高羽そらさんインタビュー

面倒なことをやりきる2つのコツ

昨日衣替えをしたので、今日の外出はすっかり秋の雰囲気。タイミング的にバッチリで、おとといの服装なら寒かったと思う。季節の変化というのは少しずつというより、どちらかといえば力技的に一気に来るよね。

 

そして本格的な秋の訪れとともに、鍋料理も復活した。夏は夕食のメニューを考えるときに悩むことが多いけれど、この季節は鍋なら簡単。今日も鍋の材料を買ってきたので、四日連続で鍋になりそうw

 

涼しくなって夏の疲れが出ているので、今日の鍋にはニンニクパワーを投入することにした。新作小説もラストが近いので、鍋料理でパワーを充電して、一気に初稿を書き上げてしまうつもり。予定ではあと5日なんだけれど、大丈夫だろうか?

 

そんな忙しい時期なのに、秋の大掃除を組み込んでいる。年末の寒い時期には、とてもじゃないけれどじっくりと掃除なんてできない。だからこの時期に大掃除をしている。それでも、いざやるとなると面倒なもの。

 

大掃除に限らず、面倒だけれど、どうしてもやらなければいけないことってあるはず。それはサラリーマン時代もよくあった。単調で退屈な仕事を、どうしても避けられない場合がある。

 

やらなければいけないことなら、やればいいだけのこと。それはわかっているけれど、なかなかお尻が上がらないのが人間というもの。それはボクも同じで、そのために、ある2つのことを取り入れている。

 

まず最初は、面倒なことをとにかくスタートさせるということ。やり始めてしまえばどうにかなるものなのに、最初の一歩が出てこないからね。

 

そんなとき、ボクは「願掛け」を利用している。これは以前にブログでも書いたことがある。自分が叶えたい願いを、面倒なことを始めることで叶うと言い聞かせる。そうすると、よしやろう、という気持ちになれる。

 

ただし、その願いには注意点がある。

 

素晴らしい小説が書けますように、いい曲が作曲できますように、素敵な出会いがあって恋人が見つかりますように、なんていう願いはNG。自分がそのことに関してまだやれる余地が残っているのものは、「願掛け」に利用してはいけない。

 

「願掛け」している時間があるのなら、実際に小説を書いたり、作曲をしたり、出会いを求めて活動するべき。自分ができることが山ほどあるのに、何もしないで「願掛け」をしても意味がない。それは、単なる現実逃避でしかない。

 

ではどんな「願掛け」がいいのか? わかりやすい例で言えば、映画出演のオーディションを受けて結果待ちをしている俳優さんをイメージすればいい。そのオーディションに関しては自分のやれることはない。「人事を尽くして天命を待つ」という状況。

 

こういう場合の「願掛け」は、面倒なことに手をつけるのにピッタリ! 自分にできることが何もない状況だから、気も紛れる。よしやってしまおう、という気持ちにもなれる。そして実際に動くことができる。

 

そして2つ目のコツは、それをやりきるときに使う。ボクの場合は、その面倒なことに携わっている自分を忘れる。例えば換気扇をの羽を掃除していても、過去に掃除をやっていれば手は勝手に動く。だけどその掃除に意識をフォーカスさせると、面倒だという気持ちばかりが浮かび上がってしまう。

 

だからボクは掃除以外の、まったく別のことを「妄想」している。もっとも多いのは新しい小説のストーリーを考えること。頭はそちらに集中しているので、時間の経過を感じない。あるいはこんな自分になりたい、という未来への「妄想」でもいい。お金持ちになりたい人なら、その状態をイメージすればいい。

 

そんなことをしていると、気がついたら換気扇は綺麗になっている。他の単純作業でも、時間を感じずに終わっていたりする。嫌だ、嫌だと、思いながらやるから、疲れてくるしウンザリした気分になる。

 

どうせやらなくてはいけないのなら、まずは「願掛け」を使ってスタートさせる。そのあとは他の楽しいことを考えながら、ひたすら手だけを動かす。そうすれば面倒なことも、なんとなく片付いていく。

 

とまぁ、こんな雰囲気で秋の大掃除をやっているということ。さて、明日も面倒なことを一つ片付けるか〜!

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2017年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/