高羽そらさんインタビュー

落ち込んだときは、これかな

午前中は晴天だったけれど、午後の神戸は断続的に雪が降っている。積もるほどの雪じゃなくても、風にあおられている雪を見ているだけで寒い。

 

おまけに午後からへこむことがあった。こんな日はブログを書くテンションが湧いてこない。何もかも投げ出したくなる。それでも何かを書こうとしている自分に笑える。まぁ、そういう性分なんだろう。

 

こんな気分のときに、スッキリする映画を観た。

 

mekanikku2-thumbnail2

 

 

『メカニック』という2011年のアメリカ映画。スッキリすると言っても、善悪の観念が強い人は楽しめない映画かも。なぜなら主人公は殺し屋だから。

 

『トランスポーター』や『ワイルドスピード』というシリーズで活躍している、ジェイソン・ステイサムが主演している。彼が演じているのはアーサーという殺し屋。

 

そのテクニックは完璧で、事故や自然死に見せかけて完璧に暗殺する。『メカニック』というのは隠語で、どんなターゲットでも仕留める殺し屋を指しているらしい。そんな凄腕のアーサーが、自分をここまで仕込んでくれた恩人の暗殺を依頼される。

 

そこはプロのメカニック。葛藤を抱えつつも、行きがかりの強盗事件のように偽装して、見事にやってのける。その恩人には乱暴者の息子がいる。生前に息子のことを頼まれていたアーサーは、息子のスティーブを弟子にして仕込む。

 

やたらドジは踏むけれど、スティーブは見込みがあった。ただ復讐心に燃える傾向があり、自分の感情をコントロールできない。そんなとき、今度はアーサーたちが雇い主に狙われることになる。恩人の暗殺が組織の陰謀だと知ったアーサーに対して、雇い主が殺しを依頼したから。

 

最終的にはアーサーとスティーブのコンビが勝つんだけれど、その過程で父親を暗殺したのがアーサーだと、スティーブが知ることになる。そこで怒り狂ったスティーブは、アーサーを罠にはめて殺害しようとする。ところが……。

 

ラストで、どんでん返しが待っているというストーリー。殺し屋が主人公なので、善悪の概念を振り回したら楽しめない作品だろうね。だけど娯楽映画として見る分には、めちゃめちゃ面白い。特にラストのどんでん返しで、モヤモヤがぶっ飛んでスッキリする!

 

ジェイソン・ステイサムの雰囲気が苦手だったので、今まで彼の映画を避けていた。だけどこの映画を観て、ちょっとファンになったかも。めちゃかっこいいやん。彼だったら、ジェームズ・ボンドだって演じられたかもしれない。

 

さて、明日の朝のブログは休むことになるかも。気分が落ち込んでいるからじゃないよw

 

このブログのサイトが、明日の午前10時までメンテナンスの予定なので、おそらく記事をアップできないと思うから。もしアップできそうだったら、いつもどおりに記事を書く予定です。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2018年2月
« 1月   3月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/