高羽そらさんインタビュー

暗黒の世界が帰ってきた

今年はどうもハプニングの1年になりそう。そういう意味では、かなりワクワクして過ごせるかもしれない。

 

今日の午後になってちょっとした出来事があって、つい先ほどまで外出していた。その用事も難なく無事に終わり、久しぶりに夕日を浴びながらの散歩を楽しむことができた。

 

ということでブログを書く時間がなくなったので、今日は簡単な読書メモだけを残しておく。

 

IMG_4910

 

 

『呪われた町』上巻 スティーブン・キング著という小説を読了。

 

スティーブン・キングの著作は、いくつかのパターンに分類される。そのなかで最も比重の高いものが、『ダーク・タワー』という大長編小説に関わる作品。この小説は単体で読むために書かれているけれど、『ダーク・タワー』シリーズを読めば、より詳しくその背景を知ることができる。

 

これは架空の町であるセイラムズ・ロットというところで起きた吸血鬼の物語。この物語の吸血鬼たちがどんな世界からやってきたのか、この小説ではあまり深く書かれていない。だけどボクのように『ダーク・タワー』シリーズを読んだ人なら、すぐ頭に思い浮かべることができるはず。

 

そのうえ、『ダーク・タワー』シリーズの後半で活躍したドナルド・キャラハン神父がこの物語に登場するから、ファンとしてはより楽しめるんだよね。すでに昨日から下巻を読み始めている。

 

主人公はベンという小説家。子供のころ4年ほどこの町に住んでいるとき、マーステン館という大金持ちが残した廃屋で亡霊を見てしまう。それがトラウマとなり、彼の人生を狂わせている。

 

そこでトラウマを解消するために、マーステン館を舞台にした小説を書くことにした。それでこの町に帰ってきたんだけれど、驚いたことに廃墟となっていたその建物を購入した外国人がいる。そしてその住人が町にやってきてから、不思議なことが起きるようになった。

 

上巻ではベンがこれらの事件に巻き込まれ、吸血鬼の存在を疑う段階で終わっている。すでに少年が吸血鬼と化して、埋められた墓から抜け出していた。そして下巻では、次々と被害者が出ることで吸血鬼の数が増えていく。

 

とにかく気持ち悪い作品で、スティーブン・キングが発する恐怖パワー炸裂の物語になっている。おかげでここ数日、幽霊の夢を見てばかり。さてさて下巻はどうなるのだろう。久しぶりに暗黒の世界が帰ってきたよ〜!

 

decoration/dcr_emoji_238.gifブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/