高羽そらさんインタビュー

SOLA TODAY Vol.501

ここ数日暴落している仮想通貨。まぁ一時的なものだと思うので、そのうち持ち直してくるだろう。

 

そんな仮想通貨の根底をなしているのがブロックチェーンという暗号技術。通貨としての側面よりも、このブロックチェーンの利用が大いに期待されている。その代表がスマートコントラクトと呼ばれるもの。

 

商取引や不動産の売買等、契約に関するものをブロックチェーンを使って暗号化して、そのプライバシーを保全する。絶対に破ることのできない技術なので、利用価値が高いはず。ところがなかなか具体的な利用が一般に知られることはない。

 

そんな印象を持っていたけれど、先日ユニークな記事を見つけた。なるほど、こういうことにもブロックチェーンが利用できるんだと感心した。

 

高級品の偽造品防ぐ「ワイン・ブロックチェーン」。コンサルが日本で実証実験

 

ブロックチェーンの最大の特徴は、取引のすべてが台帳として記録されていること。その内容がブロックチェーンに関わるすべての人によって共有管理されているので、不正を働くことができない。取引が追加されるたびに、その内容が検証して保存される。

 

その点に目をつけたのが高級品。この記事で紹介されているのが、高級ワインの偽造品を防ぐために実験されている『ワイン・ブロックチェーン』というもの。

 

この記事ではこんな風に紹介されていた。

 

wine

 

 

少し小さい図だけれど、雰囲気だけは感じてもらえると思う。この点線で囲まれた取引が台帳として記録されるので、偽造品が紛れることはない。

 

これはいいアイデアだよね。ワインの品質を担保することができるので、その価値を守ることができる。ブロックチェーンの技術がこういうことに利用できることが認知されると、他の分野でも応用されるだろう。

 

この記事にも書かれているけれど、宝石やブランド品にも使うことができる。ブランド品のバッグの偽物が、たまにニュースで話題になっている。でもこのブロックチェーンを使って製造者から消費者までつなげることで、バッタ物を除外することができるよね。

 

こうした身近なものからスタートして、ブロックチェーンの技術が広まっていくといいなと思う。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。 

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2018年1月
« 12月   2月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/