高羽そらさんインタビュー

SOLA TODAY Vol.648

「定額制」があらゆる分野に定着しつつある。音楽や映像だけでなく、タクシー業界にまでその波が広がっている。ボクもApple Musicに加入していて、それなしでは過ごせない状況になっている。

 

以前にカフェの「定額制」をこのブログで紹介したことがある。もしお気に入りのカフェが自宅や職場から徒歩圏内にあるのなら、定額制は検討したくなると感じていた。

 

実際にいくつかスタートしているけれど、まずまずの業績をあげているらしい。その理由はとても納得できるものだった。

 

月額会員制カフェが人気、飲食業界で「定額制」がはやる理由

 

カフェの定額制でもっとも気になるのは、採算が取れるのかどうかということ。コーヒーの利益率は高いだろうと想像できるけれど、それは一杯ごとに料金を取るから。定額制になれば、その利益を一気に食いつぶしてしまうような気がする。

 

当然ながらカフェの経営者そのことを理解している。それでも定額制に踏み切るのは、ライバルに対抗するため。そのライバルとは同業者じゃない。

 

それはコンビニ。

 

ボクはときどきセブンイレブンのコーヒーを飲むけれど、あれはかなり美味。100円であの味ならば、休憩時間でコンビニのコーヒーを選択する人は多いと思う。3杯飲んでも、スターバックスのトールサイズ一杯分より安いから。

 

こうなるとカフェとしては、客を囲い込むしかない。定額制ならば、とりあえずコーヒーが飲みたくなったら来店してくれるはず。利用者の立場として元を取ろうと意識するから、コンビニを通り過ぎてもそのカフェへ行くだろう。

 

こうなるとカフェにあって、コンビニにないものを提供するしかない。それは快適な『空間』だと思う。

 

カフェに行くのは、コーヒーが美味しいことは前提だろう。でも味だけで勝負したら、価格との兼ね合いでコンビニに対抗するのはきつい。その代わり、コンビニで落ち着いてコーヒーを味わうことは難しい。その場ですぐに飲むか、持ち帰ることになる。

 

だけどセンスのいいカフェなら、落ち着いた雰囲気でゆっくりとコーヒーを味わえる。電源や無料のWi-Fiがあれば、ちょっとした仕事だってやれる。その空間込みの定額制によって、消費者を囲い込むしかない。成功しているカフェは、そのことを十分に理解しているんだと思う。

 

この記事によると、定額制のメリットは他にもある。2月と8月は、昔からサービス業にとって苦戦する時期。だけど定額制にすることで、以前なら落ち込んでいた集客が安定しているらしい。先ほども書いたけれど、元を取りたいという人間心理が働くから、暑くても寒くてもカフェに足を運ぶのだろう。

 

この先、ますます定額制は浸透していくだろうね。この視点で、新しいビジネスを考えている人は多いと思う。ボクなら美味しいベーカリーショップが定額制を始めたら、迷わず登録すると思う。いつ行っても、好きなパンが食べ放題なんて夢のよう。めちゃ太りそうだけれどねwww

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2018年6月
« 5月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/