高羽そらさんインタビュー

分身者(ツイナー)の謎は深い

今日も真夏のような気温のなか、いつもどおりに往復の道を歩いて買い物した。登り坂はかなりツライ季節になったけれど、できるだけ歩こうと思っている。

 

さて、いろいろ書きたいことはあるけれど、今日と明日のブログは少し縮小バージョンになりそう。明日中に新作小説を仕上げてしまいたいので、集中して時間を割くことになりそう。

 

明日の午前中が勝負になるので、明日の朝のブログは休むことにした。掃除が終わりしだい、仕事に取り掛かるつもり。うまく行けば、午後はいつもどおりに過ごせるかな。

 

ということで今夜のブログは読書記録を簡単に。文庫本なのに、読了するのに6日もかかってしまった。

 

IMG_4742

 

 

『タリスマン』上巻 スティーブン・キング、ピーター・ストラウブ 共著という小説。

 

以前にこの二人が書いた『ブラック・ハウス』というめちゃ怖い小説を紹介した。そのときの主人公はジャック・ソーヤーというLAの元刑事で、彼は平行世界である『テリトリー』に自由に行き来する能力を持っている。

 

現実世界ともうひとつの世界が交錯するという作品で、怖いけれどめちゃめちゃ面白かった。この『タリスマン』は二人の著者にとって初めての共作で、ジャック・ソーヤーの少年時代が描かれた冒険ファンタジーになっている。

 

元女優の母はガンで死にかけている。だけど本当の理由は、『テリトリー』の女王に死が迫っていることだった。ある男の陰謀で女王は死にひんしている。それがなぜジャックの母に影響するのか?

 

ジャックの母と『テリトリー』の女王は分身者(ツイナー)だから。別世界に暮らしながら、運命を共有している。だからどちらかが死ねば、もう一方も死んでしまう。

 

ジャックは母の命を救うため、『テリトリー』に潜入して『タリスマン』を持って帰らなくてはいけない。上巻ではその冒険が始まったばかりで、『タリスマン』が何であるかさえ、まだ明らかにされていない。

 

とにかく文字数が多く、100ページ読むのにたっぷり2時間はかかる。だから600ページ近くある上巻を読むのに6日もかかってしまったということ。下巻も手元にあるけれど、同じ分量なので他の本を読んでから取りかかろうと思っている。

 

『ブラック・ハウス』に比べてファンタジー色が強いので、ボクは『指輪物語』を思い出した。だからこの作品も大好き。とにかくツイナーの謎が気になっている。命は共有しているし、潜在意識で互いの存在を感じている。だけど顕在意識での自覚はない。

 

実はボクも同じような内容を小説に書いたことがある。明晰夢の世界の人間とペアになっている人間がいて、どちらかが死ねばペアも死ぬというもの。同じようなことを考える人はいるんだね。

 

下巻を読めばツイナーの謎は解けるだろうし、『タリスマン』が何なのかもわかると思う。気になるけれど、下巻を紐解くまで楽しみはお預けだね。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2018年6月
« 5月   7月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/