高羽そらさんインタビュー

SOLA TODAY Vol.993

あなたが電話で誰かと話した最近の日時を教えてください、と聞かれたら答えられるだろうか?

 

ボクは自分に問いかけてみたが、まったく思い出せない。もしかしたら今年になって一度もないかも。あっ、そうだ! そういえば2〜3日前に、契約しているクレジットカード会社から営業の電話がかかってきた。それが今年最初の電話かもしれない。いや、他にもあったような気が……。

 

つまりそれほど電話を使っていないということ。コミュケーションのほとんどをメールやLINEで済ませているから。でもボクの世代なら、まだ電話にそれほど抵抗はない。だけど若い世代の人たちには、電話が怖いという人が増えているそう。

 

もはや多数派?“電話が怖い”人たち

 

いまや我が家にも固定電話がない。そういう家は増えているだろう。だから幼いころから電話に触れる機会が少なかった世代が、社会人になって会社の電話を出ることに恐怖を覚える気持ちがよくわかる。

 

なぜならボクも電話があまり好きじゃないから。ボクが社会人になったときは、まだ携帯なんてなかった。固定電話とファックスの時代だから、顧客と電話で応対することは当たり前だった。

 

どの職場でも積極的に電話に出ようとしたし、それなりにスキルを学んできたと思う。それでも顔が見えない相手と話をするのが苦手で、いまのように電話以外にコミュケーションを取れる時代になると、必然的に電話から遠ざかってしまった。

 

問い合わせや何かの予約をするときでも、ほぼネットを使う。電話だと内容を記憶するか記録しておかなければいけないけれど、メール等なら自動的にやりとりが残る。言った言わないということがなくなるだけでも、ボクにとってはストレスフリーになる。

 

電話が苦手な理由は、言葉では言い足りなかったことや、あのときああ言えばよかったと後悔することがあるから。話している途中に思いつかなくて、電話を切ってから悶々とすることがある。これがメール等の文章なら、何度も推敲して加筆修正できるからね。言葉は一発勝負なので、ボクのような人間はあとからウジウジすることが多いw

 

それでも電話は必要だと思う。緊急時に警察や消防に連絡するのに通話は欠かせない。文字で表せない微妙なニュアンスを伝えたいときも、うまく電話を使うことで人間関係を円滑に進めることができるだろう。だからある程度の常識とスキルを身につけておくべきだと思う。

 

まだまだ企業には固定電話が残るだろうから、新社会人が電話の呼び出し音にビクッとすることは続く。ボクなんか職場と同じ呼び出し音がテレビドラマで聞こえただけで、思わず電話に出ようと立ちあがったことがある。だから、怖い気持ちはよくわかるよなぁ。

 

decoration/dcr_emoji_238.gifブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2019年6月
« 5月   7月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/