高羽そらさんインタビュー

これは、失敗の予感しかない

夏の気配を感じさせる、蒸し暑い神戸。でも天気がいいので、以前から気になっていた場所に行くことにした。

 

それは昨年の9月にオープンした、イオンモール神戸南というショッピングモール。モール好きのボクは、神戸ハーバーランドのUmieや、垂水のマリンピア神戸というアウトレットモール。そして西宮市だけれど、西日本でもトップクラスの広さを持つ西宮ガーデンズに度々出没している。

 

イオンモールは神戸北という店舗があるけれど、六甲山をこえた三田市の近くなので、ほとんど行かない。でも神戸市の兵庫区に新しいイオンモールができたので、ずっと気になっっていた。外観はこんな感じ。

 

IMG_4707

 

 

手前に見えるのは新川という川で、大阪湾に直結している。海はすぐそこで、写真の歩道は兵庫城の城跡があった場所になる。イオンモールは神戸の中央市場の敷地を使っているらしく、この建物の向こうは中央卸売市場になっている。

 

京都市内には3つのイオンモールがあって、どれもよく知っている。店内の雰囲気は、そんないくつかのイオンモールを総合的にまとめたような雰囲気だった。

 

店舗をじっくり見る前に腹ごしらえしようと、まずはフードコートに行った。これがデカい! そして大きなソファがいくつも並んでいて、今まで知っているイオンモールでは、もっとも素敵なフードコートだと思う。

 

IMG_4712

 

 

フードコートからは、こんな景色が見える。先ほどの写真の、ちょうど反対側から撮影したもの。パッと見は、外国に来たような雰囲気がある。でも近場限定だけれどね。少し視線をあげたら兵庫区の下町が広がっているので、どう見てもイッツ・ジャパンwww

 

フードコートのお店は、これまで見たことがない店舗が多かった。いろいろ探していると、唐揚げ好きのボクがハマりそうなメニューがあった。なんと『マウンテン定食』という唐揚げが山盛りになったもの。

 

IMG_4709

 

 

質より量で勝負かな、と思ってあまり期待していなかった。ところが美味しいんだよね。鳥料理の専門店なので、さすがだと感心した。マジで美味しかった。ただし食べ過ぎだったけれど。

 

妻が選んだメニューも美味しかったらしく、とてもいい雰囲気でウインドウショッピングがスタートした。気分はルンルンで、テンションも高い。

 

ところが、少しずつ違和感を覚え始める。その理由がすぐにわかった。

 

入っているテナントの専門店が、他のイオンモールとちがう。どこのモール街に行っても必ず見かけるユニクロも無印もない。

 

そしていくら平日だとしても、お昼が過ぎているのに店内は閑散としている。レストラン少し混んでいたのは、『いきなりステーキ』と『かかし』という和食のお店だけ。

 

2時間くらいはじっくりと楽しむつもりだったけれど、わずか30分ほどで店内の散策が終了してしまった。つまりじっくり商品を見たくなるお店がほとんどなかったということ。知らないお店が多く、商品のディスプレイにも工夫がない。

 

あるチェーン店のシューズショップがあったけれど、他のモールと同じお店だと思えないほど。何かがちがうんだよね。

 

それで妻と分析してみた。そしてその理由はすぐにわかった。先ほど書いた神戸ハーバーランドのUmieというモールは、ここから2キロほどしか離れていない。そこには名だたるブランド店が林立している。

 

おそらくUmieと競合することを危惧した大手企業が、出店を見合わせたんだと思う。そういえば開業予定が何度もずれて、完全オープンがかなり遅れていた。多分テナントが正式に決まらなかったんだと思う。

 

イオンモールの周囲を歩いたけれど、小さな工場が並んでいるような場所。どうもショッピングモールとして集客できるような雰囲気じゃない。目立つのはそうした工場や、いくつもあるお寺や神社。よくわからないけれど、やたら神社や寺が多かった。

 

こんなものもあった。

 

IMG_4713

 

 

兵庫大仏というらしい。こんな大仏が神戸にあるのを知らなかった。能福寺という天台宗のお寺にある仏像で、明治時代に建てられたらしい。だけど戦争中の金属類改修令で解体されて、この大仏は1991年に再建されたものとのこと。

 

このイオンモールは、完全に立地の選択を誤っている。地域としても雰囲気が馴染めないし、すぐ近くのハーバーランドがあるので勝負にならない。せっかく行ったけれど、フードコート以外はがっかり。少なくとも、買い物をしに行こうと思わない。

 

これは、どうも失敗の予感しかない。今年の秋以降は、撤退するテナントが続出しそうな雰囲気だった。ワクワクしないんだよね。だから財布の紐が固くなってしまう。モールそのものは簡単に撤退できないだろうから、イオンは維持管理に苦労するだろうなぁ。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/