高羽そらさんインタビュー

絶叫女とワキガ男の板ばさみ

先月のエド・シーランに引き続き、昨日はクリーン・バンディットのライブに行ってきた!

 

IMG_5090

 

場所は大阪のZepp Osaka Bayside。JR大阪駅から15分ほどの桜島駅が最寄りで、USJのおとなり。

 

IMG_5093

 

 

午後6時半開場なので、午後5時半ころにはこの写真の場所に立っていた。ライブはスタンディングなので、この段階から4時間ほど立ちっぱなし。オジサンには辛い状況だったけれど、普段から神戸の坂道で鍛えられているのでどうにかなった。

 

並んでいる人をながめていると、年齢層の中心は20代後半から30代前半くらいかな。ボクが平均年齢を上げているのは確実。ライブはサポートメンバーの女性ヴォーカルだし、メンバーの中心は同じく女性のグレースだから、男性ファンが多いかと思っていた。

 

ところが明らかに女性が多い。おそらく観客の半分以上は女性だと思う。クラシック音楽を背景に持ちつつ、ポップなダンスミュージックが女性に受けるのかもしれないね。美しいメロディラインの曲がほとんどだから、女性ファンのハートを射止めているのだろう。

 

ボクの整理番号は414番。スタンディングだけで2000人以上入れるライブハウスなので、まぁまぁ早い方だと思う。ようやく開場して強制的に払わされるドリンクの500円でビールをゲットして、すぐに客席へ向かった。

 

最前列はすでに人で埋まっていたけれど、中央のかなりいい場所をキープできた。ボクの前にできているのはせいぜい10列分くらい。ドームライブだったら、プレミア席のあたりだよね。そしてついにライブが始まった。

 

IMG_5103

 

 

ね、ね、近いでしょう? こんな近くでメンバーに会えるなんて最高。そして驚いたのがオープニング曲。

 

事前に集めた情報だと『Symphony』を確実視していたけれど、なんと『Solo』で始まった! リリースしてちょうど1年の誕生日を迎えた大ヒット曲なので、こちらがオープニングになったんだね。いい意味で期待を裏切られて、最高のスタートだった。

 

IMG_5105

 

 

サポートメンバーはヴォーカルの女性2人、ヴァイオリニストの女性、ベースギターやギター、さらにキーボードまで担当していた男性ミュージシャンの4人で、メンバーと合わせて7人で構成されていた。

 

こんな楽しい雰囲気で始まったのに、恐ろしいことが起きた。

 

まずはボクの左にいた20代くらいの男性。ライブが始まって彼がスマホをかまえたとき、恐ろしい第一波がボクの鼻に襲いかかった。それはワキガ。

 

想像を絶するほど強烈な匂いで、鼻がひん曲がりそうだった。その彼は頻繁に撮影をするから、そのたびにボクの鼻にツンとした悪臭が割り込んでくる。といっても身動きできないし、ライブが終わるまでひたすら耐えるしかなかった(涙)

 

IMG_5109

 

 

そしてもうひとつ困ったのははボクの右側にいた二人連れの女性。こちらも20代くらいだと思う。

 

メンバーが登場したときだけでななく、ボクたちの前に近づくたびに絶叫する。まさに金切り声というやつで、ほとんど悲鳴に近い。ボクの右の鼓膜が破れないかマジで心配した。そして叫んでいないときは、ひたすら大声で歌を歌いまくっている。ちょと外れた音でwww

 

「おいおい、お前らの歌を聴きにきたんとちゃうし」とツッコミたくなったけれど、オジサンはひたすら耐えた。いや負けずに叫んで歌ってやった。おかげで自宅に戻ったときは、声がガラガラにかすれてたわ!!!

 

IMG_5113

 

 

というとんでもない板ばさみだったけれど、メチャメチャ楽しんでアンコールを迎えた。メンバーがかぶりもので舞台に再登場したとき、となりの絶叫女が『かわいい〜〜〜〜〜!」と絶叫してたけれどね。

 

そしてアンコールの曲は予想どおりの『Rather Be』だった。

 

IMG_5117

 

 

メンバーの中心であるグレースは、終始こんな笑顔だった。会場が盛り上がっているのを、とてもうれしそうにしていたなぁ。

 

ヴォーカルの二人の歌唱力はすご過ぎるし、ヴァイオリンのソロなんか素晴らしい演奏で鳥肌が立った。そして地味だけれど、男性陣の安定した素晴らしい演奏が、女性陣を完璧にサポートしていた。いやいや、本当にすごいバンドだわ。

 

そしてやっぱりライブハウスは音がいい。先日のエド・シーランの京セラドーム大阪でのライブは、音の反響がとても気になった。でも昨日のライブは音質が最高で、音楽を聴く環境としてこれ以上のものはないと思う。

 

ということで今年のライブは終わっちゃった。次はいつ、そして誰のライブに行けるかな?

 

decoration/dcr_emoji_238.gifブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る

インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2019年5月
« 4月   6月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/