高羽そらさんインタビュー

魅力は、謎の多さに比例する

最近になってよく思うのが、ものごとの魅力は謎の多さに比例しているということ。

 

人の出会いで考えるとよくわかる。仕事上の出会いでも、友人関係でも、そして恋人でも、初対面では当たり障りのない関係から始まる。もちろん相性のいい悪いや、一目惚れ的なものもあるだろう。でも普通はなんとなく関係が始まる。

 

それは相手も同じで、最初は慎重に相手を観察している。だけど少しずつ人間がわかってくると、相手のことが知りたくなる。そんなとき、自己主張の強い人は自分からどんどんアピールしてくる。こちらが知りたくない身の上話を、勝手に話し出すような人もいる。

 

逆に自分のことをあまり語らず、どこか謎の多い人もいる。人間というのは不思議なもので、謎を追求したいという本能がある。秘密があるとかえって知りたくなり、いつしか能動的になって相手の謎を明らかにしようとする。

 

そういう風に考えると、『謎』というのは『魅力』と同義語だと言っていいように思う。どこか謎めいている人ほど、気になるものだよね。そのうち自分しか知らない謎を教えらたりしたら、相手に対する関心が一気に高まるだろう。

 

だから優れた映画や小説は、謎が巧妙に散りばめられている。謎が多すぎでも、そして謎のままなのもダメ。適量の謎が散りばめられて、それが少しずつ明かされていくと、次のシーンが気になるし、ページを繰る手を止められなくなる。

 

やっと気になっていた謎がわかったのに、またこんな謎が出てきた。くそっ、この先はどうなるねん! というパターンが最高だよね。

 

まさにそんなパーフェクトな謎が配置されている小説を読んだ。

 

IMG_4873

 

 

『鳩の撃退法』上巻 佐藤正午 著という小説。

 

佐藤さんの小説は『月の満ち欠け』という作品を読んだことがある。直木賞を受賞した作品で、びっくりするほど感動した。人間の転生を描いた作品で、いまだに強く心に残っている。その作品でも、謎が絶妙なバランスで配置されていた。

 

この小説の謎は、その作品以上に悩ましい。気になって気になって、なんとも言えない気持ちになる。いやいや、マジですごい作家さんだと思う。

 

主人公は津田という元小説家の男。直木賞を受賞した経験があるのに、今は落ちぶれてデリヘルのドライバーをしている。その津田が、次々とやっかいなことに巻き込まれていく。

 

最初の謎は、ドーナツ店で知り合いになった男性一家の失踪。まるで神隠しにあったかのように、妻と娘の3人が行方不明になっている。

 

もうひとつの謎は、懇意にしていた古本屋の店主の形見。病気で亡くなったあと、津田に渡すようにとあるバッグを預かった。だけどそのバッグの中には3000万円を超える現金が入っていた。

 

ところがそれは精巧にできた偽札だった。その1枚を使ってしまったことで、津田は警察にも暴力団にも追われることになってしまう。とにかく上巻が終わった段階では、その偽札の謎はまったく解明されていない。

 

家族失踪の謎は、少しずつ明らかになっている。失踪した男の妻の不倫が原因になっていて、とんでもないことが起きている。今のところ失踪した事情はかなり見えてきたけれど、その家族の生死は不明。それどころか、もっと別の人間も殺されているかもしれない。

 

それらの出来事すべてに、この津田が関わっている。とにかく気になって仕方ないので、今日は図書館で下巻を借りてきた。今読んでいる本を読了したら、さっそく謎の解明をしたいと思う。

 

とりあえず上巻を読んだ段階で最大の謎は、なぜこの小説のタイトルが「鳩の撃退法』なのかということ。鳩が出てきたのは一瞬だけ。考えたら眠れなくなりそうやわ〜〜www

 

decoration/dcr_emoji_238.gifピクシブ文芸大賞の最終選考に残った『エリクサー』を、2018年12月末までの期間限定で無料公開しています。こちらからどうぞ。

 

decoration/dcr_emoji_238.gifブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/