高羽そらさんインタビュー

あの世の父とつながる鍵穴

人間は不思議なもので、意図せずに『何か』を引き寄せてしまうことがある。

 

2日前のブログで、『ザ・ウォーク』という映画の感想を書いた。それは1974年の出来事を映画化したもので、ニューヨークのワールドトレードセンターが完成したときの物語だった。つまりツインタワーが『生まれた』ときの話。

 

そしてまったく意図せずに、内容も知らずに選んだ作品が、なんとツインタワーが『死んだ』ときの物語だった。

 

f5715780

 

 

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』(原題: Extremely Loud & Incredibly Close)という2011年のアメリカ映画。

 

2001年9月11日に起きた、いわゆる『911テロ』を扱った作品。フィクションなんだけれど、とてもよくできた物語。ツインタワーが完成したときの映画を観たばかりだったから、よけいに切なくて泣いた。

 

主人公はアスペルガー症候群を抱える11歳のオスカーという少年。普通の人とはちがうけれど、素晴らしい頭脳を持っている。そんなオスカーの能力を知る父は、いつも彼にテーマを与えることでその能力を磨き、自信を持って生きていけるよう教育していた。そんな父をオスカーは心から愛していた。

 

だけど911テロで父は命を落とす。商用でたまたまビルにいたときテロに遭遇した。父からの留守電を聞いたオスカーは、母が知れば心を打ちのめされると思い、コピーを残して消去してしまう。だけどそのことをずっと重荷として心に抱えていた。

 

ある日、父が所有していた花瓶のなかに、小さな袋に入った鍵を発見する。その袋には『ブラック』と記されていた。これは父からのメッセージであり、自分に対する新しいテーマだと感じたオスカーは、その鍵に合う鍵穴を探そうとする。

 

そのために近郊の電話帳からブラックという姓の人を探し、鍵を持って一人ひとり訪ねていく。その人たちすべてに911に関するドラマがあった。思い出すだけで泣けてくる。そして父が残したあるメモによって、ついにその鍵穴が見つかる。そのエピソードにも心が震えた。

 

オスカーが見つけたものはなんだったのか? それを知りたい人は、ぜひこの映画を観て欲しい。少年が父の死を受け入れていく心の過程が、鍵穴の探索とともに描かれていく。それが切なくて美しい。

 

亡くなった父親役のトム・ハンクスは素晴らしい演技だった。さらに母親役のサンドラ・ブロックにも泣かされたなぁ。彼女の秘密の行動をラストで知って、ボクは涙腺がボロボロになった。

 

そして何よりもすごいのは、オスカーを演じたトーマス・ホーンという少年。他の映画に出演していないようだけれど、それがもったいないと感じほど迫真の演技だった。本当にいい映画だったなぁ。

 

それにしてもツインタワーの生と死をほぼ同時に映画で観るなんて。言葉にできないほど、不思議な気分になってしまった。

 

decoration/dcr_emoji_238.gifブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/