高羽そらさんインタビュー

日本3.0は始まっている

また寒波が来やがったよ。昨日の雨があがったとたん、神戸には強風注意報が出た。つまり大陸からの冷風が、六甲おろしになって吹き付けるということ。

 

今日は朝から晴れているけれど、昨日に比べてぐんと冷えた。久しぶりに仕事をしながら、キーボードを打つ手がかじかんでいる。

 

昨日から新作の小説に取り組んでいる。大まかな構想を組みつつ、登場人物のキャラを決めているところ。今日は大量の資料をネットで検索したので、しばらくはその資料を読破するのに時間がかかりそう。

 

だけどそうした情報ほど、大切なものはない。頭に叩き込んでおくことで、それらをきっかけにしてインスピレーションが喚起される。未来を見るためには、過去のデータをふまえたうえで、アンテナを張り巡らしておかなければいけない。

 

これは何も小説に限ったことでなく、社会の世相を読んでいくことも同じ。そんな未来に備えるため、貴重なデータとなる本を読んだ。

 

IMG_4547

 

 

『日本3.0 2020年の人生戦略』佐々木紀彦 著という本。

 

佐々木さんは、NewsPicksというニュースサイトの編集長をされている方。ボクが毎朝書いている『SOLA TODAY』というカテゴリーで取り上げるニュースは、このサイトにお世話になっているものが多い。

 

『日本3.0』というのは、とてもユニークなタイトルだよね。この数字は、コンピュータのプログラムによく使われるもの。あるソフトを大幅改定した場合、プログラムの名前の後ろに『2.0』という数字が入る。

 

では『日本3.0』とはどんなことを指すのか。

 

『日本1.0』は明治元年から、1945年の敗戦までの日本近代のサイクルを指す。日本が近代国家として産声を上げ、日露戦争でピークを極めた後、敗戦という破綻を迎えていくサイクル。

 

『日本2.0』は、1945年から2020年までの日本を指している。戦後の焼け野原から世界第2位の経済大国にまでなった後、バブル崩壊を経て衰退を続ける現代までのサイクル。

 

ということは『日本3.0』は、2020年以降の日本のあり方を予測したもの。この本のコンセプトとしては、これからの日本を担う30代の人に向けて書かれている。だとしても、50代のボクが読んだってかまわないよねw

 

『国家』、『経済』、『仕事』、『教育』、『リーダー』という各項目についての『3.0』が述べられている。とても興味深い内容で、今まで知らないこともあったので、とても勉強になった。

 

日本は高齢化社会へと邁進している。それゆえこの本に書かれていることは、30代の人たちだけが知っていればいいというものじゃない。世代を問わず、現在の日本の状況を認知するべきだろう。そしてそれぞれの年代で、やれることを行っていくべきだと思う。

 

こういう内容の本は、陳腐化するのが早い。数年先に読んでも、意味がないだろう。今まさに読むべき本だと思う。なぜなら、すでに『日本3.0』は始まっているからね。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (2件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

  1. 関大生さん、コメントありがとうございます♪

    わたしは数え切れないほど体外離脱や明晰夢を経験してしますが、心構えはたったひとつだけです。

    『その体験は、夢の世界でしかない』

    体外離脱から学ぶことはありますし、『ゼロの物語』という小説も、明晰夢でのゼロとの出会いで完成した作品です。
    だから単なる夢だとバカにしているわけじゃありません。
    歴史をかえりみても、夢がきっかとなった科学的発見や、芸術作品は山ほどあります。
    たかが夢、されど夢。わたし自身も、とても大切にしています。

    だけどこの世界で生きているわたしたちにとって、現実世界ほど大切なものはありません。
    夢は現実世界を、より快適に生きるために利用するものであって、それが目的になってしまうのは本末転倒です。
    だから『その体験は、夢の世界でしかない』と自分に言い聞かせています。

    なぜそう思えるかといえば、わたしが現実世界で楽しいことを見つけているからです。やりがいのあることに取り組んでいるからです。
    それはわたしにとって、小説を書くということです。
    どれだけ体外離脱や明晰夢を経験しても、小説を書くことは夢の世界では無理です。

    ハンドルネームから察するに、あなたはこれから社会人になられるのですよね。わたしからしたら、その若さがうらやましく思います。
    時間がかかってもいいですから、現実世界で自分の好きなこと、必死になれること、夢中になれることを見つけてください。
    そして勇気を持って、その目標に向けて一歩を踏み出してください。

    今はネットが普及していますから、できないことなんてありません。
    そうして現実世界での楽しみを見つけることで、体外離脱や明晰夢の本当の役割が理解できるようになります。
    インスピレーションの源として、体験を客観視できるようになります。
    やはり何より大切なのは、自分が生きている限り、いまの人生に正面から向き合って、悩みながらも前に進むことだと思います。

  2. 先生お返事ありがとうございます。
    いつも質問ばかりしてすみませんそら先生ほど夢体脱に詳しくて親切にお返事くださる方はいないのでつい甘えてしまって(;^ω^)
    あのこの質問でしばらく質問しないつもりでいるのでどうかお返事頂きたいのですが、夢体脱に対する先生の心構えというかどんな気持ちで明晰夢などに臨んでいるか教えていただけませんか?
    先生は週四日も明晰夢みれるなら現実より夢の世界の方が楽しくないですか?
    先生は現実を一生懸命生きることが大事だと以前教えて頂いたのですが、なら夢体脱は害になりませんか?現実より楽しい世界があればそちらにのめり込んでしまうのではないですか?(実際に提示版などを読んでいるとかなり危なそうな方が結構みつかります)
    そら先生はどうやって最高の娯楽になる可能性のある夢体脱をほぼ毎日楽しみながら現実のほうを大事にたのしめるのですか?
    どんな気持ちで夢体脱に挑戦しているのですか?
    長くなり申し訳ありませんがどうか教えて頂けないでしょうか<m(__)m>よろしくお願いします。


コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/