高羽そらさんインタビュー

殺人ウィルスは序章でしかない

新作小説は今日と明日が正念場なんだけれど、とりあえず今日の目標は達成。妻のアドバイスのおかげで、グッと内容が引き締まっていい作品になったと思う。

 

まだまだ気を抜けないけれど、明日にそなえて今日は仕事を打ち切った。体力と気力をたくわえておかないと、ちょっとした油断で足元をすくわれてしまうことになる。予想外のことが起きたときに消費するエネルギーは、考えているよりはるかに多いからね。

 

予想外といえば、いい意味で予想を裏切られた小説がある。そして結果として、ボクが望んでいた方向へと向かっている。

 

IMG_5001

 

 

『ザ・スタンド  Ⅱ』スティーブン・キング著という小説。第5巻まである大長編の物語で、その第2巻を読了した。第1巻の感想については、『死亡率90%超のインフルエンザ』という記事に書いているので参照を。

 

アメリカ軍が極秘に開発していたインフルエンザウィルス。感染して発症すれば、ほぼ100%の確率で死んでしまう。パターンとして、このウィルスの開発者や政府の陰謀へと物語が向かいそうだよね?

 

ところがそんなものぶっ飛んでしまった。だってこの第2巻では、アメリカという国家は実質的に消滅している。ほとんどの人が命を落としているから。すでに国家としての機能は破綻している。軍隊も政府も関係ない。

 

ただ全滅ではない。このウィルスに抗体を持っている人間がいて、ひとつの街に一人くらいの割合では生き残りがいる。だけど生き残っている人にも地獄が待っていた。

 

略奪し放題なので、とりあえず食料等には困らない。電気がストップしているので生鮮品は無理だけど、缶詰等の保存食ならいくらでも手に入る。ほとんどの人が死んでいるから、取り合うこともない。

 

だけど恐ろしいのがケガ。あるいは食中毒のような病気。医者なんていないも同然なので、ちょっとした油断で大きな傷を作ると命に関わる。救急車も警察もないんだからね。だから生き延びた人も、次々と不慮の事故等で死んでいく。

 

そしてもっとも恐ろしいのが孤独。周囲には死体しかない状況だから、まともでいるほうが難しい。孤独に耐えきれず、自殺する人があとを絶たない。とにかく生き残ったほうが辛いような状況になっていた。

 

ここからスティーブン・キングの世界に入っていく。生存者たちの夢に、二人の人物が現れる。

 

ひとりはランドル・フラッグという悪魔の化身。生き残った人間に近づいて、自分の配下に加えようとしている。すでにロイドという凶悪犯罪者が彼の手下になっている。

 

もうひとりはマザー・アバゲイルという老婆。こちらは悪魔に対抗する人物らしく、自分がいるネブラスカ州に集まるよう、夢を通じて伝えてくる。それまでバラバラだった登場人物がようやく接触を始め、マザーの元に向かおうとするところで第2巻は終わっている。

 

これは完全に『ダーク・タワー』シリーズの匂いがする。この世界観が登場する物語が大好きなので、いまからワクワクしている。今夜から第3巻を読むので、またまたいい意味で裏切ってほしいと願っている。

 

decoration/dcr_emoji_238.gifブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2019年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/