高羽そらさんインタビュー

『芋づる式』で自分の殻を破る

ついに1週間前のカウントダウンが始まった! 来週のいまごろ、ボクは大阪のZepp Osaka Baysideに向かっている。

 

それは待ちに待ったクリーン・バンディットのライブに参加するため。ボクの音楽嗜好がイギリス寄りなの確実。好きなバンドや歌手は、圧倒的にイギリス人のアーティストが多い。もちろんクリーン・バンディットもイギリスのバンド。メンバーはこの3人。

 

body_191635

 

 

ケンブリッジ大学で出会ったジャック・パターソン、ルーク・パターソン、そして紅一点のグレース・チャトーの3人組。

 

大学でクラシック音楽を学んだ彼らは、コンピュータミュージックを取り入れたポップスバンドを作った。だからこのバンドの音楽性に関するポテンシャルの高さは尋常じゃない。それを証明するかのように、デビューしてから次々と大ヒットをぶっ飛ばしている。

 

このグループの特徴は、正式メンバーにヴォーカリストが存在しないこと。つまり発表する曲ごとに、歌手を選んでコラボする。昨年の秋に出たセカンドアルバムなんか、その歌手たちのラインナップを見るだけでプロ野球のオールスター戦を思い浮かべてしまう。それほどすごい!

 

デビューまもなくでまだ売れていなかったジェス・グリンやアン・マリーは、クリーン・バンディットとのコラボ曲が大ヒットしたことで、いまや歌手としてワールドツアーを行うほどになっている。ボクがこの二人の歌手を知ったのも、クリーン・バンディットを通じてだった。

 

ボクが『芋づる式』と呼んでいる、自分の殻を破る方法がある。人間は主観的な生き物なので、無意識に限界を設けてしまう。基本的に変化を恐れるという心理があるから。だから意識しないと、新しい世界観を知ることができない。

 

ボクは映画や小説でも、この『芋づる式』をかなり意識している。好きな作家がいたら、その人のエッセイや記事を読む。そしてその作家が推薦している本を読む。それをくり返すことで、気がついたらそれまで未知だった世界が手に届くことになる。

 

このクリーン・バンディットというバンドは、メンバーにヴォーカリストをおかないことで『芋づる式』を経験できる。ボクがこのバンドを聞くようになって名前を知り、そのアーティストのアルバムを聞くようになった人物は、少なく見ても7〜8人はいる。

 

もちろんライブにはヴォーカリストを連れてくる。といってもアン・マリーやジェス・グリンをツアーに帯同するのは無理。サポートメンバーとして二人の女性ヴォーカリスト、そして女性ヴァイオリニストがいつも参加している。

 

だからこのバンドの単独ライブだと、紅一点だったはずなのに女性が4人に増える。男性陣の二人は背後に引っ込んで、ひたすら演奏を続けているのがちょっと笑える。去年に京都のお寺で演奏したライブ映像がある。きっと来週のライブもこんな雰囲気になるはず。

 

『Solo』と『I Miss You』という曲で、来週のライブでも絶対に演奏するはず。

 

 

 

いまもクリーン・バンディとのアルバムを聴きながらこのブログを書いている。楽しみで仕方ないけれど、心配なのはボクの体力。ライブハウスなので、久しぶりのスタンディングチケット。できるだけ早く行って、ステージ近くに陣取りたい。だとするとライブも含めて3時間以上は立ちっぱなしになる。

 

若いころはなんてことなかったけけれど、オジサンはそれだけが心配なんだよねぇwww

 

decoration/dcr_emoji_238.gifブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (2件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

  1. 関大卒さん、コメントありがとうございます。

    明晰夢も夢ですから、普通の夢と同じです。
    普通の夢に比べて多少は記憶に残りやすいでしょうが、記録しないとすぐに忘れてしまいます。
    忘れたくなければ、どんな場合でも記録するしかありませんね。

  2. 高羽先生お久しぶりです。
    迷惑にならないようもう書き込まないつまりだったんですけどちょっと聞きたいことがあり質問させて下さい。
    明晰夢体験もヘミシンク体験も主観で人それぞれ体験がことなると頭で理解できはしたんですが、明晰夢の記憶と夢の記憶に関して先生の主観的な体験を教えて頂きたいんです。
    僕の場合、明晰夢体験は記録をつけないと夢と同じで起きてからすぐに忘れてしまうのですが高羽先生の場合はどんな感じですか?
    もしお暇な時間があれば教えて頂きたいです。よろしくお願いしますm(__)m


コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/