高羽そらさんインタビュー

SOLA TODAY Vol.962

人間はお尻に火がつくと、リミッターが外れて普段以上の力を発揮することがある。

 

作家にとって締め切りは、まさにお尻についた火だろう。期限がなければ、いつまでも書いた文章の推敲をくり返してしまう。極端な人なら、締め切り直前にならないと書き始めないこともある。

 

どうやらそれは業種に限らないらしい。お尻に火がついた人たちが成果をあげた出来事がある。

 

悠仁さまの机に刃物を置いた男を逮捕した「専門部隊」その実力

 

今年の4月26日。お茶の水女子大学付属中学校の教室に何者かが侵入して、悠仁親王の机にナイフを置くという事件が起きた。一歩間違えば、皇室関係者を狙った暗殺事件になりかねない。

 

事件から3日後の29日に容疑者が逮捕されている。皇位継承者が狙われた事件だから、警察の威信にかけても犯人は確保されると思っていた。だけどその素早さに少なからず驚いた。かなりの緊張感を持って、猛スピードで捜査が進められたはず。

 

素人のボクでもそう思うくらいだから、実際の捜査現場はとんでもない緊迫した状態だったらしい。皇位継承と新しい元号のスタートが控えていたから、お祝いムードに水を差すわけにいかない。だから「平成のうちに犯人を逮捕しろ!」という至上命令が出ていたとのこと。

 

と言っても4月30日の逮捕だと、改元初日にあたる新聞に掲載されてしまう。だから実質的なタイムリミットは29日だった。つまりギリギリで犯人逮捕に成功している。それにはある専門部隊が関わったらしい。

 

その専門部隊『捜査支援分析センター』、通称『SSBC』という名前で呼ばれている。09年4月に設置された警視庁刑事部の附置機関であり、現在は約120人の捜査員がいる。防犯カメラなどの画像収集、分析のスペシャリスト集団とのこと。

 

この『SSBC』が防犯カメラの映像を追いかけ、犯人の軌跡をたどった末の逮捕だった。この組織の武器を、記事から抜粋してみよう。

 

「SSBCは、様々な規格の映像を取り込むことができ、その映像を手配容疑者などの映像と顔照合ができる『撮れ像』と呼ばれる独自の機材を持っています。

さらに、都内のどの場所に民間の防犯カメラがあるかという『防犯カメラ設置データベース』も持っている。これらを駆使し、長谷川容疑者の犯行後の足取り、『後足』を追っていったのです」

 

なるほどね。このシステムをフル回転させ、さらに『締め切り』に追われていたから、必死のパッチで犯人確保に成功したということらしい。こんな組織があるのを知らなかったから、とても勉強になった。小説のネタになりそう。

 

他の事件もこれくらい必死で捜査しているはずだよね。お尻に火がついていなくても。そう信じておくことにしよう〜w

 

decoration/dcr_emoji_238.gifブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/