高羽そらさんインタビュー

ライバル不在の迷いかな?

現在公開中の映画で『ジョーカー』という作品が話題になっている。面白い、感動する、という声がいくつも目や耳に届いている。

 

バットマンの宿敵であるジョーカーがどのようにして誕生したか、という物語らしい。だからバットマンであるブルース・ウェインはまだ少年で、この映画でバットマンの活躍はないようだね。いわゆるスピンオフ作品なのかな。

 

ちょっと気になる映画なので観たい気持ちはある。だけど今年の年末はいくつか観るつもりの作品があるので、この作品はレンタル待ちになりそう。

 

ただボクの場合、『ダークナイト』という映画でジョーカーを演じたヒース・レジャーの演技が心に刻み込まれている。彼が演じたジョーカーは、ジャック・ニコルソンのジョーカーを完全に忘れさせた。あのぶっ飛んだ演技は天才だとしか思えなかった。そしてその天才は早世してしまった。残念だよなぁ。

 

ショックが強くてその続編を観ていなかったけれど、『ジョーカー』の影響もあって続編が放送されていたので観ることにした。

 

762

 

 

『ダークナイト・ライジング』という2012年のアメリカ映画。バットマン役のクリスチャン・ベールを筆頭に、マイケル・ケイン、ゲイリー・オールドマン、モーガン・フリーマンというレギュラー陣が出演している。

 

そしてこの作品では、この写真のアン・ハサウェイが登場している。さらにジョセフ・ゴートン=レヴィット、マリオン・コティヤール、トム・ハーーディーというクリストファー・ノーラン監督が『インセプション』で大活躍した俳優を起用している。驚いたのはチョイ役で出たリーアム・ニーソン。

 

さて映画の内容なんだけれど、普通に面白かった。CGもよくできていたし、ストーリーの展開もスピードがあってよかったと思う。だけど前作の『ダークナイト』に比べるとかなり落ちる。

 

なぜだろう? と考えていて気がついた。それはジョーカーがいないから。ヒース・レジャーがいないから。

 

悪役のベインを演じたトム・ハーディーはよかったと思う。彼だと気がつかないくらい。だけどどうしても付け焼き刃的な悪役にしか見えない。ジョーカーのような心の闇が見えてこないんだよなぁ。だから街を破壊しようという動機も希薄に思える。

 

ボクの想像だけれど、前作でジョーカーが逮捕されたあと、悪役はアーロン・エッカートが演じるデント検事に移行した。そしてその戦いによってバットマンが『ダークナイト』となった経緯が語られる。

 

そして続編で監督は再びジョーカーを使うつもりだったんじゃないだろうか? ところがヒース・レジャーが亡くなってしまった。それでこのベインというピンチヒッターの悪役を作らざるを得なかったのかな。そんな気がする。

 

だから本当のライバルがいないという『迷い』が、この映画の全編にただよっていたように感じた。どうしても前作と比べてしまうので、トーンダウンした印象になってしまうんだろうね。

 

でもボクとしてはこの映画にめちゃ満足している。なぜならアン・ハサウェイのキャットウーマンがキュートだから。彼女のアクション映画なんて、めったに見られないものね。それだけでも時間をかけて観た価値があった。だからボクとしては、かなり満足した映画だったwww

 

decoration/dcr_emoji_238.gifブログの更新はFacebookページTwitterで告知しています。フォローしていただけるとうれしいです。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『高羽そら作品リスト』を作りました。出版済みの作品を一覧していただけます。こちらからどうぞ。

 

decoration/dcr_emoji_238.gif『第1回令和小説大賞』にエントリーした小説を無料で読んでいただくことができます。くわしくはこちらからどうぞ。

コメント (0件)

現在、この記事へのトラックバックは受け付けていません。

コメントする

Diamondo Blog イチオシ芸能ニュースもっと見る

ブログアクセスランキング上位100位を見る

ピックアップブロガーもっと見る


インタビュー特集もっと見る

 

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)プロフィール

プロフィール画像

高羽そら(たかはそら)
今後の目標:毎年1つの物語を完成させたいと思います。
生年月日:昭和37年5月10日
血液型:A型
出身地:京都市

【経歴】
1962年京都市生まれ。数年前に生活の拠点を神戸に移してから、体外離脱を経験するようになる。『夢で会える 体外離脱入門』(ハート出版)を2012年1月に出版。『ゼロの物語Ⅰ〜出会い〜』、『ゼロの物語Ⅱ〜7本の剣の守り手〜』、『ゼロの物語Ⅲ〜次元上昇〜』の3部作を、2013年7月〜12月にかけて、オフィスニグンニイバよりAmazonのKindleにて出版。現在も新たな物語を執筆中。

プロフィール詳細 »

読者になる

このブログの更新情報が届きます。

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)カレンダー

2019年10月
« 9月   11月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)アーカイブス

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)QRコード

ブログモバイル版

高羽そら|たかはそら(作家、小説家)オフィシャルブログ
http://www.diamondblog.jp
/official/sora_takaha/