高羽そらさんインタビュー

自己犠牲を支えていたもの

今日の大掃除はガスコンロの分解掃除と五徳の磨き上げ。普段使わない筋肉を酷使したせいで、午後になっても手が笑っているw

 

これで台所関係の大掃除は終わり。いい天気が続いているので、この調子でいけば外気に触れる大掃除は今月中に終わりそう。そうなれば部屋の内部ばかりなので、11月になって急に寒くなっても大丈夫。紅葉見物をする時間も取れそう。

 

ボクはへそ曲がりなので、他人が忙しくしているときに高みの見物をするのが大好き。その楽しみのために、時間を作って大掃除をしているようなもの。12月になって世間が大掃除に追われているころ、スッキリした部屋でその雰囲気を楽しむという悪趣味を今年も経験できそうwww

 

さて、タイトルは知っていたけれど、今日が初見の映画を観た。いやぁ〜、いい映画だったなぁ。久しぶりに感動で大泣きしてしまった。

 

o0650040014144131048

 

 

『ギルパート・グレイプ』(原題:What’s Eating Gilbert Grape)1993年のアメリカ映画。

 

この写真の二人が誰なのかわかるだろうか? 右は若いけれど、ジョニー・デップだとわかる。さて左の人物は?

 

なんとレオナルド・ディカプリオだよ! まだ少年の雰囲気が残っているけれど、この映画で彼はアカデミー賞助演男優賞にノミネートされている。

 

アメリカの田舎町での物語。ジョニー・デップ演じるギルバートは、父を自殺で亡くし、母はそのショックで引きこもりの過食症になって、町中から笑い者にされるほどの肥満体になっていた。母、姉、妹、そしてレオナルド・ディカプリオが演じるアーニーという知的障害を持つ弟と暮らしている。

 

一家の稼ぎ手として食料品店で働きながら、アーニーの面倒をいつも見ている。とにかくすべにおいて献身的。どう考えても自分のやりたいことができる人生なんて望めない。家族のためにひたすら耐え、湧き上がる怒りの感情を抑え、自己を犠牲にして生きている。

 

そんなギルバートが、トレーラーで旅をしているベッキーという女性と出会う。車の故障でこの街にとどまっていた。ベッキーを愛することで、彼女に触発されて自分の人生を生きたいと思うけれど、やはり家族を思うとできない。見ていて、胸が痛くなるほど気の毒だった。

 

ギルバートの自己犠牲を支えているもの。それは家屋への強い『愛』だった。最後の最後まで、彼はその愛を貫く。母が亡くなったときも、彼女の死が街の人たちの見世物になることを嫌い、兄弟の協力で家ごと母を焼いてしまう。

 

客観的に見たら無茶苦茶だけれど、ずっと映画を観ているとそんなことは感じない。ギルバートの行動に心から共感できる。

 

そしてラストシーンがいいんだよね。家を焼いてから1年後。ギルバートはベッキーと一緒に旅に出る。ようやくこの街を出て自分の人生を生きようとしていた。だけどひとりじゃない。そこには愛する弟のアーニーもいた。なんて素晴らしいやつなんだろう。

 

この映画のジョニー・デップはマジで最高。彼の映画をいくつも観ているけれど、確実にトップ3に入る作品だと思う。そしてレオナルド・ディカプリオは天才としてか言えない。この知的障害のの役はすごすぎる。この彼の演技を見るだけでも価値のある作品だと思う。

 

decoration/dcr_emoji_238.gifブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (4件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

  1. 関大卒さんへ。

    昨日のような一般的な質問にはお答えしますが、このような質問にはお答えしかねます。。
    何度説明しても、あなたには理解してもらえないようですね。
    夢の内容というのは主観の世界ですから、あなた自身で体験して確かめてください。

    そもそもこんな質問をして、そしてその答えを聞いて、あなたにとって何の意味があるのかわかりません。
    夢での体験に、正解も不正解もないのですから。
    何でもかんでも質問するのではなく、まず自分で体験してください。(もう何度も書いていますが)

  2. そら先生お返事ありがとうございますm(__)m
    疑問が一つ解消されました。
    ところでもう一つ質問があります。明晰夢って始まる場所がランダムじゃないですかそれでも夢の住民で毎回登場する方とかいますか?もしよかったら教えて頂けないでしょうか?

  3. 関大卒さん、コメントありがとうございます。

    明晰夢に知らない人なんて、ウジャウジャ出てきますよ!
    そしてそれは当然です。

    あなたが家を出て街を歩けば、知らない人と大勢すれちがうはずです。
    テレビや映画を観ても、知らない人を数えきれないほど見ます。
    その一人一人を、すべて覚えていますか?

    記憶がなくても夢で知らない人が出てくるのは、普段からそうして大勢の人に会うことが普通になっているからです。
    生まれて家から一歩も出ず、テレビも映画も観ないなら、夢で知らない人が出てくることはないかもしれません。
    知らない人の残像は、潜在意識に山ほど蓄積されているはずですよ。

  4. そら先生こんにちは。
    今辻村深月さんの小説読んでいるんですけど内容が明晰夢に似ているんです。不登校の中学生がある日部屋の鏡から異世界の洋風のお屋敷に行けるようになり、似たような境遇の同い年の少年少女も招かれていてそこが癒しの空間になるという話です。今読んでいる限りでは。
    なんか明晰夢も一種の癒しの空間みたいに使えるんじゃと思った次第です。
    それでちょっと教えてもらいたいことがあるのですが明晰夢にまったく見たことがない人物は登場しますか?
    夢なら記憶にない人などは登場できないと思うのですが…


コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2018年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/