

 

どれだけイメージしても、それは単なる妄想でしかない。お金持ちになりたいとイメージしても、それだけでお金が降ってくるわけがない。そうなると宝くじが当たるなんていうバカな想像しかできなくなり、他の可能性を自ら閉ざしてしまう。

 

どれだけリアルにイメージしたって、お金は入ってこないし、絵は描けないし、作曲はできないし、文章は書けない。

 

マジで『引き寄せの法則』を起動させようと思うのならば、イメージと同時に『行動』するしかない。極端な話、イメージが希薄だとしても行動を優先するべき。先に行動を先行させて、イメージを後追いするくらいのほうが、ちょうどいいと思う。

 

とにかく起業してみる、筆を持つ、楽器を奏でる、文章を書く。考えて考えて、イメージを強化している暇があったら、自分が望むことを今すぐにやるほうがいい。

 

行動すると何が見えてくるか? それは理想とする自分とのギャップ。その現実を直視することなしに、理想の自分に到達するなんてことはありえない。画家になりたい人は画家として生きる。音楽家になりたい人も、作家になりたい人も、自分がそうであるとイメージするだけでなく、実際に行動しないといけない。

 

プロの画家は朝から晩まで絵を描いている。ミュージシャンは一日のほとんどを楽器の練習に費やしている。作家だって、常人では不可能だと思える量の文章を読んだり書いたりしている。まずプロと同じだけ自分も必死になって行動しなくてはいけない。

 

そこから本当のプロの世界の厳しさと楽しさが見えてくるはず。そして自分に何が足りないかもわかってくる。それを見つけてさらに行動することが、本当の意味での『引き寄せの法則』だと、ボクは考えている。

 

思うだけで実現する魔法のようなものではなく、「引き寄せ」というのはめちゃめちゃ地味でしんどいもの。だけどそれを楽しめる自分でなければ、選んだ道がまちがっているということ。ただ妄想しているだけでは、そのことにさえ気づくことができない。

 

とにかく、行動あるのみ。ボクはそう思って日々を生きている。だから今日のような「晴れ男」の奇跡が起きるんだよね〜!

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『ゼロの物語』改訂版の配信サイトについては、こちらに一覧を設けています。登録されている電子書籍店でお求めください。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2017年9月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/