高羽そらさんインタビュー

防犯ノウハウは泥棒に訊け!

うぅ、あかん時間切れや。今日中に新作小説の初稿を終わらせる勢いで書いていたけれど、終わらなかった。

 

残すはエピローグ的なエピソードだけ。でも大切なシーンなので、明日になってから慎重に落ち着いて書こう。疲れた状態のまま勢いで書いてしまうと、雑な文章になってしまうから。

 

なんとか15万字以内に抑えたいんだけれど、すでに14万7千字を超えている。ラストのエピソードを2千字くらいに抑えたら、なんとか収まりそう。気分を切り替えて、明日トライするしかないな。

 

さて、一度観ただけで詳細を覚えていない映画を観た。かなり忘れていたので、新作映画を観ている気分だった。

 

10011229_h_pc_l

 

 

『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』という2002年のアメリカ映画。まだ若いレオナルド・ディカプリオが、実在した詐欺師を演じている。そしてその詐欺師を追うFBIの捜査官をトム・ハンクスが好演している、監督はスティーブン・スピルバーグという豪華な顔ぶれ。

 

久しぶりに観たけれど、めちゃめちゃ面白かった。主人公のフランクという人物は、相当に頭がいいんだろうね。凄腕の詐欺師は、頭が良くないと務まらないのだろう。頭脳明晰で観察力が鋭く、そして話術にも長けている。こんな能力があれば、プロの詐欺師になれるはず。

 

パイロットに扮して小切手詐欺を働きつつ、飛行機は乗り放題。さらに医師に成りすまして病院で働いたり、弁護士としての詐欺もやらかしている。その結果うなるほどの現金を手にしつつも、FBIに追われることになる。

 

フランクを演じたレオナルド・ディカプリオと、捜査官のハンラティを演じたトム・ハンクスの掛け合いが最高。この二人だからこそ、この映画は素晴らしい作品になったんだと思う。そしてフランクの父を演じたクリストファー・ウォーケンもさすがの演技だった。

 

この映画にいいところは、ハッピーエンドで終わるところ。フランクはフランスで逮捕されたのち、アメリカに移送される。そして懲役刑を受けるけれど、FBIの小切手詐欺の捜査に協力するという条件で釈放される。

 

つまり犯罪のことは犯罪者に訊け、ということだろう。彼の協力で数々の詐欺を検挙できたし、偽造の難しい小切手がフランクによって開発されている。こうしたことが映画の世界だけじゃなく、実話なのがいい。

 

このフランクとハンラティの不思議な友情は、その後も続いたらしい。この映画はフランクが書いた自伝が元になっている。面白そうなので、彼の著作を読んでみようと思っている。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2018年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/