高羽そらさんインタビュー

イライラ、ゾワゾワは大切

昨日はアップしたブログが編集作業でぶっ飛んだので、今日はちょっとドキドキ。

 

同じく久しぶりにドキドキしたのが、我が家のサボテンの土替え。年に1度、土を入れ替える。種から植えて今年の4月で満5年。かなり慣れてきたけれど、やはり土を替えるときは緊張する。

 

根を傷つけて雑菌が入っても困るし、新しい環境に馴染んでくれるかも心配。朝の掃除が終わってから、午前中に土を入れ替えた。

 

IMG_4718

 

 

なかなかの仕上がり。2〜3週間は心配しちゃうけれど、なんとか元気に育って欲しい。この季節は成長期なので、土を替えるのにベストなんだよね。

 

写真をチェックしていたら、2年前に土を替えた時のものが見つかった。

 

IMG_3749

 

 

めちゃ、ちっちゃいwww  サボテンは成長速度が遅いけれど、こうして写真を比べると2年で大きくなっているんだね。大したもんだ。

 

平均的に7〜8年目くらいから花が咲くそうなので、来年の今ごろは期待してしまう。いつも花が咲くように話しかけているので、彼ら(彼女ら?)はプレッシャーを感じているかもしれない。でも花が咲いたら感動するだろうなぁ。きっと泣いてしまうと思う。

 

さて雰囲気がガラッと変わるけれど、めちゃめちゃ怖い小説を読んだ。

 

IMG_4717

 

 

「1922』スティーブン・キング著という小説。

 

正確には『FULL DARK.NO STARS』という4つの中小編が収められた作品で、この文庫ではそのうち2作を読むことができる。残る2作は別の文庫本として出版されている。

 

この本には『1922』と『公正な取引』という2作が収められている。

 

『公正な取引』は短編で、それほど怖い作品じゃない。ガンで余命いくばくもない男が、悪魔と取引する物語。自分が憎む人間を身代わりにする、かつ収入の15%を支払うことで余命を延長できる、なかなか面白い物語だった。

 

強烈だったのは『1922』という作品。これは長編と言っていい分量で、とにかく怖い。就寝前に読んでしまうと、トイレに行くのが怖くなるほど。

 

1922は西暦のことで、この数年後には世界的な経済恐慌が起きる。そこから第二次世界大戦に突入して行くんだけれど、まだアメリカは好景気だった。だけど田舎の農家では転換期で、翌年の1923年には不況の兆しが出てくる。つまり1922年は分岐点になった1年ということ。

 

1922年の夏、ウィルフレッドは妻を殺す。14歳の息子であるヘンリーを言い含めて、殺害を手伝わさせる。まぁ、それほどひどい女性だったのは事実。父と息子は、殺人という共通の秘密を持つことになる。

 

周囲の人間も、そして保安官も、二人の計画どおりに妻が失踪したと信じる。だけど妻は井戸の底に埋められていた。これでうまく行くと思ったけれど、そうはいかない。怨霊となった妻の復讐が始まる。結論から言えば、夫も息子も死ぬことになる。

 

とにかく描写がエグい。そして怖すぎる。読んでいてイライラするし、怖くてゾワゾワする。だけどこの感覚は、とても大切だと思った。スティーブン・キングが次々とミリオンセラーを出すのは、このイライラとゾワゾワが理由だと思う。

 

これらの感覚によって、読者は次のページが気になって手を止められない。ボクはこの小説を読んでいて、異常なほど想像力が働くのを感じた。もしかするとボクはホラー小説を書くのに向いているのかも、と思った。

 

そういえば昨年、ある文学賞の最終選考まで残ったのはホラー小説だった。そして今の新作を書いたら、次はホラーを書こうと思っていた。どうもホラーを書け、と誰かにあと押しされているような気がする。

 

そのポイントになるのが、イライラとゾワゾワだろう。書いているボクがイライラして、ゾワゾワすることが大切なんだと思う。とにかく『1922』は絶対に映像化できないほどヤバい作品。気持ち悪くて、ここで内容を書けない。勇気のある人は、ぜひトライして欲しい。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2018年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/