高羽そらさんインタビュー

自分を見えなくするんだった!

誰かの攻撃を防ぐとしたら、自分の姿が見えなくなるのがベストだよね。見えない相手にはどうしようもない。

 

Twitterのブロック機能はまさにそれと同じ。ミュートだと受け手が相手の投稿を目にしないだけで、くそリプの攻撃は続く。だけどブロックすれば、相手は目標を見失ってしまう。

 

ボクも一度だけTwitterのブロック機能を使ったことがある。ちょっとヤバい人で、意味不明のリプを送り続けてきた。文章になっていなくてまったく解読できない。明らかに常軌を逸していたので、気持ち悪くてブロックしたことがある。

 

逆に自分が攻撃する場合も、相手に見えなければ好都合。どうしてこんなことを書いているかといえば、今日ある映画を観たから。

 

wwz-main-760x460

 

 

『ワールド・ウォー・Z』という2013年のアメリカ映画。ブラッド・ピットが主演するゾンビ映画。一度観たことががあるんだけれど、ゾンビと戦った方法が思い出せない。それで観直してみた。

 

原因はわからないけれど、ゾンビ化するウィルスが世界を襲った。噛まれたら12秒ほどでゾンビになる。だからあっという間に世界中に広がり、ほとんどの都市が壊滅する。

 

スティーブン・キングの『IT』と『ザ・スタンド』を足したような内容。アメリカ人ってゾンビが好きだものね。やっぱり土葬の習慣があるからだろうな。『IT』の場合は携帯電話を使わなければゾンビにならないし、『ザ・スタンド』の場合は抗体を持っている人間しか生き残れない。

 

だけどこの映画はどうしたら助かるのか思い出せなかった。記憶なんていい加減なものだよねw

 

そして答えはこのブログのタイトル。ゾンビウィルスは生きている人間にしか感染しない。致死性の病気にかかっている人間は対象外となるので、ゾンビたちには見えない。だから致死性ウィルスをワクチン化して偽装することで、ゾンビに知覚されないというのが答えだった。

 

ブラッド・ピット演じるジェリーが致死性ウィルスを自分に注射したあと、ゾンビの集団のなかを歩くシーンはなかなか爽快だった。コアなゾンビ映画ファンには不満かもしれないけれど、娯楽映画とていはめちゃ楽しめる作品だと思う。

 

特に大量のゾンビが、エルサレムに作られた壁をよじ登っていくシーンは圧巻。冒頭の市街地でジェリーと家族が逃げるシーンもかなり迫力があった。ちょっとした気分転換になる、怖おもしろい映画だよ。続編の企画が頓挫しているらしいけれどね。

 

decoration/dcr_emoji_238.gifブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2019年4月
« 3月   5月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/