高羽そらさんインタビュー

SOLA TODAY Vol.955

この世界に存在しているすべてに意味がある。ボクはそう思う。

 

物であれ動物や植物であれ、存在している限りは何らかの役割があるはず。だから失われていくものは、その役割を終えたんだと思う。それが自然現象であっても人為的な原因であっても、結果としてそうなったことを受け入れるべきだと考えている。

 

逆に言えば、必要なものは絶対になくならない。どうにかして存続するはず。

 

この記事を読んだとき、その意をさらに強くした。

 

“役立たず”から 豚1000頭分のワクチン

 

九州大学にしか存在しない生き物がいる。それはカイコ。

 

この大学では種の保存のためだけに、450種ものカイコを繁殖させている。とんでもない数字だよね。稀少性が高いということで価値はあるけれど、人間にとってはあまり必要性がない。なぜなら病気にかかりやすく、生糸の生産に向かないカイコたちだから。

 

ところがそのカイコを使って研究を進めていると、すごいことがわかった。450種のうち4種に特定のウィルスを注入すると、ワクチンの原料となる稀少なタンパク質を作ることがわかったとのこと。

 

驚くことにそのカイコ1頭につき、豚のワクチンを1000頭分も作ることに成功しているそう。ベンチャー企業の手を借りることで、実用化への見通しが立っている。今後は人間用でも、マラリア等の感染症から命を守るワクチンを開発できる可能性がある。

 

おそらく自然のままなら、淘汰されて絶滅していたカイコの種だと思う。人為的なものだけれど、九州大学の研究者が保存してくれていたからこのような結果につながったのだろう。やはり存在するものは、意味があるんだと強く感じる。

 

とてもいい話だと思う。だけどボクはこの記事のタイトルにカチンときた。

 

『役立たず』ってなんやねん!!!

 

素敵な話題なのに、このタイトルをつけた人の感覚を疑ってしまう。なんて上から目線なんだろう。ボクが最初に書いた『意味がある』という言葉は、この宇宙や地球にとってということ。人間のためだけじゃない。

 

役に立つかどうかを、人間としての視点だけでとらえていることに嫌悪感を覚えた。そんなボクだから、害獣や害虫という言葉も大嫌い。人間にとって害があるからといって、その種を見下げるような言葉で呼ぶべきじゃない。命に対するリスペクトがなさすぎる。

 

もしかしたらこの宇宙にとって、人間こそが害獣かもしれないのにね。

 

decoration/dcr_emoji_238.gifブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/